« 谷戸山の夕暮れ時 | トップページ | 相模原公園正門から »

「ちぐさアーカイブス」がTVで放送されたようで・・・

2010.10.26(火)cloud ひんやりとした朝の空気。窓側の公園の木々も部分部分が黄色く色付き、散り始めている。これから2カ月近くは、公園内は掃いても掃いても散る落ち葉との戦いになる。これから師走までの風物詩maple

「今日は何の日」カレンダーを見たら、「サーカスの日」とのこと。

昨日、ネットのニュース記事で「キグレサーカス」が事業停止になったという記事を読んだばかり。木下サーカスともう一つあるサーカスと、今ではその三つのサーカスしかないそうで、そのうちの一つの灯が消える。かって、サーカスが来ると言えば、特別なことであり胸躍るような期待感が膨らんだものだった。親に連れられて行った後楽園で見たサーカスなどが記憶に残るし、子供たちを連れて家族で見に行ったこともあった。時代が変わり、娯楽の質も大きく変化した。海外のサーカスなども家庭に居ながら大画面のTVで見られるようになってしまい、映画しかり、音楽しかり、展覧会しかり、本物の臨場感には及ばずとも美しい画面で雰囲気は充分味わえる時代なってしまい、余程の工夫とインパクトが無いと難しい時代になっているのかもしれない。

  note note note

昨日夕方、古い知人から夫に電話があった。「横浜のちぐさはご存知でしたか」という内容で、側で聞こえる会話から、古いジャズ喫茶の話題で盛り上がっているようだった。日本のジャズ界に対して大きな貢献を果たしたジャズ喫茶の草分けともいえる「ちぐさ」。

電話が鳴る少し前にTVでその「ちぐさアーカイブス」のことが放送されて見たというその知人は、急に夫が懐かしくなったようだった。生憎TVの放送は気がつかなかったけれど、先日野毛に出かけ、復刻版「ちぐさ」さんもお訪ねしてきたばかり。当時横浜に住んでいた夫が学生時代から社会人となり結婚するまで、時折ジャズを聴きに出かけた店。私もデートの時に連れて行ってもらった。まだまだジャズ喫茶が全盛の時代だった。そしていつの間にか、自分達もそんな世界に足を踏み入れてしまい・・・・・、いまだに聴く音楽はジャズばかりnote 

当時のジャズ喫茶は、まだまだオーディオ装置などが一般家庭に浸透していない時代に、よい音で音量も大きく、毎月のように新譜が入荷し、ファンにとっては、つい足を運んでしまいたくなる場所で、暇さえあれば入り浸るという方が当たっていたかもしれない。趣味を同じくする友人知人との出会いの場でもあった。

けれど、高度成長の波に乗って日本の姿は大きく変貌を遂げてゆく。アナログからやがてはデジタルの時代に。当時は一般には中々買えなかったレコードも手に入り始め、戦後の焼け跡からの復興は思ったより早く、工業化の波に乗って所得も増え、多くの人が中流の意識を持って暮らせるようになった。家電もテレビも当然オーディオ装置も、車でさえ個人が所有することのできる時代が急速に訪れるにつれ、人々の志向は物を持つことや、もっと幅広く行動する文化に発展してゆき、その後にはいつでも耳に当てれば音楽もパーソナルに楽しめる時代までやってきた。ジャズ喫茶という文化が栄える時代が、徐々に遠のき始めて何軒ものジャズ喫茶が店を閉めた

気がつけばコンピューターまでもが一般家庭に入って久しい。音楽はライブで聴く時代に移行し、新たにCDやMDの時代を迎え、今では簡単な操作でパソコンや携帯からダウンロードをして購入できるようになり、一人で好みの曲を聴く事が出来るという、ライブとはまた別のとてもパーソナルな時代にもなった。

そんな中、野毛にあった「ちぐさ」を愛する方達が立ちあげた「ちぐさアーカイブプロジェクト」がオーナーの(故)吉田さんから受け継いだ多くのレコードなどを用いて、今後どのように活用されてゆかれるかは、興味深いものがある。単なる郷愁では無く、ひとつの文化として継承されていくなら素晴らしいことだと思う。

冒頭に取り上げたサーカス、残る日本の2大サーカスは新しい工夫を取り入れて、まだまだ健在とのこと。

ジャズもその音楽の誕生から100年以上経ち、成熟した音楽としての道を歩んでいる。今後更に、ジャズ愛好の士が増えて、これからの時代の「ちぐさ」や、新しい形態のジャズカフェなどのあり方が模索されてゆくことを心から願いながら、自分たちにとってのこれからのジャズを更に楽しんでゆきたいと思っている。

|

« 谷戸山の夕暮れ時 | トップページ | 相模原公園正門から »

JAZZ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

NHKでの放送見逃されましたか、残念
25日、26日と放送されたんですよ
NHKの放送でも軽く触れられていたのですが
11月末に3日間 縁のビックネームピアニストが
来場するイベントが予定されています。
まだ 一般発表前の内容ですが

投稿: hard | 2010年10月29日 (金) 04時01分

hardさん
コメントをありがとうございます。

NHKの放送は25・26日と二日間続いたのですか。
全く気付かずで惜しいことをしました。
11月末のイベント先日の会場ですか?

あのピアニストさんかしらと想像しています。
「ちぐさ」さんの話題が尽きず、
楽しみですねnote


投稿: chisa_pie | 2010年10月29日 (金) 11時31分

テレビの番組かどうかはわかりませんがユーチューブで何件か「野毛ちぐさ」でヒットする動画がアップされています。
お知らせまで。

サーカス残念ですね。娯楽の多様性・・・時代でしょうか。
子どものころはわくわくして見に行ったのですが、大人になり自分の子どもを連れて行ったときも、やっぱりわくわくしました。

寒くなったり、台風がきたり、変なお天気ですから、お体に十分気をつけてくださいね。

投稿: まめこ | 2010年10月30日 (土) 00時43分

まめこさん
こんにちは!

台風の進路が気になりますねtyphoon 
「野毛ちぐさ」新聞・TV又ネットでも随分取り上げれて
いるようですね。
ユーチューブの情報有難うございます。
時間のある時ゆっくり見てみますね。
eventサーカス、私の中では勝手に郷愁の記憶に
入り込んでいました。実際にもう40年近く前に
子供達と見に行ったのが最後でした。
田舎に行った幼かった夏休み、叔父が連れて行って
くれた川向こうの町にサーカスが来ていて、側を
通った時に聴いたサーカス団の音楽が
今も物悲しいメロディーとして記憶から蘇ります。
寒くなりましたが、その後体調はいかがですか?
余り無理をされませんようにお大事に。

投稿: chisa_pie | 2010年10月30日 (土) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/49849716

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちぐさアーカイブス」がTVで放送されたようで・・・:

« 谷戸山の夕暮れ時 | トップページ | 相模原公園正門から »