« 母の入院 | トップページ | 母の見舞い後、「町田ジャズセッション」に向かう♪ »

母手術無事終わる。花の寺から教わったこと。

2010.07.29(木)rain久しぶりのお湿りに、さすがの暑さも一服。時折横殴りの雨が。めずらしく気温も30度を随分下回りしのぎやすいこと。

2010_0728_164017dsc_2540

昨日は風はあったが日差しも強く、それでも32・3度はあったろうか。写真ではボケているけれど、病院の談話室からは大山がくっきり見えていた。

朝に引き続き午後3時からの母の手術に間に合うように病院に。病院の入り口付近で携帯のベル。病院受付からで何事かと。「今行きます」と受付に行けば、直接手術とは関係のない用件だった。その件は後でということで、3階に上がると、母は手術室に入った後だった。息子と孫が先に来ていて母に会い、言葉を交わして付き添っていてくれたとのこと。仕事を終えた娘もきて、後は5人で待つだけ。親子4人に孫が一人、みんな忙しくなってしまい家族がこうして2日も続けて揃うなんてそうは無いこと。それはそれで有意義な時間が過ぎる。

2010_0728_163940dsc_2538

1時間20分ほど経ったころに、ナースステーションの方が賑やかになり、ドクターの姿も見えて、母が手術室から戻った様子。早速医師から手術後の説明があり、術後に撮影された映像で骨折した部分に金属の棒が埋め込まれ処置された様子が示された。術後の特別室に入った母は、まだ麻酔から覚めきれずあちこちから管が繋がれ、痛々しい様子、目を見開き何か話している様子、吸引中でも痰が詰まるのか聞き取りにくい。「お母さん、よく頑張ったわね」「おばあちゃんよかったね」とみんなで声をかけ、看護士さん達の後の処置の邪魔にならないように、後をお願いして引き揚げる。急な母の入院騒ぎですっかり疲れてしまい、前日に続き昨日も5人でファミレスでの夕食となった。親子が揃ってこんな風に過ごすことは何十年ぶりかしらと思いながら、そんなことも母の怪我のお陰かと。食後は全員車なので駐車場で解散。ぐったり疲れて帰宅となった。

夜は弟に術後の連絡など。昨日はしのぎやすい夜でお陰でぐっすり眠ることが出来ましたsleepy

 clover 大和の花の寺 常泉寺 の様子 clover 

2010_0726_153817dsc_2428

境内のあちこちに百合の花が沢山咲いている。観音さまの後方にも。以前から行ってみたかったお寺。近すぎていつでもと思っていた。鬼百合と水鉢の蓮が見頃との情報を得て、出かけてみて思わずもっと早く来ればよかったと思うほど素敵なお寺でした。

2010_0726_152042dsc_2383

蓮の花は午後にはしぼんでしまうけれど、鬼百合が見事に赤々と、踊るような姿で咲いていた。

2010_0726_151140dsc_2369

午後の蓮華はもうひっそりと蕾の姿に。

2010_0726_151037dsc_2363

花が終われば河童色のこんな姿に。

2010_0726_151430dsc_2372

迫力のあるお地蔵様達。授かった生を力強く全うしなくてはとしみじみ思います。

2010_0726_145621dsc_2312

2010_0726_145706dsc_2317

睦まじいお姿を入り口付近で。

2010_0726_152607dsc_2396

赤いよだれかけをかけたお地蔵さんは、あちらこちらに。

2010_0726_152532dsc_2395

ひっそりとしたお姿も。

2010_0726_152431dsc_2392

暑くて暑くてうだってしまったのか、水に入って涼しげなお地蔵さんも。

2010_0726_154352dsc_2455

仲良きことはうるわしきかな

2010_0726_154342dsc_2454

円は縁 円は和 仲良くすることなりと。そんなことを思い、踏みしめ、噛みしめながら歩く。

2010_0726_154558dsc_2464

今を盛りと咲く花も

2010_0726_153908dsc_2433

盛りを過ぎて散りゆく者も

2010_0726_152026dsc_2382

又いつか、このように燃える心を持てるように、生きている間はしっかり生きなければと思い、そしていつか向かうあちらの世界も花咲き乱れる極楽浄土であるならば、何も恐れる事は無いようなそんな穏やかな気持ちになりました。

|

« 母の入院 | トップページ | 母の見舞い後、「町田ジャズセッション」に向かう♪ »

介護」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無事に手術が終わってよかったですね。
何事にも積極的なお母様ですからリハビリにもきっと頑張って下さり、ご家族揃って全快祝いをなさる日も近いでしょう。good
お疲れの出ません様に。

いつか来る終焉の日に極楽浄土へ行かれる様、心して毎日を過ごさなければいけませんね。coldsweats01

投稿: mayuza | 2010年7月29日 (木) 15時04分

mayuzaさま
有難うございます。
お陰さまで、手術は無事に終わりました。
先ほど見舞いに行きましたが、思ったより元気で
しゃっきりしていました。
全快祝いを早く出来るように、リハビリを頑張って
貰わなくてはup
常泉寺の境内をさまようように歩いていると
私のようにいい加減な人でも、いずれは
極楽にいけるような気がしてきました。
ちゃっかりその気でいますhappy01

投稿: chisa_pie | 2010年7月29日 (木) 18時58分

chisa_pie さん

こんばんは!
お母様の手術が無事終わられて本当によかったですね。
どうぞ、術後の経過も順調でありますように・・・。

鬼百合は妖艶な雰囲気がありますね。
凛とした佇まいが、美しいです。
お近くに、心和む花のお寺があって、いいですね。
また、お母様とご一緒にこちらのお寺さんへお花を見に行けますよ、きっと。
TBありがとうございました。

投稿: kirafune | 2010年7月30日 (金) 23時52分

kirafuneさん
おはようございます!

有難うございます。お陰さまで昨日は大分元気そうになっていました。
鬼百合は散歩道でもよく見かけるのですが、
常泉寺の花は見事に大きく育っていて、見応えが
ありました。

植木屋さんと女性の方たちが、植木や境内の植物の世話をされていました。一年中お花が楽しめるようで、又いつも行きたくなる心和む場所が増えました。
車椅子で歩くことが出来ればいいのですが、中々バリアフリーーになっていないところが多くて、とても残念です。

こちらこそTB有難うございました。

投稿: chisa_pie | 2010年7月31日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/49004164

この記事へのトラックバック一覧です: 母手術無事終わる。花の寺から教わったこと。:

» 勧修寺の睡蓮 [雲母(KIRA)の舟に乗って]
京都山科にある勧修寺(かじゅうじ)の氷室の池で、睡蓮の花が咲いていた。池を中心に庭前方の山を借景にした、広々とした自然美を楽しむことができる。 この池は平安時代からある、京都屈指の古池だ。 当時は池に張った氷を宮中に献上したり、氷の厚さでその年の作物の豊凶を占った。 睡蓮の名所ではあるが、蓮も凛とした蕾をつけて佇む姿に心惹かれた。 雨の日の誰もいない古池のほとりに立っていると、平安人たちの囁きが雨音に重なって聞こえてくる気がした。 暑い暑いと言うなかれ。 いつの間にやら秋... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 23時52分

« 母の入院 | トップページ | 母の見舞い後、「町田ジャズセッション」に向かう♪ »