« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

高円寺阿波踊りの帰り・・・♪

2010.08.31(火)sun 8月が今日で終わる。記録的な暑い夏だった。今朝の外気温は35度。暦の上では秋を迎えても、まだまだ夏の勢力にしっかり支配されそうな日々。

「大山の豆腐をこれから届けにいくよ」昨日夕方、息子から電話があり、小一時間後に、スーパーで買うパックに入ったものとは違うお豆腐屋さんの大きな豆腐が2丁と季節の梨や野菜まで持ってきてくれた。大山近辺は名物のお豆腐以外にも果物などの産地。梨は小ぶりながら美味しそう。時間はあるという息子と3人で久しぶりに、大山豆腐の冷ややっこと惣菜で夕食。昔ながらのお豆腐のにおいがするしっかりとした味に舌鼓を打ちながらの夕食。

sign05 高円寺阿波踊りを楽しんだ後は sign05

2010_0828_203627dsc_3721_2

sign05 

2010_0828_203639dsc_3723_2
帰りは、昔馴染みの通りを歩いて、

2010_0828_205938dsc_3814_3 こんな雰囲気のあるお店も発見!小さな店内には、写真が展示されているようで、心ひかれながらも、先を急ぐので、お店の外観を急ぎパチリさせて頂きました。高円寺は個性的なお店が多い。いつか訪ねてみたいお店。

この夜の目的地は「ブリキの時計」

2010_0828_213829dsc_3819_6

1年ぶりに訪れてみても

2010_0828_215050dsc_3826_5

手作り感のあるアットホームな雰囲気は何も変わっていない。

2010_0828_220009dsc_3837_2

懐かしい香りが漂う

2010_0828_215442dsc_3835_2

店内の棚にはボトルが並ぶ。

2010_0828_215302dsc_3832_2

壁には白黒の写真が飾られ

2010_0828_220427dsc_3839_2

カウンターの向こうの壁にはクリムトのポスターや、更に奥の突き当りには、エゴン・シーレのポスターも

2010_0828_220527dsc_3841

精緻に彫り込まれたこの作品はマスターの母上の作品。

2010_0828_220446dsc_3840

奥の方にはレトロな灯りが照らす客席があり、昭和の雰囲気そのまま。この店が出来てからもう30年に近い歳月が流れている。手入れの行き届いた、マスターの思いがこもった店内。阿波踊りの日は、マスター独りでてんてこ舞い。いつもはジャズが静かに流れ、時も静かに流れてゆくような空間。

2010_0828_213848dsc_3821_2

店の外にはメニューがあり、リーズナブルな価格が並んでいる。昔からのメニューもそのまま。おつまみ以外に、ちょっとした軽食もあり、安心して入ってゆける貴重なお店かもしれない。この夜もマスターとの会話を楽しみ、ひととき阿波踊りの疲れを癒すことができた。

場所は高円寺西口商店街をしばらく歩き、左側の道に入ってすぐの場所。

杉並区高円寺南3-59-9 1階3軒並んだ真ん中のお店

電話 03-3314-3266

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「JAZZ JAPAN」新発売!+高円寺阿波踊り続き

2010.08.30(月)sunテラスに出たらじりじりとした夏の日差しが体中にまといつき、慌てて室内に退避。日中はまだまだ夏の気配濃厚です。

book  JAZZ JAPAN」No.1発売 book 

2010_0829_193053dsc_3864 新しいジャズ専門誌が誕生した。長い間続いた「スイングジャーナル」誌が廃刊となり、ジャズ専門誌が姿を消してしまうということに淋しい気持ちを抱いたけれど、こんなに早くスイングジャーナル誌の後を引き継ぐように、新しいジャズ誌が出来るとは思ってもいませんでした。いずれ電子化された形になるかしらと思っていましたが、こうして雑誌という形と、更に電子化という形態も取り入れられて充実していくようで、これからのジャズジャパン誌のご発展を祈りたいと思います。

 event 高円寺阿波踊り続き event 

 2010_0828_203820dsc_3734 

sign05 

2010_0828_203830dsc_3737

sign05 

2010_0828_204649dsc_3766_2

sign05 

2010_0828_204824dsc_3779

sign05 

2010_0828_205102dsc_3793 

sign05 

2010_0828_205230dsc_3803

sign05 

2010_0828_205445dsc_3810

 chick 「ひよこ連」の最後の囃子方の後からは“ひよこ”がついて歩いていました。沿道から、可愛いひよこを煽ぐ団扇サービスもsign01 

9時近くなり、次に寄るところもあるので、暑い中疲れも見せずに踊られる踊り手さん達の姿に元気を頂いて、この連で今年の阿波踊りは見納めとさせていただきました。

2010_0828_221251p1100329

高円寺南口駅前の阿波踊り飾り。

2010_0828_221817dsc_3847_2

祭りの後、帰りの電車のホームから静かになった南口駅前をパチリ!

又来年を楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

“高円寺阿波踊り”28日初日!

2010.08.29(日)sun 青空に白い雲、蝉の音に車の走る音。日曜日の昼時らしい静かな気配。昨夜は久しぶりの午前様をやってしまい、目が覚めたのが9時半でした。

cd     

2010_0829_130206dsc_3850

静かな時間は、久し振りにキース・ジャレットの東京公演のアルバムを聴く。ちょっと疲れた頭に、トリオの演奏が新鮮に響く。

 event 高円寺阿波踊り event 

今年は東林間の阿波踊りも見たので、あきらめていたのですが、午後のくつろぎタイムに今年の「徳島阿波踊り」の録画を見ているうちに、急にライブで見たくなり、急遽思いたってcarで出かけました。ところが夏休み最後の土曜日、東名入り口までと東京出口からは結構な渋滞、5時ごろに出ればとタカをくくっていたら、会場に到着は8時近く、9時までの踊りは正味1時間しかありません。あせりました~bleah sweat01

2010_0828_201840dsc_3669

北口駅前の提灯飾り。

2010_0828_201002dsc_3652

相変わらずの人出と混みよう。今年は北口会場で見ようと行ってみましたが、チビの私にはほとんど見えません。

2010_0828_201628dsc_3661

出番を待つ連が待機する場所では踊りは全く見えません。

2010_0828_202612dsc_3686

場所を代えようと、北口商店街に移動。

2010_0829_133448dsc_3853_2

余談になりますが、ねじめ正一さんの一作目の小説集で一躍有名になった「高円寺純情商店街」がこの通りです。その昔、ねじめさんのお店のすぐ近くに、2年ほど住んでいたことがあって(昆布だの鰹のお出しだの時折買いました)、実は阿波踊りの会場もこの場所が一番なじみ深いかも。

2010_0828_202645dsc_3689

中央通り程広くないので、見物客も一体となった“踊る阿呆に見る阿呆”掛け声や歓声もひと際大きい!観客は団扇で煽ぎ応援ですshine 

2010_0828_202709dsc_3691

赤いハッピの坊やは熱心に応援、踊り手さんは更に盛り上がり

2010_0828_202726dsc_3693

威勢のいい男踊りが続きます

2010_0828_202738dsc_3694

笑顔を絶やさず踊る姿に、見ているだけで燃えますね~!

2010_0828_202742dsc_3695

女性のハッピ姿の男踊り、粋でかっこいい!後ろは昔よく利用した「チヨダ靴店」

2010_0828_202750dsc_3696

力一杯

2010_0828_202800dsc_3697

囃子方の衣装が男っぽい!

2010_0828_202807dsc_3698

鉦に

2010_0828_202818dsc_3700

太鼓 

2010_0828_202828dsc_3702

大きな太鼓がひと際力強くく打たれて鳴り響くimpact この太鼓は13キロもあるとか。

2010_0828_202833dsc_3703

余りの勇ましさに気分はすっきり!出かける前に録画で観て出かけた本場“苔作連”の演技を見られて感激でしたsign03 頭の鉢巻きは、外して絞るとじゃーっ言うくらいの汗が絞れる。その様子をTVで見ていただけに、並大抵ではない力がみなぎるこの踊りの迫力には見るものの心まで踊りますheart01 

高円寺の駅を降りれば町中が会場。熱気にあふれる高円寺阿波踊りは、今日8月29日まで。

駐車場は少なく、あっても満車状態ばかりでした。出来れば電車がいいようです。お隣の駅のすいている駐車場を見つけて、高円寺までは電車で行きました。駅のホームに降りた途端からして熱気が漂い、思わず元気になりますよsign03(続く)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鹿沼公園その3

2010.08.28(土)sun 猛暑は続くよ~ ど~こまでも~ !今日も外は夏まっ盛りの33度。息絶え絶えの蝉や亡骸になった蝉がテラスや外廊下に転がり始めた。子供達の夏休みもあと数日。

