« 「相模原北公園」早咲きの梅 | トップページ | 相模原北公園はお楽しみが一杯♪ »

大山寺からの帰り道

2011.01.29(土)sun 晴れてはいるけれど、外は決して暖かくない。早めに洗濯物を干すと乾きが早くて助かるが、やはり空気が相当乾燥しているのだろう。それでも毎日洗濯ものが普通に乾いてくれることには感謝をしなければ。

鹿児島と宮崎の県境、霧島連山・新燃岳の52年ぶりの噴火による被害をTVで見ていると現地は本当に大変なことになっているようで、降り積もる火山灰による被害だけでも様々な2次災害を引き起こしそうな、車も安全には乗れないような事態。目や喉の痛みなどの健康面も心配だし、農作物の被害も起きて・・・、畜産・養鶏・農産物と次々に起こる災害に被害、そして今度は火山の噴火まで何故?と言いたくなるくらいの出来事の連続でお気の毒などという甘い言葉では慰めにもならないけれど、せめてお力だけは落とされないようにと祈るばかりです。

 sign05 大山寺詣での帰り道 sign05 

2011_0120_152914dsc_9757

お寺から童子に守られて降りた場所のすぐ下にもお堂があるようで、二つの屋根が見えた。

2011_0120_153043dsc_9759

大黒天のような石仏に見送られて

2011_0120_153151dsc_9760

赤い橋を渡ってロープウエイ乗り場まで戻る

2011_0120_153240dsc_9761

お不動様の赤い旗が立ち並ぶ崖縁の細い道、柵があるので安心して歩くことができた

2011_0120_153312dsc_9762 2011_0120_153321dsc_9763

途中には道祖神のような石仏が並んでおられ、みんな誰かに似ているような・・・、

2011_0120_153352dsc_9764

大山寺から、あるいはこの大山全体から、目には見えない大きな力が授けられたようなそんな清々しい気持ちで歩く事が出来た。山の冷気は心の中まで浄化してくれるように澄み渡っている。

2011_0120_153758dsc_9768

無人の駅から線路を見下ろし、線路の上にロープが無い方が次の下りになるということで、来た時と同じこちら側のホームで待つことに。

2011_0120_153839dsc_9770

大山寺反対側ホームを眺めながら待つこと5分程

2011_0120_154301dsc_9779

下りのケーブルカー間も無く到着

2011_0120_155249dsc_9784

ロープウエイを降りれば寒桜のお出迎えが嬉しい。ここから駐車場まで又宿坊や土産物屋さんの続く参道を下る。平日なので宿坊も名物の豆腐料理屋さんなどお休みのところが多く、土産やさんものんびりしたムードで静かだった。

2011_0120_161239dsc_9799

駐車場で待っていた車に乗ろうとしたらウインドーに山の景色がきれいに映りこんでいたsign01

2011_0120_161858dsc_9802

車で走りながら車内からパチリ!この橋を渡ると何があるのか気になるけれど、いつかこの辺も散策してみたい・・・

2011_0120_163647dsc_9803

帰りは246号線に出て厚木渋谷方面を目指して帰路に。夕焼けが行く先の道路を照らし、気持ちのいいドライブだったcar 

 bud テラスに咲く花 bud 

2011_0129_123131dsc_9976

昨年のお正月用寄せ植えのプリムラ・ポリアンサを小鉢に植え替えておいたら数日前から蕾が膨らみ咲き始めてくれた。小さな可愛らしい花bud 

            

|

« 「相模原北公園」早咲きの梅 | トップページ | 相模原北公園はお楽しみが一杯♪ »

園芸」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/50716643

この記事へのトラックバック一覧です: 大山寺からの帰り道:

« 「相模原北公園」早咲きの梅 | トップページ | 相模原北公園はお楽しみが一杯♪ »