« 相模原公園正門から | トップページ | 相模原公園から眺めたまんまるのお月さま! »

相模原公園での彫刻との出会い

2010.10.28(木)rain 一昨日の夜は東京にも木枯らし一号が吹いたという。北からは雪の便りも聞かれて。急激な寒さがやってきて、昨夜はこの秋初めての暖房を入れた。鈍くなった記憶をたどってみても10月に暖房を入れた記憶は余りないような気がする。今朝も朝から厚手のカーディガンを着こみ、しっかり暖房を入れている。

maple cd note maple

秋を通り越して一気に冬が来てしまうわけではないと思いたい。けれど秋を惜しみ、今朝はもう何度目かの「ジャパニーズ・メープル」を聴いている。ショーン・スミス氏の日本人以上に研ぎ澄まされた感性で造られた秋の名曲決定版と思いたい。ギターとピアノとベースのトリオが奏でるアルバムは、静かに散りゆく紅葉の情景をしっとりとうたいあげ、他に収録された曲へと更にいざなう。聴く耳に、震えるような感動を残しながら。

clover 彫刻 clover 

2010_1023_163824dsc_6295

相模原公園内の散歩道には幾つかの彫刻が自然の中に溶け込みながら展示されている。ミニ彫刻の森といった風情。何かのモニュメントのような存在感のある彫刻から

2010_1023_163842dsc_6296

心惹かれるモダンな作品など。この作品は特に心惹かれて

2010_1023_164610dsc_6312 2010_1023_164621dsc_6313

女子美の生徒さんだろうか、感性豊かな2体の像に込められた作者の深い精神世界が感じられた。

2010_1023_163927dsc_6298

メタセコイヤ並木を背景にした、芸術の秋にふさわしい静かな散策路

2010_1023_164841dsc_6319

逆方向側からも写してみた。展示作品が変わることなどがあるのだろうか。折に触れ行ってみたくなる空間。

2010_1023_164114dsc_6301

いつも反対側から見ていたフランス風庭園噴水広場。見事な造形美。水の噴出しない噴水もいいものだと思う。

2010_1023_164240dsc_6305

メタセコイヤの並木が水に映り、向こうには温室が見える。

彫刻も庭園も詳しいことは何も知らない。けれど人が造り上げた造形も、洋風でも和風でも創り上げられた庭園の美も、秋は特に心に染みこんでくるように感動を与えてくれる。今この季節にあったジャズを聴きながら、改めて画像を通して感動の記憶を呼び覚まし、芸術の秋を楽しむ至福の時。

2010_1023_164537dsc_6310

彫刻の森を出てから散策路に戻り

2010_1023_164922dsc_6320

サルビヤの咲く広場に戻る道。

|

« 相模原公園正門から | トップページ | 相模原公園から眺めたまんまるのお月さま! »

JAZZ」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええ~!!
ここ、日本ですか?!
ベルサイユ宮殿みたいです。
すごい公園があるのですね。
驚きました。
ご紹介、うれしいです。
今日は寒かったですね。
週末は雨とか。
秋を通り越して、一気に冬が来たみたいです。

投稿: kirafune | 2010年10月28日 (木) 21時51分

kirafuneさん
おはようございます!

happy01ウフフ、ベルサイユ宮殿、実はグリーンハウスという
温室なのです。入場料300円で沢山の植物がみられます。
メタセコイヤの並木が美しい広場、他に和風庭園や菖蒲などが咲く花壇、ドッグラン、アスレチック、子供用の遊具と盛りだくさんです。広々とした心やすらぐ公園ですclover
一足飛びの寒さで、震えてしまいますね。
kirafuneさんもお風邪などひかれませんように。

投稿: chisa_pie | 2010年10月29日 (金) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/49867245

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原公園での彫刻との出会い:

« 相模原公園正門から | トップページ | 相模原公園から眺めたまんまるのお月さま! »