2010_0828_113704dsc_3641

ミニ薔薇はこの暑さに負けずに、次々花をつけている。

wheelchair

母の骨折後の経過は順調のようで、痛みはほとんど無くなったようで、少しずつ立つ練習を始めている。先日聞かされた食欲の衰えも大分回復し、自立して食べられるようになり、気になる行動が数日あったが、それもおさまったとのこと。「涼しくなればwheelchairでの散歩に行けるようになるかもしれないわね」昨日夕方は、そんな会話を交わして母を喜ばせた。

 clover 鹿沼公園その3 clover 

2010_0819_163741dsc_3292

公園の中央には小高い山があり、木陰のベンチでくつろげば爽やか。大人の姿がとても多い公園。国道16号を少し入ったこの場所は、充分に市民のオアシスとなっているのだろう。駐車場がやや少ないので、春のお花見シーズンに、車では無理かも。

2010_0819_165921dsc_3336

夏休みは自然と遊ぶのが一番。仲の良い兄妹が無心に遊んでいた。

2010_0819_170016dsc_3340

最初は「きゃ~、蝉の抜け殻~」と言っていた妹ちゃんも段々慣れてきて、

2010_0819_170046dsc_3342

百合の蕾の先まで蝉の抜け殻が、こんなところでも脱皮するのかしら

2010_0819_170133dsc_3343

「お兄ちゃん、蝉は背中から出てくるの?それともお腹から?」「お腹からだよ」「おばちゃん、あっちには白鳥の親子がいるんだよ」「教えてくれてありがとう!」

2010_0819_170139dsc_3344

百合の花咲く公園、仲良し兄妹にとっての夏休みの幸せな時間が流れている。

2010_0819_170141dsc_3345

「まだ抜け殻見てるの?」蝉の抜け殻は池の周りのフェンス下には、沢山落ちているし、至るところで目に入った。

2010_0819_170411dsc_3348

公園内には百日紅も咲き、幼子が遊ぶ遊具も用意されている。

2010_0819_170548dsc_3352

信号や横断歩道が設置されたこんな場所も。もう少し早い時間なら、豆自動車が見られたかもしれない。

2010_0819_171251dsc_3372

夏の終わりの花壇には、少し元気を無くした向日葵など、

2010_0819_171229dsc_3370

ひゃくにちそうがいっぱい。

2010_0819_171207dsc_3367

clover 

2010_0819_171326dsc_3374_2 

コスモスが風に揺れ、

2010_0819_171302dsc_3373

暑すぎた夏に咲き疲れた向日葵さん、又来年きれいな花を咲かせてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鹿沼公園その2

2010.08.25(水)sun 子供達の夏休みも終盤を迎え、外からは子供達の賑やかに遊ぶ声が聞える。蝉の鳴き声は幾らか弱まったような気もするけれど、暑さは盛夏と変わらない。

clover 鹿沼公園その2 clover 

2010_0819_170236dsc_3347

百合の花が各所に咲く公園。

2010_0819_165115dsc_3309

水辺の植物にまじって百合が咲く。

2010_0819_165225dsc_3312

clover 

2010_0819_165246dsc_3313

clover 百合を見たり、公園で遊ぶ子たちと、蝉の抜け殻で遊んでいるうちに、夫とはぐれてしまい、慌ててmobilephone で連絡。「D52がみえるでしょ~」「どこ~」「こんなに大きな汽車が目に入らないの~」eye ぐるぐる見回して、やっと「見つけた~!」

2010_0819_170453dsc_3350

何だかすごいsign03

2010_0819_170701dsc_3359

昭和18年に造られたという蒸気機関車。保存状態がいいのか、とてもきれい。

2010_0819_170824dsc_3360

impact D52 すごい迫力。

2010_0819_170900dsc_3361

impact ボーッ~、汽笛一斉発車して小さかった子供のころはこんな汽車で田舎に行った。

2010_0819_170937dsc_3362

impact ガタンゴトン ガタンゴトン シュッシュッ シュッシュッ ボ~dash

2010_0819_171016dsc_3364

最近の鉄子ちゃん達のように、思わず勇壮な汽車をパチリパチリしてしまいました。

2010_0819_171128dsc_3365

近くには子供の為の交通公園が整備され、その先には真丸な向日葵が「発車オーライ」の信号のように咲いていた。

2010_0819_171147dsc_3366

向日葵の季節もそろそろお終いが近い。

2010_0819_171207dsc_3367

百日草も咲いていた。

今日も真夏のような暑さ。我が家のDVDが昨日から不調のようで、まだ壊れたところまではいかないけれど、観たい番組は録画をしておきコマーシャルを飛ばしながら見る我が家ではDVDレコーダーは必需品、専用クリーナーを買いに午後は町田まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

娘と一緒に母を訪ねる。

2010.08.24(火)sun 居座ったこの夏の暑さしぶとさは半端ではなく coldsweats02 

毎日西瓜にジュース、アイスクリームと暑い外から戻れば当たり前のように、胃の中に気持ち良く収まってしまう。

beer 夫婦揃ってお酒を飲まなくなって久しく、最近は食事中のワインでさえ、少し杯を重ねれば二日酔い気味。でも暑い日のビールの味の格別さは忘れられず、最近は「休む日のalc.0.00%」というキリンから出ているノンアルコールビール味炭酸飲料がすっかりお気に入りになってしまった。

2010_0824_135846dsc_3534

しかも有難いことに回復系アミノ酸オルチニンまで配合されている。

2010_0824_142050dsc_3542

巨峰で~す。しかも大和産。甘くて美味しい巨峰は今年初物。これは昨日娘がお土産に持ってきてくれた。お安くないものを3房も!冷やして食べたら美味しかった~!娘に感謝ですdelicious 

wheelchair 施設に wheelchair 

その娘と3人で母を施設に訪ねた。随分元気そうになったように見えるけれど、食事を摂る量が減っているとのこと。やせて入れ歯も合わなくなり、施設担当の歯医者さんに、新しいものに作り替えるようにお願いする。通院しなくとも施設内で型どりなどして造って下さる。寝巻を着脱しやすい素材のものに買い替え、裾上げをして3着届ける。母の用事や買い物などのこまごました事はこちらの役目。退院後、施設内で手のかかるようになってきている母のことを、「いつも済みません、よろしくお願いします」と頭を下げれば「私達の仕事ですから」とあっさり言って下さるので、心強く有難い。

高齢者の入院は、早い退院の方がいいという事が今回の結果からわかったことで、なるほど長くなればなるほど、身体の機能や筋力の衰え、さらに認知の度合いまでも急激に進んでしまう。入浴は現在リフト浴だが、もう少し立位がきちんとできるようになれば、普通浴にしますとのこと。介護は専門の方の方がよく分かっておられるのだ。

今朝の新聞に、高齢になり、認知症が進むと食べ物を受け付けなくなることがあるという記事があった。人生の終盤を迎えた母もそうなのか、一過性のものなのかは今のところはっきりしないけれど、いずれにしてもいいことではなく、少しでも食欲が出るようにと、外気にあてるため、暑さが和らぎかけた施設の庭で、車椅子を押しながら外気浴兼散歩。

2010_0823_165836dsc_3504_2

施設に用意された麦わら帽子をかぶりおすまし。

2010_0823_170210dsc_3510

いつものポタジェの前で。楽しそうな母と娘と夫。まるで避暑地にいるように心地良さそうな母。外気は人を元気にさせる。「ご飯は沢山食べられる?」と聞くと「あんまりたくさん食べられないわね~」と答える。暑さによる一過性のものであってほしいと思う。

しばらく外でくつろぎ、リビングに母を送る。入所中の方たちともすっかりおなじみになり、「又きますね」と挨拶してお別れ。

 cat 久し振りの猫達 cat 

母のところから歩いて自宅駐車場に戻ると・・・・・、

2010_0823_174240dsc_3519

「暑いのね~君達も。」駐車場でくたっていました。もう一匹居た白は、駐車中の車の下にもぐり込んでしまったけれど、この2匹は(どうせ写真のおばちゃんや)とタカをくくって・・coldsweats01 

2010_0823_174245dsc_3520

(たまにはきれいに写してほしいニャン)と白の目つきが語っている。

2010_0823_174327dsc_3523

黒は微動だにせず、暑い一日の疲れがまどろみを誘っているようで。

2010_0823_174345dsc_3525

白のまぶたもくっつきそうになり、

2010_0823_174354dsc_3526

ついに、2匹とも眠りに落ちてしまいましたsleepycat  sleepycat

「ゆっくりお休み。」

娘と3人で、そ~っとニャンコ達のそばを離れました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初日の“もんじぇ”その2

2010.08.23(月)sun 熱い日が続くなか、何とか頑張っていますが、年々暑さに対する耐性が失われてゆくような、ちょっと野外の音楽などを聴いてきただけで、ずっしりとした疲れが残るようになってきて、昨日は一日ぐったり過ごすという情けない状態ですが・・・coldsweats01 

event “もんじぇ”の続き event 

2010_0821_192348dsc_3466

“あん”最後のステージだったようです。ステージにふわりと踊り出てきて、ドレスのすそをなびかせながら、踊るように歌うのはスミ☆アヤコさん。   川久保典彦(p)  関根彰良(g) 菅田典幸(ds)敬称略

2010_0821_191354dsc_3456

ステージ袖から迫力あるds演奏を、

2010_0821_192721dsc_3472

ヴォーカルのパワーも、ギターもすごい!

