« 大山寺「倶利伽羅の滝」&ジャム作り | トップページ | 春の花達が元気♪ »

大山寺を下る&最近の出来事など

2011.01.26(水)sun 宮崎に続いて鹿児島も鳥インフルの疑いが確実となり、渡り鳥を介した強毒性インフルの蔓延が恐ろしくもあり、季節ごとにこうして鳥インフルに悩まされる養鶏場や渡り鳥の飛来地では大変な事態になっている。殺処分される鶏達は哀れだし、その被害たるやと思うと産地の方々の無念やご苦労が身につまされる。更に言えば一般の消費者にとっても食卓の問題に直結するし、人間に感染の恐れだってある筈で、有効な対策が早く見つけ出されることを祈らずにはいられない。

関東は寒いけれど日中は過ごしやすく雨が少ない晴れた日が続いているが、近県の農家の作物には生育の遅れが出、野菜の出荷量不足に、高値も続くようだ。雨が少なく乾いた気候は当然ながら作物にいいわけはなく産地の方達の苦労に報いる収益さえも脅かされる。又雪国では除雪作業もままならないほどの積雪という。人手も無い高齢世帯などの安全も懸念されるし、昨夏の暑さといい、この冬の寒さと雪に鳥インフルなど、自然災害は簡単には対策を見つけようも無く、様々な被害が拡大してゆく。

 cherry 我が家の簡単ランチ cafe 

2011_0125_142822dsc_9837

昨日のランチに早速出来たてのジャムをパンに塗りクリームチーズをのせて食べたらとろーり甘く超美味だったdelicious 神戸屋のさつまいもたっぷりのセサミポテトパンとハムとトマトの自家製サンドに苺と珈琲、定番メニューに苺と苺のジャムが加わり楽しいランチcherry 

2011_0126_113726dsc_9838 2011_0125_140927dsc_9834

出来あがったジャムの瓶詰め。左はいつものブルーベリージャムの空き瓶に当面食べる分を入れた。今朝はヨーグルトに混ぜて食べたらナチュラルで上等なお菓子のように美味しかった(手前みそながらcoldsweats01)右の写真は昨年暮れ前に芋虫にきれいに食べられた後から見事に復活して育ってきたパセリ!一昨年だったか薬師池公園の菊花展のときに買ってきた苗が今でもこうして収穫をもたらせてくれているbud 

   sign05 大山寺においとまを告げ sign05 

2011_0120_152150dsc_9740

本堂正面前の石段からロープウエイまで戻ることに急な石段は中央の手すりにつかまりながら慎重に下る。紅葉の季節だったら燃えるような紅葉の下を降りられたろう。

2011_0120_152334dsc_9744

石段の途中で振り返り本堂にご挨拶。我が家の近くのあちこちからいつも見える守護神のような大山にある大山寺、そして大山神社にもいつかまたお参りに来よう。

2011_0120_152342dsc_9745

石段の両側に沢山の童子がおられて一緒に石段を降りて下さるようだ

2011_0120_152421dsc_9747

今は枯れた木々の向こうにはまだ青空が広がっていて山の澄んだ空気で一呼吸

2011_0120_152500dsc_9749

童子のお姿はそれぞれ違う 見上げても

2011_0120_152627dsc_9752

見下ろしても 童子の姿があり心強い

2011_0120_152656dsc_9753

一緒に下ってきたような

2011_0120_152721dsc_9754

見送りを受けているような気がしないでもなく

2011_0120_152746dsc_9755

少し離れて見れば

2011_0120_152850dsc_9756

規則的な童子像の隊列だけれど、蹴上げの大きな急な石段の登り降りを安全に見守って下さるようで有難かった。

この後はロープウエイに戻る道に向かう。

                       (1月20日撮影)

|

« 大山寺「倶利伽羅の滝」&ジャム作り | トップページ | 春の花達が元気♪ »

ニュース」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/50690852

この記事へのトラックバック一覧です: 大山寺を下る&最近の出来事など:

« 大山寺「倶利伽羅の滝」&ジャム作り | トップページ | 春の花達が元気♪ »