« 春の雪景色♪ | トップページ | 家族交流&城ケ島猫のドラマ編! »

母の介護認定更新申請の面談に立ち合う

2011.02.16(水sun 今日も春めいた暖かな日射し。春を迎える前のウオーミングアップのようなつかの間の雪だったけれど、つかの間の雪景色が春を待つ期待にもなり、近隣の畑には、餌を探す小鳥たちが何羽も見られ、生き物達の営みも活発になっている様子。

  run歩いて母の施設まで          

2011_0215_131147dsc_0421

青空と雲を背景に咲く紅梅。小鳥たちの囀りを聞きながら、雪解け道を歩いて昨日は母の施設に。

母の今年の介護認定更新の立ち合いに。約束の時間は施設の昼食が終わって間も無く。皆さんは自室に戻られたのかリビングのテーブルの前には母が一人で座っていた。機嫌よく笑顔で迎えてくれた母は「ごはんは?」と私達を気づかう。「もう済んだのよ」と応え、ケアマネさんが車椅子を押して、一緒に母の自室に行く。

決められた質問事項が母に向けられる。ここで助け船は出せないので黙って見守る。問いかけに対する理解が昨年に比べて更に弱くなっている。「忘れちゃったわ~」「そんな難しいことを?」とか素直な発言。もとより簡単な季節のことや名前、今日は食事を何回したかとか、日常の中の短い記憶の様子を含めての質問、何か言おうとすると話がそれていくが恥じる事もなく嬉しそうな様子で話をしている母の表情は穏やかで、不満や不安らしきものが何一つ見当たらない。

わずか1年位前までの写真を見ると、時に険しい表情をしていることもあった。日々の安全に対する先行きへの不安や不満、いらだちなども見られたけれど、施設の暮らしに馴染むにつれて日増しに穏やかな表情に変わってきている。今の日々が母の晩年の安心な世界であることが伝わってくる。曖昧になった記憶は不安感などの記憶も遠のいているのだろう。「何か要るものは?欲しいものはある?」と聞いても「無いわよ。何にも要らないわ」「痛い所は無いの?」と聞けば「どこも痛いところは無いわね~」骨の薬も副作用の方が心配され中止となり、服薬しなければならない薬一つない。そして欲も得もない日々を過ごしている母にとっての理想的な老後の日々。

birthday 

2011_0215_134310dsc_0430

ついこの間87歳になった母への職員さん達からのプレゼントの色紙が飾られていて、それを手に取り皆さんからのメッセージを嬉しそうに読んでいる。真ん中には母より何十歳も年下の男性の職員さんと二人仲良くscissorsサインを出したツーショットの写真が貼られている。

人の晩年の幸せな姿を実の母の中に見られることは、自分たちにとっても大きな安心感となって感謝の念に絶えない。

この後はしばらく母の自室でおしゃべり。

平日の火曜日午後はボランティアの男性が一人来られて、入所の皆さん一同がwheelchairのまま、広い部屋に集まり、良く通る声で、絶やすこと無い笑顔の男性から昨日今日のお天気や外の季節の様子、仏教の教えの中からの日々に即したお話を、参加者に問いかけたり、返事が返ったりしながら、ごく自然に体を動かす体操や、大きな声を出すようにみんなが知っている歌の歌詞を書いた大きな紙を黒板に貼り、声を合わせて歌うようにいざなう。又歌詞から季節に絡めた話題へと振り、次の歌につなげたりという、見事な流れで参加したお年寄りとのコミュニケーションが続いてゆくレクリェーションの時間を共に体験させて頂いた。

母の様子を後ろから見ていると、どうやら一緒に歌い、手を上げたり足を上げたり、首を動かしている様子や、一心に話を聞いている様子が見て取れる。勿論参加の皆さんも一緒だ。職員さんの話では「おかあさまは毎週楽しみに参加されていますよ」ということで、これも有難い見学体験をさせて頂いた。

2011_0215_143845dsc_0434

施設のエレベーターホールに飾られている今月の貼り絵。寒ボタンに兎,小鳥に赤い実。いつも季節感溢れるそれぞれの貼り絵が各階に飾られて目を楽しませてくれる。入所の方々も一枚一枚貼って立体感ある作品を作り上げているようだ。

2011_0215_144248dsc_0435

帰路につく道。雪解け道は水溜りになって我が家のある建物が逆さまに映り込んでいる。

2011_0215_144404dsc_0436

帰りも紅梅が見下ろす小道を歩きながら、心の中も春のようにほっこり温まっていたheart01 

|

« 春の雪景色♪ | トップページ | 家族交流&城ケ島猫のドラマ編! »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはsun

お母様の穏やかな表情がステキです。
お顔を見ただけで、幸せな気分がわかりますねshine
自分もchisa-pieさまの気持ちがわかります。

先月からの風邪が、完治していなくて気管支炎のなり始めになっていましたcoldsweats01
思い切って呼吸器内科に変えてよかったです。
でも毎食後の薬4種類と+朝晩の抗生剤で参ってしまいますweep
お母様のように、薬と縁が切れて早く良くなりたいですconfident

投稿: | 2011年2月16日 (水) 14時45分

名無しさま。
コメントをありがとうございます。
もしかしてお名前の入れ忘れかしらと思いながらの
お返事です。
先月からの風邪とのこと、長いですね。
気管支炎、苦しいのかしら?4種類の薬というのも
大変ですね。どうぞ無理をされませんように。
養生が一番かと思います。

母は今が一番穏やかな境地で暮らしています。
記憶や認識、理解力は衰えてきましたが、
内臓器官が丈夫なので、元気にしています。
足の骨折以来wheelchair生活のままですが。
私達も体を大切に長生きしたいですね。
どうぞお大事にお過ごしくださいup

投稿: chisa_pie | 2011年2月16日 (水) 21時55分

お母様87歳!
素晴らしいです。
娘としては、いつまでも元気で
長生きしてほしいですね。
青空に紅梅は合います。
春の香りがしてきました。

投稿: 雲母舟 | 2011年2月17日 (木) 07時07分

ごめんなさ~いcoldsweats01
名無しさんは「kazu」さんで~すscissors

投稿: kazu | 2011年2月17日 (木) 13時01分

雲母舟さん
こんにちは!
有難うございます。87歳です。
記憶や理解が衰えても、私達のことは忘れませんし、
周りの状況は肌で感じて理解しているようです。
介助されながらの生活は今の母にとっては
とても快適なのでしょう。有難いです。
身体自体は丈夫なので、
長生き出来るのではないかと思っています。
元気で長生き、私達も頑張らなくてはwink
あちこちに梅の花が咲いて春めいてきますねheart02

投稿: chisa_pie | 2011年2月17日 (木) 15時27分

kazuさん
こんにちは!
文章から判断すると、
kazuさんではないかしらと思ったのですが、
もし間違ったらと思って・・・・happy01
名無しさんなんてお呼びしてごめんなさいペコリ
wink気管支炎、よくなりそうですか?
気候に振り回されがちですが、
無理されず、早い回復をお祈りしてますscissors

投稿: chisa_pie | 2011年2月17日 (木) 15時33分

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。

投稿: バーバリー 公式 | 2012年10月23日 (火) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/50886954

この記事へのトラックバック一覧です: 母の介護認定更新申請の面談に立ち合う:

« 春の雪景色♪ | トップページ | 家族交流&城ケ島猫のドラマ編! »