2010_0821_193156dsc_3476

ロック風に、ジャズ風にアレンジされたポップな演奏はにぎやか、アヤコさんの動きに誘われて、小さい子たちもステージ前に集まってきた。

2010_0821_193306dsc_3479   

アヤコさんのパワーに押され気味なちびっこ達sweat01 

ステージはまだまだ続き、最後は花火が打ち上げられるということでしたが、年のせいか、座りなれない芝生のせいか、すっかり疲れてしまい退席となりました。息子達も年長者の体調に合わせてくれて、早い帰宅を快くOKしてくれました。

2010_0821_193932dsc_3485

まだまだ屋台は賑わい、

2010_0821_194108dsc_3489

びっしりの観客。これから駆けつけてくる人の姿もあり、夜はこれからという気がしないでもないけれど、残念ながら帰路につきます。夜のお出かけがめっきり弱くなりましたthink 

newmoon 夜の街並み newmoon 

2010_0821_195510dsc_3495

来た道を歩き、伊勢丹内を抜けます。素敵な彫刻を歩きながらパチリ!

2010_0821_195657dsc_3496

売り場の奥のガラス製品がお洒落!

2010_0821_200025dsc_3497

駅へ向かうアーケードから見たmoon1 

2010_0821_200236dsc_3499

相模大野駅前商店街。正面の伊勢丹建物裏手の中央公園では、まだまだ熱気あふれるジャズ祭が開催中の時間。駅前の人出はみんなそちらに吸い寄せられてしまったのか、静かでした。

2010_0821_200504dsc_3503

小田急相模大野の駅建物内のディスプレーは、もう秋が演出されていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模大野“もんじぇ”祭りでジャズを聴く♪

2010.08.22(日)sun 静かな日曜日でした。今日は一日、母の新しい寝間着の裾上げをしたりする位で、昼寝をしたりと、のんびり曜日。 

暑かった昨日の午後のこと。「近くの電気屋さんに居るんだけど、寄ってもいい?」と孫娘から電話があり、やがて息子と二人でやってきた。

着くなり孫は「汗びっしょり~!」「シャワー浴びたら」ということで、孫と交代に自分もシャワーを。さっぱりしたところで、すぐに話がまとまり4人で“もんじぇ”祭りに行くことにした。

2010_0821_175904dsc_3395

相模大野の駅を降りて、伊勢丹の中を通り抜けると、すぐに会場のある中央公園。

2010_0821_175923dsc_3396

すでに広い芝生はびっしりの観客で立派な野外音楽場。そういえば、もっと早い時間から始まっていたのでした。観客をとりまくように屋台が並ぶ。まずは前列近くに場所を定めた。知っていればシートを持ってきたけれど、幸いにも駅で貰った団扇が各自あるので、団扇を敷いて芝生の上に腰を下ろす。夫と孫娘が食料調達係。どの屋台も列が出来て中々買えない中、定番の焼きそばに豚串を一本ずつ。飲み物を買う余裕もなかったようだ。

2010_0821_182706p11002972010_0821_182712p1100298先ずは腹ごしらえdelicious 豚の串は一本ですごいボリューム!飲み物は後から苦労して手に入れてきました。

2010_0821_180859dsc_3402

司会は、古屋かおりさん。 

2010_0821_181243dsc_3414

ステージの上には月が昇りかけて、初めて聴くミュージシャンの方ばかり。この回残り少ないステージを楽しむ。テナーはジョー・ワグナーさん、ベース川畑よしのすけさん。

2010_0821_183627dsc_3421

夕闇が濃くなり、ライトがともり始め、雰囲気も最高潮になったところで、ジャムセッションとなり、フルートも登場、多分、華岡昌生さん。

2010_0821_184019dsc_3426

ヴォーカルの阿部奈緒子さん。

2010_0821_184837dsc_3437

ステージ最後には、素晴らしい“ルート66“の熱唱をメンバーとの熱いセッションで、聴くことが出来ました。ピアノは尾崎琢哉さん。

2010_0821_185123dsc_3438

太鼓は上村計一郎さんでまちがいないでしょうか?熱演です。

2010_0821_185720dsc_3439_2

次のステージへのジョイントは司会の古屋さん。迷子さんも出ているようでした。

2010_0821_190146dsc_3440

夜の帳が下りるころには月も高く上り始め、最終ステージの準備が始りましたが、続きはまた次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鹿沼公園の蓮と白鳥」&今日明日は相模大野で“もんじぇ”祭り!

2010.08.21(土)sun 朝早くから賑やかな蝉しぐれ。夏の終わりに向かって最後の子孫を残すチャンスを求める蝉は必死なのかも。

2010_0820_115113dsc_3388  

我が家の花オレガノにシジミ蝶が蜜を吸いにやってきた。

2010_0820_115308dsc_3392

それからヘリオトロープの蜜も吸ってからひらひらとどこかに飛んでいった。

  clover 鹿沼公園 clover 

相模原市淵野辺の近くにある大きな公園。様々なブースがあるなか、まずは園内に入り散策。プールのような長方形の蓮池に蓮の葉が一杯。花の時期はもう終わったのだろうかと、池の周りを一周してみた。蓮の葉の上を小さな蝶やトンボが飛びまわっている。

2010_0819_164044dsc_3296

clover 蓮見用の小さな青い腰掛けも用意されている。実は最近、TV放映されたジャン・ギャバンとアラン・ドロンの昔の映画「地下室のメロディー」を見たばかり。この蓮池は何故かそのラストシーンを思わせて、 「・・・・・・だったらいいなぁ~」と思わず呟やいてしまったhappy01

2010_0819_164404dsc_3301

clover反対側に回ってみたら、水の中から小さな蕾が首を持ち上げている。やさしい笑顔の蓮の葉達が周りを取り囲んで、早く大きくおなり~と励ましているような様子wink 

2010_0819_164522dsc_3302

clover 少し育った蕾もひっそり。欲の深い心を浄化してくれるように気高く、

2010_0819_164550dsc_3303

clover神々しいような光を放つ蕾達。やはり蓮は仏に一番近い花なのかと思う。 朝が弱いので、早朝にどんな花を咲かせるのか分からないが、この蕾の輝きを見る事が出来ただけでも幸せ。

2010_0819_165512dsc_3316

園内には大きな池があり、白鳥の家族の小屋と、こちらは番のような2羽のいる場所。白鳥をこんなに近くで見たことがなかったので、その優美さに思わず見惚れてしまった。

2010_0819_165531dsc_3319

一羽の白鳥の泳ぎに少しスピードがdash 

2010_0819_165541dsc_3321

とっしんするように?何かに向かうのはどうして?

2010_0819_165554dsc_3322

もしかしたら、餌箱?夕食の支度が整っているか確認をしにきたのかもrestaurant 

2010_0819_165601dsc_3323

すぐに立ち去るdashところを見ると、

2010_0819_165620dsc_3324

「待たせたね」多分待っていたのは従順なメス。「まだみたいだよ」

2010_0819_165657dsc_3330

何事もなかったように、元来た水面を戻ってゆく。水に写る自分の姿を見る事はあるのかしら?美しい姿を知っているかしら?「白鳥の湖」を思い起こすまでもなく、白鳥を眺めていると、美しい曲想や物語を生み出したくなる人の心がわかるような気がしてくる。

2010_0819_165752dsc_3332_2 

池のほとりには、白鳥に負けない優美な花、白百合が池を見下ろしていた。

2010_0819_165907dsc_3335

白鳥の池には白百合がお似合いです。残念ながら白百合と白鳥のツー・ショットは撮れませんでしたがcoldsweats01 

event 8月21日(土)の今日と明日の日曜日、午後3時前後からは、相模大野中央公園Foods&Jazz Festa”もんじぇ”が開催される。今年政令都市となった相模原市、「祝☆政令都市移行」の文字が踊る。体調が良ければ、行ってみようかなevent

| | コメント (22) | トラックバック (0)

ジャズを聴く楽しみ♪

2010.08.19(木)sun 今日も暑くなるのかしら?やっぱり外気温は30度を超えているsweat02 

用足しに出なければならないので暑さは勘弁なのですが。

外からは公園遊具の工事の音ががんがん室内にまで飛び込んできます。久しぶりにパソコンにmusicを差し込んでジャズを聴くことにしました。最近はまっているアルバムは、

notecd

2010_0819_105004dsc_3264

竹内直“ラプチャー”大分前にネットオーダーして購入。そのころは何だか次々とアルバムを買っていたような気がするが、いつの間にか、積み上がった結構な枚数のCDの下に埋もれてしまっていた。この夏、恒例のコルトレーンの“オレ”を聴いているうちに、ふと思いだして、何度目かの直さんサウンドを聴いているうちに、すっかり病みつきになってしまった。

