« 東林間阿波踊りその2 | トップページ | 夏の日々のアクシデント! »

母退院して施設に帰る。

2010.08.12(木)typhoon4号の影響で、今朝は風が強い。風が強すぎて窓を開けるのもはばかられ、久しぶりに朝からエアコンのお世話になっています。

7月27日の入院から16日目の昨日午後2時、母が退院となった。暑い中、施設の介護用の車が迎えに来て下さって、母だけ一足先に施設に戻り、入院時の会計などを済ませ退院証明書や施設主治医への病状を報告する書類などを受け取り、急ぎ施設に行く。

自室のベッドにすでに横たわる母は、骨折前よりやせて顔が一回り小さくなったような。スタッフのみなさんや看護師の方、相談員の皆さんが駆けつけて下さり室内は賑やかになった。

母はとても嬉しそうな様子。到着後すぐに熱を測ったら8度近い熱があったということで、すでに氷枕と熱さましが処方されていた。家庭では出来ないようなスピーディな対応が心から有難い。介護カーでのお迎えも心強い。まだ足の痛みもあり、一人で立つことも、トイレを使うこともできない母が安心して帰れる場所があり、温かく迎えて下さるスタッフの皆さまに感謝の念が絶えない。入院中の食事のことなどをスタッフと簡単に打ち合わせ、母を疲れさせないように部屋を出て、リビングに行けば、入所中の先輩の方々からも「退院出来てよかったよかった、ここでみんなで一緒にいれば大丈夫よ」と心強いお言葉まで頂き胸が熱くなった。

次の予定の為に、廊下に出ると当施設の入所に至る最初からのベテラン相談員の方がついてこられて、「よかったですね」と挨拶を交わしているうちに「実は、私今月一杯で退職することになりました。お会いしないまま居なくなってしまうのも失礼かと思いまして」と私達の到着を待っていてくれた様子。すでにもう有給などの消化でお休みに入っておられたのかもと思い至り、土曜日にお会いして、母の退院を「早い方がいいですね」と力強くおっしゃって下さったその時のことや、春、母の一人暮らしが突然決まって、最初に訪ねた施設での面談の時から力強い言葉や行動で励まして下さり、昨日でさえも「ご家族が必死でいらした、一生懸命!こんなに早く入所が出来たのはご家族のご様子もありますよ」とおっしゃってくださり、ご自分のことなどどこにもない。けれど、彼女のお陰でどれほどお世話になり、勇気づけられたかと思うと不覚にも涙が出てしまい、思わず彼女と手を取り合っていた。有能な彼女は次の職場も決まっているようで、もっと大きなステージが待っているかもしれない。むしろ喜んで差し上げるべき時に、べそべそしていた自分が今は恥ずかしく反省。

介護は誰にとっても大変なことであるなか、こうした施設の方々の心遣いやアドヴァイスがどれだけ身内の介護をする者の心を勇気づけてくれるかは、これまでも経験してきたことだし、何人かの担当の方たちとのお別れも経験してきた。ベテランの彼女の今後がますます多くの介護に係る家族への励ましの姿であり続けますように、今は願うばかりです。

2010_0811_142657dsc_3030

入院中、ほぼ毎日通った病院駐車場から、晴れ渡った青空を見る。ここから見る広い空や大山、夕暮れの景色も当分見納めとなる。母の体調に変化が見られなければ、次はいつ来ることになるだろうか。半年後の検査は施設側で連れてきて下さる事になった。

2010_0811_153326dsc_3036

施設の庭に咲く向日葵。

2010_0811_153300dsc_3035

青空はどこまでも青く、真っ白の雲がちぎれながら足早に流れ、夏が往く。

  car 用事を片づけながら car

2010_0811_171200dsc_3078

幾つかの用事を片づけながら、気晴らしのドライブ中、大きな公園があったので覗いてみた。自然豊かな公園の入り口付近、蝉しぐれが賑やか。一歩入ってしばらく歩くと低い木々の枝に、今年初めてのご対面、蝉の抜け殻が幾つか。

2010_0811_171459dsc_3083

抜け殻となっても必死に枝にしがみついている。

2010_0811_171512dsc_3084

sign04 

2010_0811_171529dsc_3085

sign04 

2010_0811_171549dsc_3087

頭の方からもパチリ!

そういえば今年は昨年のような蝉の来訪が無く、先日一度だけ、鳴き声も聞かせない油蝉が来ただけ。幼虫を夫に見せた時に、「油蝉の幼虫だな」と言った夫の言葉があるので、あれはきっと我が家のプランターにいた幼虫が無事に孵って姿を見せたのだと一人勝手に思っている。

2010_0811_171621dsc_3089

桜台公園の中は夏休みを過ごす子供達にとっての楽しい自然がいっぱいあった。続きは次回に。

2010_0811_172117dsc_3091

公園近くの車の中から見た空。

2010_0811_173717dsc_3097

今年は、広い大空がとてもいいお友達になりました。空を見上げていると心も少し広がるような無限の力を感じます。

|

« 東林間阿波踊りその2 | トップページ | 夏の日々のアクシデント! »

介護」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

虫の世界」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

お母様の退院、おめでとうございます!
そしてchisa-pieさま、お疲れ様でしたconfident

ご家族が入院されていると、何かと煮詰まることも
多いですが、適度に息抜きもされて・・・
でも気持ちはお母様の事を、忘れることは無かったですよね。
そんなときに暖かい言葉をかけてもらうとweepになる
お気持ちわかりますよ~confident

投稿: kazu | 2010年8月12日 (木) 21時25分

kazuさん、ありがとうございます。

お陰さまで無事に退院してきました。
まだ少し熱が高めで、今日も見舞いに行くとぐっすり眠っているので、顔だけ見て帰ってきました。
確かに、何だか涙もろくなっている自分に驚かされています。意識しなくても気持ちへの微妙な影響があるかもしれませんねsweat02やたらに、うるうるしますweep

投稿: chisa_pie | 2010年8月12日 (木) 21時51分

お早うございます。今日は又猛暑日になりそうですねsweat01
お母様、早めに退院出来てよかったですね。楽しいお仲間や優しい介護の方達のいる施設の方がずっと回復も早いでしょう。
ご自宅の近くのこんなに行き届いた施設に入所出来たなんてお母様始めご家族の皆さまの日頃の行いのおかげですねsign03happy01

暑さの中にも秋の気配が漂い始めています。
chisa-pie様もお体に気をつけて下さいね。

大分遅れたコメントで申し訳ありません。coldsweats01

投稿: mayuza | 2010年8月15日 (日) 10時13分

mayuzaさま
こんにちは!
有難うございます。無事に退院出来て、
お仲間たちと、楽しく過ごしているようです。
当分、自由に動けませんが、家庭では出来ないような
介護を施設ではして下さるので、本当に有難いです。
9月には、施設の庭でお祭りまであるそうで、
今から楽しみにしているところです。

お孫さん達の楽しい
夏休みもあと半月になりましたね。event

朝晩は幾らか秋めいてきて、さすがの猛暑も慣れてきたのか、何とか過ごせています。
mayuzaさまもお大切にお過ごしくださいませup

投稿: chisa_pie | 2010年8月15日 (日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/49127940

この記事へのトラックバック一覧です: 母退院して施設に帰る。:

« 東林間阿波踊りその2 | トップページ | 夏の日々のアクシデント! »