« 原宿「東郷神社」にお参り | トップページ | 生田緑地ばら苑は今が見頃♪ »

東郷神社参拝をしながら思った事

2010.05.22(土)sun 

昨日は久し振りに真っ青な空が広がり、夏のような暑さでした。何でも30度を越したとか。朝から母の健康診断に付き添い、採決・レントゲン・心電図などが続き、昼過ぎに終了。昼食はペコちゃんの不二家でランチ。デザートのケーキを食べ終わる頃から暑さと疲れで母はさすがに少し機嫌が悪くなってくる。急ぎ帰宅させてお昼寝をsleepy

さて東郷神社に行った日もお天気がよい気持ちのよい日でした。

Dsc_0377

往きはいつものように若葉の季節の道玄坂を下る。車も少なく昔のような道玄坂。

Dsc_0382 そして宮益坂を登り青山方面に。表参道入口付近、谷内六郎のタイル絵が懐かしい山陽堂書店。昔はひと際大きな建物と思っていたのに、今は周りの建物が大きくなりすぎて可愛らしく見える。ここを通り過ぎ、キラー通りに曲がり、母のかかりつけ病院に行き、用事を済ませてから東郷神社へ。

Dsc_0410

東郷神社拝殿入口

Dsc_0413

水盤舎

Dsc_0411

神門

Dsc_0416

拝殿

Dsc_0422 Dsc_0417

左は神紋。日露戦争でバルチック艦隊を破り勝利をおさめた東郷元帥にちなみ、右は海にまつわる社「海の宮」

Dsc_0424

神門の外側境内の碑と魚雷のレプリカ。本物よりも小型だとか。

Dsc_0426

海軍特年兵戦没者の碑 太平洋戦争中、14歳の海軍特年兵を募集し、戦死した兵達の碑が、昭和46年に生存者たちにより境内に築かれた。(14歳で出兵なんて・・・・sweat02)

Dsc_0428

今は昔の戦争の歴史が刻まれた碑を見る人。

海軍大将が祭神となられた神社には、戦争を思い起こさせる碑が多く、平和ぼけした気分で参ると、頭をガツンと打たれるような緊張と、心の中にざらざらとした異物が入り込んだような妙な気分におそわれました。

海軍大将 東郷平八郎ご本人は祭神となる事を望んだわけでは無く、むしろ嫌がっていたというが、全国から創建の要望と献金が寄せられ昭和15年に建立された。

Dsc_0434

魚雷の置かれた場所から神門をを見ながら表の鳥居に向かう。かってこの国にもあった重い事実。戦後生まれの自分は戦火を逃れた記憶もなく、映像や映画でしか知らない戦争。唯、街がまだ整備されない戦火の後が残った渋谷の景色や防空壕の跡などは記憶に残り、傷痍軍人と呼ばれる白衣の軍人さんが松葉杖をつきながら、街角に立っていた姿などは、いまでもはっきりと覚えている。もう2度とそうした事が起こらないように、そんな事を思い起こさせるには充分な神社での時間でした。

Dsc_0436

鳥居の反対側の建物を見て、現実の世界に戻る

Dsc_0438

実家の近くの建物は随分建て替わり、表通りにはモダンなオフィスや洒落た店舗が増えた。越してきた頃はまだ古い商店が連なり、電気屋さんに八百屋さん、魚屋さんにパン屋さん、金物やさんに乾物屋さんに花屋さん等数え上げたらきりがない。個人商店の姿も一軒、又一件と姿を消した。東京オリンピックの3・4年まえの事、思えば戦後からわずか15・6年経たばかりの頃に越して来たのだった。

Photo_2 通りに面した駐車場には始めて見るこんな車が止められていた。カッコいい~carsign01

フロント左手にドアノブが見えるけれど?定かではありません。BMWのマークがあり、小型車ながら独特の風格ある車でした。都会の道路は一歩入ると狭いので、大型車では苦労する。小回りが利いて走りまわれる小型車は断然有利up     

Dsc_0439_2  昔ながらの民家が立ち並ぶ向こうでは大型のビル建設がおこなわれていた。東京オリンピック前も、道路がつくられ、新しい競技場も出来た。あのころを境に、都会の姿が、そしてこの実家の近所も大きく様変わりしていった。

昔ながらの民家に住む人々も、母と同じように高齢化が進み、小さな子供が遊ぶ姿さえ見かける事が無くなり、都市の空洞化が進む。

この辺でさえ、いつの日にかは大きく変貌してしまうかもしれない。

Dsc_0441 そんな事を考えながら、静かな住宅街を歩いていた。              

|

« 原宿「東郷神社」にお参り | トップページ | 生田緑地ばら苑は今が見頃♪ »

介護」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございますrain
朝から強い雨が降っています。
山陽堂書店さん、出ましたねflair
お写真で見ると大きく見えますが、実際に見たらそれほどでも無かった感じでしたね。
東郷神社も前を通ったことはあるのですが、何か近寄りがたい感じがしたので入りませんでした。
こうして中を見せていただくと、身が引きしまる思いです。

スイングジャーナル、休刊になるそうですねweep
一時期ほどマメに読んではいなかったですが、またジャズ関係の情報が減ってしまうのは残念でなりません。

投稿: kazu | 2010年5月23日 (日) 10時29分

こんにちは!

スイング・ジャーナル誌、残念ですねwobbly
notebooknote
日本における、ジャズ誌の草分けであり、ジャズの情報ならSJ誌でした。ジャズ喫茶・オーディオ・楽器店等の広告も多く、当時は毎月営業の方が各店を回っておられました。随分長く広告を出し、記事にも取り上げて頂いたりと懐かしい思い出が残っています。ここ数日の情報に疎くて、教えて頂いて私にとって今朝の速報でした、残念ですね・・・・think

camera時代が変わってゆくので、街の思い出も残しておきたくなりました。
東郷神社は、ついつい通り過ぎてしまっていたので、いい機会でした。
こちらも雨ですrainクスン

投稿: chisa_pie | 2010年5月23日 (日) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/48420531

この記事へのトラックバック一覧です: 東郷神社参拝をしながら思った事:

»  10 やまと  (3) [ブログ人]
  ブログ小説             夕陽・少年隊               [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 03時38分

« 原宿「東郷神社」にお参り | トップページ | 生田緑地ばら苑は今が見頃♪ »