メンバーは、竹内直(Ts.bc)清水絵理子(p)井上陽介(b)工藤精(b)江藤良人(ds)荻原亮(g)ワガン・ンジャイ・ローズ(per) 敬称略

“細部に魂が宿る”という言葉があるが、このアルバムを聴く前に呼吸を整え、準備をするひとつひとつの動作を確認しながら、静かな気持ちで出てくる音楽を待ってもらいたい。できれば独りの時間を過ごす時に聴くのがいいだろう。自分の感性を鋭い状態にして聴き始めると、そこに収められた豊かなディテールが浮かび上がってくるのに気づくはずだ。”

松本誠一郎氏のライナーノーツの最初の出だしは、上に引用させて頂いた文章から始まった。

この夏は、ひそかに聴く直さんサウンドにいかれていたので、今日初めて読んだライナーの出だしにも、ノックアウトされたような思いでした。思いながら言い得ない感想が、この一文の中にすべてありました。

一曲目と七曲目に、いつか恵比寿で小沼ようすけさんなどとのライブを楽しませて頂いた荻原亮さんのギターとの素晴らしい演奏も聴けるし、2曲目の民謡“こきりこ”も日本人が聴くジャズとして、心にしみいる曲。何時か聴いた“竹田の子守唄”も心に残っているけれど。全編を通して、どの曲も竹内直さんのスピリッツが隅々にまで行き渡り、メンバーの皆さまとの好演と相まって、最後までそれぞれの曲をそれぞれの思いで楽しむことが出来る。

そんなアルバムを仕舞いこんでいたなんて、勿体ない事をしていましたと大反省です。メンバーの皆さまとの演奏も昨年NHKホールで聴いていましたのに。正直に言うなら、ピアノトリオ系を比較的好んで聴いてきた耳に、TSの音をストレートに打ちこんで下さった竹内さんに今更ながら感謝です。

アルバムという作品になる音楽とライブで聴く音楽は、同じ演奏者であっても、違う世界となって表現される事もあって当たり前と思うけれど、どちらも捨てがたい音楽形態であり、冒頭にある文章の中の“出来れば独りの時間を過ごす時~”にはアルバムに収められた曲をじっくり味わう事も心にとっての贅沢なひと時となり得るものかと思います。

 car 買い物帰り car 

昨日の買い物の帰り道、小田急相模原駅近くにあるカレー屋さんのディスプレーの象が可愛くて、思わずパチリ!

2010_0818_175711dsc_3261

最近は本場インドのシェフが作るカレー料理屋さんを、あちらこちらに見かけるようになりました。夏はカレーで汗をかくのもいいかもと思いながら、いつも車で通り過ぎてしまいますがcoldsweats01

さて、少し元気が出てきたので、午後は用事を片づけに出かけましょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

芹沢公園その2

2010.08.18(水)sun 猛暑続きの日々の今朝、昨年来から話が続いているエアコン機能復旧工事の立ち合い調査があった。施設庁側から調査員の方が、汗びっしょりの姿にカバンや水筒を肩から掛けて来訪。エアコン2室分の現状確認と簡単な聞き取り調査や確認事項で短時間のうちに終了。150世帯の現調を毎日こなすのも、暑い時期,中々大変そうで「お疲れ様」。交換工事は10月以降になるとのこと。当面不自由はしていないが、なるべく早く終了となりすっきりしたい。

 chick 小鳥 chick 

昨日夕方のこと、一人で留守番中「チィチィチィチィ」と何度も聞こえる可愛い声に、“チ”のつく名前の自分が呼ばれているようで、窓の外を見ると、

2010_0817_175410dsc_3252

テラスの木の枝に、こんな小鳥が止まって「チィチィチィチィ」と囀っていた。しばらく滞在したのち、フェンスの向こうに飛び立っていった。何て言う小鳥かしらと思うけれど、網戸越しの写真ではよくわからない。このところの夕方は蝉の音よりも、様々な鳥達のさんざめく鳴き声がやかましい位に聞えてくる。

 clover 芹沢公園 clover 

2010_0815_165907dsc_3198

clover 

2010_0815_165952dsc_3200

clover 

2010_0815_170137dsc_3204

dog パパとお兄ちゃん達とお散歩帰りの毛皮をまとった柴くん。水の中を気持ちよさそうに歩き、のんびり水浴したいようでした。

2010_0815_170155dsc_3207

dog 歩きながらお水をごくごく美味しそうに。

2010_0815_170144dsc_3206

dog「もう帰るんだよ~」水から上がりたくない柴くんでした

2010_0815_170742dsc_3219

clover あずまやには、座って読書に耽る女性が一人。水辺の読書、いいかもしれな~いconfident 

2010_0815_170757dsc_3220_2 

clover 日暮れ前のひととき、蝉しぐれを聞きながら贅沢時間かも。

2010_0815_170830dsc_3221

clover 猛暑は続いているけれど、さすがに日暮れも早くなってきている。来た道を戻る。石段の上に張り出した松の木を見上げながら、

2010_0815_170858dsc_3222

cloverもう一度森林浴が楽しめる。ここから木々の森に入り、wink 

2010_0815_171331dsc_3234

clover細い木で造られた段々に到着。それから木の根が自然の段々になる斜面を駐車場のある場所まで登り道。不思議と軽々歩けるから嬉しい。

2010_0815_171429dsc_3236

clover なだらかな斜面は丁度いい歩行訓練となって、

2010_0815_165302dsc_3188

clover駐車場前の場所に無事到着。

今日も気温はゆうに30度超え、今年は西瓜が特に美味しいdelicious 暑い外からから帰れば西瓜。掃除が終わったら西瓜と・・・・、ただの水よりもずっと深く身体に浸み込んでゆくような心地いい感触。そして足りなくなれば、冷蔵庫の氷をたっぷり使い、紫蘇ジュースや氷水をがぶがぶがぶがぶ。熱中症予防に水分補給は怠らず過ごしている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

芹沢公園で森林浴♪

2010.08.17(火)sun 厳しい残暑が続きます。今朝の外気温はすでに35度近くをさしていてthink  

まだまだ熱中症で命を落とされる方のニュースも多く、この異常な暑さの日々を何とか乗り切らなければと思っています。暑いので、日中は自宅で過ごし、夕方近くに施設の母を訪ねるのが、ここ数日の日課、骨折後の手術から半月以上が経ち、お陰さまで随分元気になってきました。車椅子からテーブルにつかまり、何とか自力で立つところまでを、介助を受けながら見せてくれて、少し気も休まるようになりました。そして、今年のこの暑さを、渋谷の自宅で一人で過ごしていたらどうなっていたことかと、介助を受けながら近くにいてくれる今の状況が本当に心強く有難い思いです。

母を訪ねた帰りは、夕方の買い物か用事が無ければ近くに涼みに。

   clover 芹沢公園 clover 

2010_0815_165617dsc_3192

座間八景に選ばれ、神奈川の公園50選にもなっているという芹沢公園。座間の美味しい水の水源地でもあるそうです。まだ2・3度しか訪れていないけれど、昔からの緑が豊かに残り、足を踏み入れれば、森の香りが心地よく、心癒される公園です。

2010_0815_165650dsc_3193

clover 森林浴をしながら歩く心地よさは格別で、暑さも忘れそう・・・・、

2010_0815_165742dsc_3195

clover 深い緑の木々の向こうには、

2010_0815_165834dsc_3196

cloverあずまやの屋根が見え、緑地の右手には小川が流れる。

2010_0815_170049dsc_3202

clover 澄んだきれいな水の上には水澄ましが沢山、スイスイ、ス~イスイ。

2010_0815_170301dsc_3208

clover 遠目に見るとヒガンバナのように、ピンクの花が咲いている。

2010_0815_170324dsc_3209

clover 近くで見れば百合のような形のこの花は〝ナツズイセン”とか。

2010_0815_170337dsc_3210

clover 蕾です

2010_0815_170356dsc_3212_2 

clover 通路側を向いて“こんにちは”

2010_0815_170413dsc_3213 

clover この日も蝉の抜け殻、後ろ姿を発見sign01

2010_0815_170527dsc_3214 

clover 菖蒲が終わった湿地の周りには、まだこんなに瑞々しい紫陽花の蕾も。

2010_0815_170616dsc_3215 

clover 真っ赤な芙蓉が、数輪まだ咲いたまま待っていてくれた。こんなに情熱的な赤もあったのかしらheart04 

駐車場が5時までなので、駆け足で散歩でしたが、近隣からは熟年のご夫婦やワンちゃんの散歩の方々が多く、地域に愛されている公園であることが良くわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦坂禮三〝和紙ちぎり絵版画展”のご案内

2010.08.17(火)sun 

  event 和紙ちぎり絵版画展のご紹介です event 

2010_0817_090734dsc_3249

7月中に頂いていた彦坂禮三さんからの暑中お見舞いと版画展のご案内。8月30日(火)までと、会期がまだしばらく続きます。会場が長野県安曇野なので、我が家からは少々遠く、残念ながら行かれませんが、安曇野は随分前に行きましたが、心に残る懐かしい場所です。その場所の、癒しの空間での個展、彦坂さんが見つめる日本の風景がちぎり絵という手法で、見事に表現されています。

この夏の思い出に、お近くの方か又はご旅行で近くに行かれる方々にお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東林間阿波踊りその3

2010.08.16(月)cloud再び猛暑です。じわ~っと暑いこと。

暑さの中、我が家はテラスに青虫、その上、一昨日は〝ヤモリ”まで現れましたよeye 箒を持って掃除中、壁伝いに、ひたっと現れた姿を見た途端、「キャーッ~~!」しかし、むしろヤモリから見たら巨人のような人間が悲鳴を上げて、驚いたのは相手の方だったかも。一瞬ヤモリは固まってました。ややもして、ささっと床から外壁の方に移動して姿を隠してしまいましたが。いや~まさかこんなコンクリートの住まいでお会いするとは夢にも思わず、驚きでした。その上、あろうことか、翌日の昨日はその場所のすぐ前の部屋の窓を網戸も閉めずに何時間も開けていた夫sign03think 寝室でもあり、ドレッサーもある支度部屋。もしやヤモリが室内にいやしないかと思うと何だかいい気持ちはしなくって・・・・coldsweats02 

今しがた、大きな鳴き声がして蝉の来訪です。

2010_0816_125759dsc_3239_2 居ましたよ~!今頃が蝉の行動や鳴き声が一番活発なのかしら?そういえば、昨夜は夜遅くまで〝日暮らし”が、カナカナカナ~と物悲し気に鳴いていましたっけ。

2010_0816_125934dsc_32442010_0816_125856dsc_3241

油蝉のようです。先日来た蝉が鳴き声を聞かせに来たのかしら?蝉位なら歓迎ですが、〝ヤモリ”となると・・・・・・sweat01 

   event さてさて本題の〝阿波踊り” event 

今日は送り火、お盆も最後。本場徳島の阿波踊りも今日までだったかしら?パソコンが変わったためか、ムービーの画像サイズの変更が出来ず、未だにUP出来ないので、前回ご紹介しきれなかった写真で、お楽しみ頂ければ。その熱気でむしろ暑さを忘れて頂ければ幸いです。

sign05 ちどり連です sign05 

2010_0807_195143dsc_2901

sign05 

2010_0807_195136dsc_2900

sign05 

2010_0807_195312dsc_2909

sign05 

2010_0807_195232dsc_2907

sign05 

2010_0807_195657dsc_2919

sign05 

2010_0807_195724dsc_2922

sign05 

2010_0807_200100dsc_2928

sign05 天水連 sign05 

2010_0807_200329dsc_2934

sign05

2010_0807_200555dsc_2942_2 

sign05

2010_0807_200719dsc_2946

sign05

2010_0807_200822dsc_2951

sign05

2010_0807_200845dsc_2955

sign05 にわか連 sign05 

2010_0807_201138dsc_2960

sign05

2010_0807_201225dsc_2962

sign05 ひより連 sign05 

2010_0807_203407dsc_2996

******

遠くには出かけられない夏でしたが、近くをcarで走ってみれば、まだまだ知らないところばかり。母の入院中も含めて、近場でちょこちょこ結構楽しい夏を過ごしています。

暑い暑い言いながらも8月も半ばを過ぎて、幾らか秋近しの風情も漂い始めました。あと少し、暑さに負けないように乗りきりましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は「終戦記記日」

2010.08.15(日)今年で65回目を迎えた終戦記念日。

8月に入ると、連日のように戦時中の記録やドラマなどがテレビでも放映されているようで、中々全部を観る事も出来ないが、夫が毎年、戦時の記録を録画して焼きこんだDVDが増えてゆく。今年は若者達がドキュメンタリーを観ながら、トークで参加する番組もあるようで、時折画面を見て、こうして戦時の事を知り、考え、語り合う中で、戦争の悲惨さに涙する若者達の姿を見るにつけ、今時の若者なんてといいきれない様子を知ることができる。

戦争は無益であり、悲惨で不幸だ。2度とあってはならない人間の犯した愚行と思うのに、世界では、まだまだ戦いの火が消えないところもあり、世界中が一つになって平和な世の中を希望する事は出来ないでいる。原爆の悲惨さを知る日本。核を持つことによって国の威信を誇示しようとする国もあり、次に愚かな戦争が起これば、地球規模で滅びてしまうと言う恐ろしさを、世界じゅうの人間が、あまねく共有できる日がいつかは来るのだろうか。

   event 地域のお祭り event 

2010_0806_184801dsc_2860

6日の金曜日と翌7日は、地域の幼稚園で地域の盆踊りが開催されていた。

2010_0806_183223dsc_2844

祭り囃子は幾つになってもこころが弾む。

2010_0806_183617dsc_2848

まだ時間が早いせいか、踊り手さんが少ないので、

2010_0806_183338dsc_2846_2

縁日の様子を見物。懐かしい駄菓子やかき氷などが売られている。

2010_0806_183554dsc_2847

まだまだ暑い夕暮れ時、「かき氷下さ~い

2010_0806_183132dsc_2841

何といっても一番人気は焼き鳥。焼き台の後ろには長蛇の列でした。美味しそうなにおいが煙とともに流れてきました。

2010_0806_184411dsc_2852

金魚すくいならぬ、スーパーボールすくい、これも100円。沢山すくえても5個までだそうな。

2010_0806_184902dsc_2864

地域のお祭りはまだまだこれから、近隣から会場に向かう人たちの姿が沢山見られました。

明日は〝送り火”、お盆中の今日明日も各地で盆踊りが開かれていることと思う。毎年欠かさずに開催されるような、平和な日々が続いてゆくことを祈らずにはいられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓参り

2010.08.14(土)cloud今朝は曇りがちの天気が幾らかしのぎやすいかなと思っていたらsunが顔を出したり、又暑くなりそうsweat02

盆入りの昨日は、お天気が心配だったけれど父の墓参りに。昼食は近くでお蕎麦を食べることにして、急ぎ夫用の蕎麦汁を作り、冷まして瓶詰め。

2010_0813_135257dsc_3136

お天気が良ければ、帰りに寄れればと思っていた座架依橋下に広がるひまわり畑は満開の花。走る車からよく見えたのでパチリ!結構沢山の見物客の姿も見える。

2010_0813_135915dsc_3140

国道129号に出て、厚木方面に向けて走ると、こんな建物が見える。墓参の折、昔はきれいな建物の病院で、ここが見えると、車はすぐを左手に曲がるという目印だった。今では別の意味で有名な厚木山際病院。その後廃院となったまま廃墟となり、心霊スポットとしても有名だそうだが、無人の病院建物の外壁は年々落書きが多くなっている。一体どの位置から書いたのだろうか。最近になって厚木市が落札し、取り壊して公園として整備するというニュースを読んだので、今回が見納めとなるかもしれない。

左折した道を車で走る。反対車線は墓参帰りの車が多いのか、結構混んでいた。広大な山の斜面に造られたメモリアルパーク。母が行かれなくなって、4年位になるだろうか。着いた途端に雨がパラパラ。父の好物のお酒はワンカップを供えてお参り。

2010_0813_143648dsc_3146

お参りを済ませて、戻るころに驟雨となった。休憩所入り口で雨脚が落ち着くのをしばらく待つもすぐにやみそうもなく、車に戻る。

2010_0813_154712dsc_3176

帰り道の道路に出て、一番最初のお蕎麦屋さんに。

2010_0813_151957dsc_3159

外は大粒どしゃぶりの雨。

2010_0813_152259dsc_3163

蕎麦好きの夫が外のお蕎麦を食べなくなって久しい。昨年大山に行った折に蕎麦汁持参で食べた手打ちが、余りに美味しかったので今回も汁と蕎麦ちょこ持参でお蕎麦屋さんとなった。手打ちのお蕎麦がしこしこと美味しい2段重ねのお蕎麦、夫の一段分は後から多分打ち立てが湯がかれて到着。久し振りの蕎麦湯も美味。天ぷらは、特に人参や野菜の天ぷらが実においしく、海老やイカよりもご馳走で満腹でしたdelicious 

天ざると、のりも駄目な夫は天せいろがのりぬきとのことで50円お安い。昆布ものりもその他、好物だった食品が持病の薬の効き目を抑えるというので、制限し始めてすでに7年が経つ。

2010_0813_154637dsc_3171

もみじが風情を添えて

2010_0813_154648dsc_3172

我が家のとはちょっと違うけど、瑠璃祭りのように見える。雨降りの店先でしっとりと咲いていた。

2010_0813_155025dsc_3179

駐車場入り口に咲くひまわり

2010_0813_155056dsc_3182

雨の為、ひまわり畑に寄れなくなったので、パチリ!

2010_0813_155657dsc_3183

国道129号に出るまでの道路沿いには面白いお店や看板がこの20年位の間に随分増えている。そのうちの一軒の看板。

2010_0813_162055dsc_3184

座架依橋を渡り、座間市内を走ると、立派な長屋門に土壁が見えて急ぎパチリしたら、雨粒だらけのウインドーばかりがsweat01 雨粒写真ですcoldsweats01

2010_0813_162324dsc_3185

前方には立派な土蔵もあって

2010_0813_162328dsc_3187

その先には火の見櫓が立っていた。雨の日の写真はモノトーンに近くなって、何だか懐かしい景色。走る車内から映す写真は、ぶれたりしますが、面白いものを見つけた時は、楽しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏の日々のアクシデント!

2010.08.13(金)sunシュワシュワシュワ、シュワシュワシュワ、ミーンミーンと蝉しぐれ。シュワシュワシュワを聞くと何だか気ぜわしくなってくる。盆の入り。幾らか暑さが和らいだ気がする室内は29度。

   sign04 又々、sign04 

2010_0812_131948dsc_3103_2

sign04 

2010_0812_132023dsc_3106

今年の青虫は妙に夫に懐いているようで、草花の水やり中にズボンの裾にでもついたのか、室内までお伴してきたようで。水やり後、一息入れながらミシェル・カミロのスペインを聴いている最中に膝の上で甘えている青虫を発見,「何だ!これは!」見ればお馴染の青虫君。夫の膝の上で悠々と動き回っている。

2010_0812_132343dsc_3123

夏の青虫君はラテン系ジャズもお好きなようで、“ベサメ・ムーチョ”を一緒に聴き惚れてジャケットまで眺めているeyesign02  

2010_0812_132033dsc_3107

テラスの葉を食い荒らす困りものの青虫君だけれど、眺めていると実に楽しく可愛らしい。蝶になるのか蛾になるのかは分からないけれど、自由自在に動き回り、夫の膝は運動場happy01 

   clover 桜台公園 clover 

2010_0811_172130dsc_3092

clover  

2010_0811_165850dsc_3042

公園内の池は夏休みの子供達の格好の遊び場。

2010_0811_170107dsc_3046

clover 

2010_0811_170607dsc_3060

clover 

2010_0811_170314dsc_3052

clover 2羽の鴨が鳥籠でくつろいでいた。

2010_0811_170713dsc_3065

clover 

2010_0811_170817dsc_3071

clover お目当ては見つかったかな?

2010_0811_171129dsc_3077

水辺の遊びが楽しかった子供のころを思い出す。鬱蒼とした木々を裏手に控えた池のある公園の夏は蝉しぐれの中で、子供達が思い思いの水辺の生き物を飽きずに探す場所。横浜市青葉区桜台42番地。東急田園都市線青葉台駅からも近いようだ。駐車場が無いのがちょっと残念で、小高い丘まで登る時間が無かった。春は見事な桜が咲くという。

carouselpony公園と言えば、我が家の前の公園の遊具がやっとお目見え。

2010_0812_164006dsc_3125

carouselpony 母の見舞いの帰りに、公園内を通って帰宅しながら工事中の遊具見物。

2010_0812_164013dsc_3126

今度はどんな遊具が出来るのかしらと、ちょっぴり期待し楽しみにしていたけれど、何のことはない、従来と同じ滑り台とブランコが出現したので、何だかがっかりthink 結構な日数と金額がかかった割には、定番中の定番という全く代り映えがしない改修なんて、ちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母退院して施設に帰る。

2010.08.12(木)typhoon4号の影響で、今朝は風が強い。風が強すぎて窓を開けるのもはばかられ、久しぶりに朝からエアコンのお世話になっています。

7月27日の入院から16日目の昨日午後2時、母が退院となった。暑い中、施設の介護用の車が迎えに来て下さって、母だけ一足先に施設に戻り、入院時の会計などを済ませ退院証明書や施設主治医への病状を報告する書類などを受け取り、急ぎ施設に行く。

自室のベッドにすでに横たわる母は、骨折前よりやせて顔が一回り小さくなったような。スタッフのみなさんや看護師の方、相談員の皆さんが駆けつけて下さり室内は賑やかになった。

母はとても嬉しそうな様子。到着後すぐに熱を測ったら8度近い熱があったということで、すでに氷枕と熱さましが処方されていた。家庭では出来ないようなスピーディな対応が心から有難い。介護カーでのお迎えも心強い。まだ足の痛みもあり、一人で立つことも、トイレを使うこともできない母が安心して帰れる場所があり、温かく迎えて下さるスタッフの皆さまに感謝の念が絶えない。入院中の食事のことなどをスタッフと簡単に打ち合わせ、母を疲れさせないように部屋を出て、リビングに行けば、入所中の先輩の方々からも「退院出来てよかったよかった、ここでみんなで一緒にいれば大丈夫よ」と心強いお言葉まで頂き胸が熱くなった。

次の予定の為に、廊下に出ると当施設の入所に至る最初からのベテラン相談員の方がついてこられて、「よかったですね」と挨拶を交わしているうちに「実は、私今月一杯で退職することになりました。お会いしないまま居なくなってしまうのも失礼かと思いまして」と私達の到着を待っていてくれた様子。すでにもう有給などの消化でお休みに入っておられたのかもと思い至り、土曜日にお会いして、母の退院を「早い方がいいですね」と力強くおっしゃって下さったその時のことや、春、母の一人暮らしが突然決まって、最初に訪ねた施設での面談の時から力強い言葉や行動で励まして下さり、昨日でさえも「ご家族が必死でいらした、一生懸命!こんなに早く入所が出来たのはご家族のご様子もありますよ」とおっしゃってくださり、ご自分のことなどどこにもない。けれど、彼女のお陰でどれほどお世話になり、勇気づけられたかと思うと不覚にも涙が出てしまい、思わず彼女と手を取り合っていた。有能な彼女は次の職場も決まっているようで、もっと大きなステージが待っているかもしれない。むしろ喜んで差し上げるべき時に、べそべそしていた自分が今は恥ずかしく反省。

介護は誰にとっても大変なことであるなか、こうした施設の方々の心遣いやアドヴァイスがどれだけ身内の介護をする者の心を勇気づけてくれるかは、これまでも経験してきたことだし、何人かの担当の方たちとのお別れも経験してきた。ベテランの彼女の今後がますます多くの介護に係る家族への励ましの姿であり続けますように、今は願うばかりです。

2010_0811_142657dsc_3030

入院中、ほぼ毎日通った病院駐車場から、晴れ渡った青空を見る。ここから見る広い空や大山、夕暮れの景色も当分見納めとなる。母の体調に変化が見られなければ、次はいつ来ることになるだろうか。半年後の検査は施設側で連れてきて下さる事になった。

2010_0811_153326dsc_3036

施設の庭に咲く向日葵。

2010_0811_153300dsc_3035

青空はどこまでも青く、真っ白の雲がちぎれながら足早に流れ、夏が往く。

  car 用事を片づけながら car

2010_0811_171200dsc_3078

幾つかの用事を片づけながら、気晴らしのドライブ中、大きな公園があったので覗いてみた。自然豊かな公園の入り口付近、蝉しぐれが賑やか。一歩入ってしばらく歩くと低い木々の枝に、今年初めてのご対面、蝉の抜け殻が幾つか。

2010_0811_171459dsc_3083

抜け殻となっても必死に枝にしがみついている。

2010_0811_171512dsc_3084

sign04 

2010_0811_171529dsc_3085

sign04 

2010_0811_171549dsc_3087

頭の方からもパチリ!

そういえば今年は昨年のような蝉の来訪が無く、先日一度だけ、鳴き声も聞かせない油蝉が来ただけ。幼虫を夫に見せた時に、「油蝉の幼虫だな」と言った夫の言葉があるので、あれはきっと我が家のプランターにいた幼虫が無事に孵って姿を見せたのだと一人勝手に思っている。

2010_0811_171621dsc_3089

桜台公園の中は夏休みを過ごす子供達にとっての楽しい自然がいっぱいあった。続きは次回に。

2010_0811_172117dsc_3091

公園近くの車の中から見た空。

2010_0811_173717dsc_3097

今年は、広い大空がとてもいいお友達になりました。空を見上げていると心も少し広がるような無限の力を感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東林間阿波踊りその2

2010.08.10(火)今朝方のrainが上がり晴れ間も出てきた。途端に賑やかな蝉しぐれ。若く元気な蝉の求愛の声がひと際高らか。今日も又暑くなりそうな・・・・sweat02

  event 小六連(高円寺) event  

2010_0807_193858dsc_2876  

sign05 

2010_0807_193910dsc_2877

sign05 

2010_0807_193930dsc_2878

sign05 

2010_0807_194010dsc_2879

sign05

2010_0807_194015dsc_2880

sign05

2010_0807_194059dsc_2883

sign05 

2010_0807_194110dsc_2884

sign05 

2010_0807_194118dsc_2885

sign05

2010_0807_194136dsc_2886

sign05 

2010_0807_194137dsc_2887

sign05 

2010_0807_194245dsc_2891

sign05 この姿勢を保つのは結構きつそう・・・、

2010_0807_194251dsc_2892

sign05頑張って 

2010_0807_194308dsc_2893

sign05 頑張って、

2010_0807_194358dsc_2894

sign05 緊張が解けるとみんなの踊りが賑やかに、

2010_0807_194406dsc_2895

sign05 

2010_0807_194414dsc_2896_2

sign05 気合の入った最後はひと際にぎやかに

2010_0807_194425dsc_2897

sign05 

2010_0807_194439dsc_2898 

sign05 「ありがとうございました」と退場口近くではどの連も礼儀正しくご挨拶されます。「ありがとう~」「お疲れ様でした~」観衆からもひと際大きな拍手とお礼の言葉が飛びます。激しい踊りの後なのに、爽やかな空気を残して退場です。

阿波踊りは地元の連と各地からの応援の連が、それぞれの趣向をこらした演技をみせてくれるので、いつ見ても楽しい。「小六連」さんは高円寺からのようで、今年も都合がつけば高円寺の阿波踊り(8月28日・29日)も行きたい気分になっていますが、heart04  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東林間「阿波踊り」は今夜まで!

2010.08.08(日)cloudチョッと太陽が陰りがちなだけで、朝から過ごしやすく休養日には持って来いの日曜日。

一昨日、母の担当医師との面談で、抜糸が済み,リハビリも続けているけれど、当面の目標であった車椅子に座れるところまでは到達し、これ以上良くなるかもしれないが、すぐにという保証は必ずしもないので、退院の予定を施設と相談して早い退院も可能との術後の経過説明を受けた。翌日午前中に施設の担当の方を訪ねて相談、車椅子への移動は介助を必要とするけれど、施設受け入れはOKとなり、その日までに問題が無ければ水曜日に施設の介助車で母を病院に迎えに行き、退院となることが決まった。まだ早いかなという不安な気持ちもあったけれど、経験豊かな施設の方の「早い方がいいですね!」という力強い一言で、退院した方が母の為になるという思いに変わった。

夕方母を見舞い、様子を見ていると、施設にいた時のような活気が失せかけ始めているような気がしないでも無く、やはり退院してお友達の居る施設に戻る方が母の為という思いが更に強まる。同室で仲良くして頂いた奥さまも月曜日には退院とのこと。毎日夕食時に来られる旦那様とも話が弾み、しばし和やかなおしゃべりタイム。「今夜は厚木の花火に、座間キャンプでも花火大会ですよ」と教えて下さった。そういえば東林間では阿波踊り。母の様子に疲れも見えてきたので、「また明日ね」

2010_0807_185538p1100279

病院の帰り、車内から見る空は、真っ赤な夕日が刻々と変化して美しい。

2010_0807_190923p1100280

昨日も、地域のあちらこちらで盆踊り。一昨日は近くの盆踊りを病院帰りにしばらく見物してきた。さて、厚木も座間キャンプも少し遠いので、中央林間に車を止めて一駅先の東林間サマーわぁ!ニバルの阿波踊りを、ちょこっと覗いて帰ろうということに。

 event 阿波踊り event 

2010_0807_202743dsc_2986

sign05 途中から退場口近くに座りこんでパチリすることが出来ました。“ひより連”入場

2010_0807_202811dsc_2988

sign05 阿波踊りは活気に溢れ、笛やかね、太鼓に三味線、そして「やっとやっとやっとな~」の掛け声を聞いているだけで、元気がみなぎってくるようです。

2010_0807_203729dsc_3002

sign05 全身のエネルギーがこの踊りの為に込められて、連のみんなの身体が躍動し,踊ります。

2010_0807_195510dsc_2913

sign05 このリズムを一たび聞いてしまったら国籍を問わず、・・・・、素敵な笑顔で見事に踊っていらっしゃったheart04

2010_0807_194442p1100282

sign05 〝ちどり連”入場

2010_0807_194448p1100283

sign05 勇ましい!

2010_0807_194533p1100286

sign05 

2010_0807_195847dsc_2925

sign05 “七福連”女踊りの足さばきも美しいsign01 

2010_0807_200315dsc_2933

sign05 車椅子でも楽しめる地域の祭り。

2010_0807_200118dsc_2929

sign05 “七福連”この阿波踊りのお囃子のリズムには狂います!もはや日本のJAZZnotesign03

2010_0807_200512dsc_2940

sign05〝天水連”の女踊り この間に男踊りはしばしの休憩を

2010_0807_200823dsc_2952

sign05 〝天水連”男踊りは勇壮で、

2010_0807_201108dsc_2957 

sign05 飛び入り参加自由の“にわか連”

2010_0807_201235dsc_2964

sign05 〝踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん~”

2010_0807_201617dsc_2969

sign05 子供達も負けずに踊ります。「そぉ~れ~!」

2010_0807_202537dsc_2984

sign05 おどりっこ“舞龍連”

2010_0807_202340dsc_2979

sign05〝舞龍連〝の踊りからも元気を一杯いただきました!

かって亡くなった者への弔いの心から踊り始めれたという徳島生れの阿波踊り。今では全国各地で、こうした阿波踊りが踊られている。年を追うごとにその踊りの技術も高まり、見るものの心を奪う素晴らしい夏の祭りとして楽しむことができるようになってきた。今では各地で本場徳島まで行かなくても、本場の踊りと同じように楽しむことが出来る。小田急江の島線東林間の駅を降りれば、すぐそこに、今宵も阿波踊りの熱気が待っています。

8月7・8日開催 阿波踊り17:30~21;30

| | コメント (5) | トラックバック (0)

暑い日が続くので今日は休養日!

2010.08.05(木)sun 

2010_0805_114937dsc_2824

朝から青空、午前中窓から見た外の様子は溶けそうな位暑そう。幸い風があり良く通り抜けてくれるので室内にいれば何とか過ごせそう。午前中母の入院する病院から電話があり、担当医から経過説明をしたいということで、明日PM5:00に約束。今日は見舞いに行けない旨伝えて休養日に。連日の病院通いも結構疲れるので、今日は風通しのよい家の中でのんびり昼寝までして休養。空いた時間は夫の使うPCの不調をいじってみたり。予定の無い日でないと出来ないことを幾つか。

2010_0804_183631dsc_2819_2

昨日母の夕食の介助をしてから病院を出たところで見えた大山上空。夕焼け色の雲がきれいだった。

2010_0804_183718dsc_2821

神奈川は空が広い。この山懐に抱かれたこの場所から夕暮れの景色を眺めるのが、楽しみのひとつになった。

2010_0804_165539dsc_2818

夕焼け前の一瞬。夕暮れの景色はあっという間に変化する。

2010_0803_171225dsc_2792  

一昨日行った向日葵畑の前にある野菜畑のトマト。美味しそうに実っていました。市民農園のようです。

2010_0803_170303dsc_2759

美味しい赤紫蘇ジュースの原料はひまわり畑の近くに。つやのある葉が見るからに美味しそう。

2010_0803_171246dsc_2793

赤紫蘇を囲む野菜は何かしら?

2010_0803_170057dsc_2750

人慣れした可愛い小鳩ちゃん。

2010_0803_171402dsc_2799

小さなトマトでしょうか。首飾りのようにさりげなくかけられていました。小鳥たちのためかしら?

2010_0803_171434dsc_2801 太陽の恵みを受けて、作物が実っている。トウモロコシも天に向かって育ちゆく。自然って、なんていいんだろうlovely 年々歳々こうした自然の中にいる事が心地よくなってゆく。

2010_0803_171348dsc_2798

畑の隅に植えられていた花は百日草かしら?

一日のんびりできたので、明日は元気な顔で母の顔を見に行けそう。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ひまわり祭」

2010.08.04sun 今日も青空夏空、あの猛暑に慣れると、屋内で30度からわずかに1度下回るだけで、吹き抜ける風と共に涼を感じるのが不思議。しかし、、、外の太陽の下はもろに暑そう。

   event 不思議といえば sign02 

2010_0803_165815dsc_2742

ステージを見上げる観客は向日葵sign02 

2010_0803_165726dsc_2739

向日葵を見に来たら、

2010_0803_170707dsc_2778

向日葵の大群に見つめられるのは人間なのだと、ステージに上ってみてわかったeyesign03

2010_0803_170500dsc_2767

向日葵の波が、押し寄せるように揺れる。

2010_0803_170559dsc_2772

ステージ上からは見渡す限りの向日葵。

2010_0803_170225dsc_2757

赤紫蘇畑の赤紫蘇さんにも丁寧にごあいさつheart04 向日葵さんって、とても愛想良しのお花。

2010_0803_170835dsc_2782

夏の太陽に負けないくらい大輪で、色だって太陽に負けないくらい燃えている。

2010_0803_170905dsc_2784

花達は仲良しで、向日葵語で語り合っているような。

2010_0803_170925dsc_2785

真夏の象徴のように

2010_0803_170837dsc_2783

高々と育ち、おおらかな心根に導いてくれる当市の花は、様々な用途に役立っている。

ひまわりの花びらから酵母を取り出しビールが造られたり、市内の相武台東小学校の生徒達のアイディアに寄り、ひまわりを収穫してキャンディーにしたり、茎から繊維質を取り出して和紙を作ったり、ひまわり油をバイオ燃料に変えて、トラックを走らせてみたりと、先の小学生達のアイディア、種まき、草取りなどの協力のもと、座間市の町おこしの為に、市の花ひまわりの有効利用が考えられている。(読売新聞地方版記事より抜粋)

2010_0803_171013dsc_2787_2

座間市内を車で走ると、あちらこちらに向日葵の花が丈高く咲き、風に揺れている様がみられ、何だかとても大らかな気持ちになれる。そしてこの季節のひまわり畑は一面に揺れる花が、看板に寄れば55万本とか。市内には何ヵ所かのひまわり畑があり、向日葵の群生を見ることができる。

2010_0803_171631dsc_2805

向日葵畑の外に出て、

2010_0803_171700dsc_2806

百日紅と向日葵ののコラボを楽しみながら、駐車場に向かいます。母が入院する病院への通り道にあってくれたので、今年は丁度いいときに立ち寄れて良かった~。昨年は花の盛りを少し過ぎていたようで・・・・。

 hospital 向日葵畑の次は病院に行き、母の夕食介助。前日は余り機嫌が良くなくて食も進まなかったが、昨日は昼寝もしっかり出来たのかご機嫌よく、何とか半量程のおかゆとおかずを食べてくれました。「もう何も食べられない」と言いながら、持っていった羊羹を見ればしっかりもぐもぐdelicious 明日のリクエストは西瓜がいいとというので、次はスーパーへ。

2010_0803_183300dsc_2811

病院の外に出れば、昨日も大山の向こうに太陽が沈みかけている時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常泉寺の百合と石仏

2010.08.03(火)sun 今日もアツイ~、明日も明後日も軽く30度超えの予報が出ております。熱中症で亡くなる方の数が又増えているようで、暑さ位でそんなに人の命が簡単に奪われてしまうのかしらと思いながら、最近は50歳前の方がトイレで亡くなられたというニュースも聞きました。そういえば、今年はトイレが異常に暑いと感じます。日をまたいで2度ほど気分が悪くなりかけた事もあり、特に窓の無い我が家のようなトイレは危ないかなと思い始めました。二人っきりの家族なので、恥も外聞もなく夏はドアを開けたままにすることにしましたよcoldsweats01  

2010_0802_182857dsc_2720_2

昨日夕方、母の食事介助の為病院に行き、食後の母のwheelchairを押しながら談話室まで行くと、真丸の大きな太陽が今にも沈むところでした。慌ててカメラを取り出すも間に合わず沈み始めてしまいましたが、素晴らしいショータイムでした。 

2010_0802_182925dsc_2723ほんの数分の短い間のことでした。2010_0802_182923dsc_2722

sunこの陽気では外に出る気も起きませんが、窓を開け放てば風がよく通る日です。

2010_0803_114514dsc_2734 

今日は澄み切った青空に真っ白い雲がゆったりと流れてゆきます。こんなお天気でも帽子もかぶらずに外に飛び出し叱られていた子供の頃が懐かしいです。

2010_0803_112942dsc_2733

公園では、この熱い太陽の下で、新しい遊具の土台が朝から作られています。ご苦労様です。

   clover 7月26日大和市常泉寺にて clover 

2010_0726_150131dsc_2335

百合の花に囲まれて、石のお地蔵さんは今日も涼しげにしておられるかしら?

2010_0726_153424dsc_2415

今日も太陽は照りつけているだろうなぁ~sweat02 

2010_0726_152930dsc_2405

羅漢様は今日も暑そうにお過ごしかしら?

2010_0726_154544dsc_2463

ピンクの百合も日差しをよけてきれいに咲いているかしら?

2010_0726_153557dsc_2420

鬼百合の名にふさわしく力強い美しさを持った百合が境内のあちらこちらに咲いている。

2010_0726_150021dsc_2331

この日この境内で母が足の付け根を骨折したという連絡を受けたのでした。早いもので、もう一週間以上経ってしまった。今週末には術後の抜糸が待っている。

  *****

「花のお寺 常泉寺」

神奈川県大和市福田2176 046-267-8789

拝観料 高校生以上300円 中学生以下150円

拝観時間

◆開門 午前9時
◆閉門 午後5時(入場は4時まで)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京から弟達が母の見舞いに。

2010.08.02 cloud 気温30度でも日差しが無く,風があるので幾らか涼しく感じる。早くも8月に入り2日目。今年の夏はとりわけ短く終わってしまいそうな気がする(我が家にとって)

bud

2010_0730_082556dsc_2591

何の手入れもしないのに、ミニ薔薇がこうして咲いてくれる。

2010_0730_082704dsc_2595

イネ科の植物「風知草」の先に今年は沢山の花が咲いた。花というには少し地味ですが。

2010_0801_082307dsc_2690

今年はやられましたthink 一昨日の午後洗濯ものを取り込むために外に出ると、何だかわしわしというような独特の小さな音が聞こえて、もしやと目を凝らすと、くちなしの葉が減っているではありませんか。よーく目を凝らすと歓迎しがたいお客様のようです。大きな青虫が一匹、小枝にしがみつき我が家のくちなしの葉をわしわしわしわし食べています。慌てて割りばしでつまんで、取り除きました。夕方又用があって出て見ると、葉がさらに減り、今度は3匹も、翌日はまたまた2匹とcoldsweats02 生き物は殺生するわけにいかないので、割りばしで取り除き処理しましたが、

2010_0801_082301dsc_2689

我が家のくちなしだって生き物なのに~sweat02最後の花が終わった途端に青虫の襲撃にあい、無残な姿に。新しい葉が芽吹きますように、青虫は草むらに逃がしましたが、どうしたかは定かではありません。もしかしたらきれいな蝶になるかも知れませんが、蝶になったら遊びに来てほしいものです。しかし食欲旺盛で、小さな鉢の硬いくちなしの枝などあっという間に丸裸になってしまいます。

hospital 

昨日日曜日は、母の見舞いに弟夫婦と甥が来てくれて、駅まで迎えに行き5人で母の病院に。

2010_0730_164607dsc_2609

病室のドアが閉じられているので、10分ほど談話室にて待つことに。

2010_0801_153337dsc_2705    

母が3月末に渋谷の実家を出て、神奈川に来て以来の長男達との対面「私の可愛い息子ですもの」と母はたいそう嬉しそうな様子でした。一緒に暮らせば、双方にストレスもたまりますが、いざ別居してみれば、やはり実の親子です。わだかまりなくしばしいい時間を過ごすことが出来ました。その後は母のお世話になる施設まで車を飛ばし案内。母の部屋をみんなに見てもらうと、気になっていた母の様子がよくわかったようで、弟達も安心出来たようでした。この日も母の食は細いと聞いて、食事時間にもう一度私達が病院に戻ることになったので、施設の帰りみんなを車で駅まで送り、もう一度病院に向かいました。

2010_0801_171429dsc_2709

食事の時間にはほんの少し早そうなので、途中にあるコンビニに寄り、夫はあんぱんを私は冷たい小豆バーでおやつタイム。駐車場から見えたノウゼンカズラ。

2010_0801_172846dsc_2711

コンビニの駐車場の角地にお地蔵様がいらっしゃいました。ふくよかなお顔に赤い装束がとてもよくお似合いで、奉納されたものでしょうか、千羽鶴がとてもきれい。暑いので冷たいジュースも供えられていました。都会と違って、この辺はあちらこちらに、こうしたお地蔵さんの姿を見る事が出来ます。

ドアの開いた病室前につくなり、中から母の声で「お帰り~」という声が聞えましたcoldsweats01 一度目に来たときに常食をお粥ときざみ食に変更をお願いしておいたので、その通りの食事が運ばれてきて看護婦さんが食べさせてくれていましたが急いで交代。日曜日は少ないスタッフが掛け持ちのようで、同室のおばあちゃんの旦那様も食事のお世話に来られていました。母の鼻にはまだ酸素吸入のチューブがさしこまれたまま、自分で痰を出すこともできず咳込みながらの食事なので、食欲が減退してしまうようで、持参のお菓子も余りほしがらず、それでも夫と二人がかりで、「早く退院するためだから」と言いながら何とか半量程はお腹に納めることができました。昨日は非常に意識もしっかりしていて、弟達が来た時も食事の時間も、話が何時になく明晰で「さっきは5人だったわね、今は二人?」とか、一日の様子をよく把握しているのが、ちょっと嬉しいことでした。

 restaurant 

それにしても、暑い中の行き帰りを車とはいえ、少々疲れてしまいました。余り外食をすることは無いのですが、手を抜かないと又参ってしまうと困るので、丁度連絡の取れた息子親子と又々ファミレスで落ち合い食事をすることになりました。

2010_0801_193549p1100260

先日娘も含めて落ち合ったロイホスで、その時と同じメニューを。野菜のゼリー寄せがさっぱりして美味しいので。きれいな形をくずしてしまいましたが、

2010_0801_193556p1100261

この味中々いけます。

2010_0801_193925p1100262

そして暑い夏はカレーです。サフランライスに海老などが入った甘めのカレーでした。外の食事は美味しいのですが、自宅のものよりカロリーが高いので、早く平常の生活に戻りたい所です。

今日は朝から公園工事の音がやかましくテレビの音も聞き取りにくいけれど、今月一杯の辛抱です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »