« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

3月最終日も寒いです!

2010.03.31(水)cloud 幾らか暖かくなるかしらと期待していたけれど、今日も寒い事coldsweats02 3月はもう終わっちゃうよ~!? 明日の4月は暖かい事を祈ろう。

母が、当地のご近所の施設にお試しショートステイ1泊を過ごした昨日、午後にステイ先の担当の方から連絡があり、お風呂は昔話をしながら楽しく入浴、トイレも失敗が無く自立して使用出来たこと、心配なことも無く過ごされておりますという丁寧な電話連絡を頂いた。

その少し後に、足りないものなどを届けるため、母に面会に出かけた所、ステイ中のみなさんが集まるリビングに、すっかり馴染んだ様子で座っていた。夜も良く眠れたようで上機嫌。今度の施設をすっかり気に入ってくれたようで、一安心でした。30分程おしゃべりをして「また来るわね」と言って立ち上がっても不安そうな顔もしないので、そういえば渋谷の施設で1年間ショートステイを経験しているので、こちらが不安に思う程の事は無かったのでした。渋谷での最後のステイの後は、「もっと居たいと思ってもあそこは帰らなくちゃいけないのよ」と残念そうな様子を見せていたのでした。

今朝は、自宅の物置だった部屋のカーテン取り換えとカーペットの敷き替え工事を午前中に済ませた。

Photo_2 

昨日のうちに、夫が頑張って残っていた家具と小物や雑多なものを移動し空にしておいたので、ベテラン工事人さん二人のカーペットの工事は案外短時間で済んだ。ガラクタで一杯だった部屋は今現在広々。明後日ベッドが入り、リビングや寝室に移動していたものが戻れば又狭くなるけれど、取りあえず床と窓周りはきれいになったので、ステイから帰り滞在する母には充分な部屋となってくれた。

リフォームをするたびに思う事。もっと物を処分して減らさなければ、なれど毎度その反省が生かされずに、唯移動をしただけで元に戻し落ち着いてしまう。今度こそ少しは身辺の整理をしなければ・・・・coldsweats02 最近は本当に物を買い込むことだけは慎重になったけれど、まだまだ要らないものが一杯。今度こそsign02 sign02

tv 録画してあった女優夏目雅子さんの足跡をたどって、女優中井貴恵さんが訪ね歩く番組を見ながら午後は休養日。

「鬼龍院花子の生涯」は夫と二人で、「瀬戸内少年野球団」は家族そろって映画館に足を運び観に行ったことが懐かしく思い出された。健康的な小麦色の肌のコマーシャルは印象深いし、女優として更なる飛躍をしてゆく期待を人々の心に残して、女優夏目雅子さんは際立った美しさと女優としての才能を見せびらかしたまま、駆け足で遠い世界に旅立ってしまった。早いものでもう25年が経つという。

cute

きれいになった部屋に荷物を戻したり、この後はもうひと頑張りです。夕食前に一仕事。明後日一旦ステイから帰る母の部屋の準備をしておかなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと寒いので、軽いお花見。

2010.03.30(火)sun 久し振りの青空。気温はそんなに高くないけれど、気持ちは晴れる。せっかくのお天気なのに、最近ご無沙汰だった軽い風邪をひいてしまったようだ。数日前から軽い腰痛気味で体操も出来なくて不調な中、何度かの渋谷通いが続いて、体力のない体が休め信号を発したのかも。今朝風邪薬を服用したら、何とか少し不調も治まってきました。

昨日も寒い一日で、4月を目前にした都内でもみぞれ交じりの雨や雪がぱらついた。おかげで桜の開花も一服、開きかけた花もひっそりと身をひそめているような状態。

cherryblossomcherryblossomcherryblossom

Photo

一昨日、買い物のついでに近所の桜の名所に足を伸ばしてみた。長く細長い桜並木が続き、市民やワンコやの散歩道。子供達の遊びや憩いの場所もある。桜まつりの提灯も下がり、後は肝心の桜の花を待つばかり。この日は1本だけよく咲いる木があったが、後はまだひっそりとしていた。それでも子供は楽しそうにスキップしている。

Photo_2

桜の蕾は暖かな太陽の光を待っていた。

Photo_3

桜並木沿いにある大きな土管。学校帰りの子供達がこの中で背中を丸めてくつろいでいたり、遊んでいたりする場所。

Photo_4 桜並木の両サイドは私道になるのか、ここにはお庭の延長のように、様々な花や木が植えられている。寒い日なのに、ベンチでくつろぐ人や近隣からお散歩に来られた方達の姿が多い。

Photo_5

heart 型に仕立てられた木工薔薇。ハートのアーチの向こうには沈丁花。

Photo_6 Photo_7

これも個人の方が植えたのでしょう。

Photo_8 楽しげに語り合いながら桜並木を散策する方達。

Photo_9

歩きながらサイドを見れば、クリスマスローズも満開。個人の方達の丹精のたまものでしょう。

Photo_10

桜の開花が一気に進み暖かな夜があったら、夜桜見物に来てみたい。

Photo_11

cherryblossom昨日、1時前の渋谷桜ケ丘付近の桜の様子。実家に母を迎えに行き246号沿いを通ったので、車でちょっとわき道に入り桜見物。こちらも「桜まつり」のようだったけれどあいにくのお天気で、薄暗くて残念でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

介護する母の移転準備が着々と進む。

2010.03.28(日)cloud 花冷えが続いている。今日も決して暖かくない。car一昨日もほぼ一日実家の母の用事で動き、wheelchairを押しながら歩いたので、さすがに昨日はぐったり疲れてしまった。

母がお世話になった実家近くのデイサービス、一昨日が最終日となり担当ケアマネさん始め、所長以下お世話になった皆さんにご挨拶。週3回、ほとんど休むことなく4年以上経つ。母は毎回楽しみに通い続けた。そして毎日朝晩通って下さったヘルパーさんも月曜日の朝でお終いとなる。同じく夕食のお弁当の配達も昨日が最後。あの方にもこの方にも、送迎の運転手さんにも。地域を走る運転手さんには、迷子になって途方に暮れていた母を見つけて送っていただいたりした有難い思い出も残る。地域の方々にもお世話になったけれど、母は当分渋谷とお別れ。後は私達が母の着替えを取りに行ったり、実家の風通しなどに通うようになる。

春は出会いと別れの季節。年老いた母にも、デイサービスの卒業と新しいホームでのショートステイ入所の日々がまっている。

ご挨拶を済ませてから、郵便局に行き、住所転送届けを出す。それから母の通院する整形外科に行き、我が家近くの病院に対する紹介状を書いて頂いた。先生にもお世話になったご挨拶。そして最後の薬を受け取る。

P10807583か所の用事を済ませ、最後は高島屋に寄り、3人で夕食。 車椅子の入りやすい洋食屋さんにて。14階の窓から暮れてゆく新宿の街が見える。

母の門出と、次の日は又一つ年を重ねる私が生まれた日だったので、楽しい語らいを続けながらの食事。きっとこれからの生活にも馴染んでくれることでしょう。

P1080754 P1080757 

P1080762 P1080764

母には好物の食べやすいハンバーグ。私達は小振りのお肉。かぼちゃのスープが出される前から美味しそうなパンの匂いにつられてパクパクパクパクdelicious 健啖家の母はよく食べる。私達と同じ位の量をペロリ!

母がまだ一人で生活出来ていた頃に、老いてゆくそれからの自分自身の事を、長女である私に託した。夫の力強い協力を得ながら、母の状況の変化に応じてその都度対応してきた日々、早いもので6年近く経つ。母がよくよく考えてのことだったけれど、その考えと信頼が、今でもきちんと結ばれたまま今日に至っている。

昨日は、母の衣類や持ち物に名前をつけるのに時間がかかった。季節ごとに、入れ替える度に名前もきちんとつけて行かなければならない。そして明日は実家に母を迎えに行き、新しい施設でのお試しショートステイが始まる。渋谷でのステイ経験を1年間経験してきているので、問題なくとけこんでゆけるのではないかと思っている。

              cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossom

P1080737 cherryblossom26日渋谷道玄坂付近の桜。車の中らデジカメでパチリcamera 渋谷区には「桜ケ丘」という地名がある。写真に見える桜の右後方、246号線をはさんだ向こう側辺り。「渋谷」の地名通り、高低差のある起伏に富んだ地形が渋谷区の特徴で、少し高さのある丘には桜が沢山咲いていたのでしょう。「桜ケ丘」には今でも桜の花が沢山見られる場所もある。

cherryblossom花冷えのお陰で、桜の見ごろは少し長く楽しめるかもしれない。我が家の廊下側から見える桜の木々は、まだ茶色がかった開花前の色合いが濃い。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春、木に咲く花々とカラスの巣作り進行中!

2010.03.24(水)rain 一日雨降りでしょうか。買い物位が外出予定だけれど、桜を観たい季節に残念です。

Photo

桜の開花を見に行った日は、最後のモクレンも観る事が出来ました。

Photo_2

こちらの花はお終いが近い。白モクレンは散りかけばかりでパチリ出来ませんでした

Photo_4        

 散歩道のお庭に咲いていた斑入りの椿。パチリさせていただきました。

Photo_5

ピンク色も。椿は種類が多くそれぞれ名前があるけれどネームプレートが無いので、名無しの権兵衛椿さん。桜が咲いても頑張って咲いていてね。

Photo_7

谷戸山公園に咲く「こぶし」の花。

Photo_8

自宅前の公園の奥にも「こぶし」が咲いている。

Photo_6

前の公園の木に新築中のカラスの新居が日々着々と出来あがってゆく。今朝見たら、数日前よりピンクの針金ハンガーなども運び込まれて更にこんもり高くなり、2羽のカラスが仲睦まじくくつろいでいた。葉が茂る前の枝の間にピンク色と、左にうっすらカラスの黒い影が見えますかしら?最近は針金ハンガーがカラスにとっては、大切な建築資材ののようで、その為には堂々と日中、人間の住む物干し場から咥えていきます。

              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとハードな一日でした!

2010.03.23(火)sun 今朝はさすがに疲れが残りぐったりsad 昨日の渋谷への2往復は結構こたえました。その間は施設見学面談、その後自宅に母を連れて帰り休ませ、夕方には息子親子が来てみんなで夕食。それから息子の車と2台で母を渋谷の実家まで送り届けました。こちらに滞在することが増える母の荷物などを積み込み、母がベッドに入ることを確認して暇を告げ帰宅は11時近く。母も疲れたことと思うけれど、こちらも久し振りにハードな一日でした。息子達の応援で重い荷物も何とか運ぶ事が出来て、少しづつ母の今後の準備が進んでゆきます。

Photo

実家近くのお宅の前に見事な椿が咲いていたので、椿と母を一緒にパチリ!

Photo_2 季節ごとに変化する通りの様子、ここにこんなにきれいな椿が咲くなんて知りませんでした。緑色の葉だけでは気にも留めずにいつも通り過ぎていました。花の持つ、人を引き付ける力強さ、花のように美しいという例えどうり、花には“美”という大きな魔力と言うか魅力があります。

car行きの朝、東名入口までの道路が渋滞で約束の時間までに母を連れてこられるのか不安でしたが、何とか予定より1時間近い速さで我が家の近くまで戻れたので、谷戸山まで桜の状況を見ようと行ってみました。

Photo_3

駐車場から眺めると桜(?)が咲いているように見えますが離れた場所からなので、梅か桃か桜か定かではありません。時間制限があり母と夫は車内に残って貰い、駐車場からパチリでした。

 wheelchair

朝から各所からの連絡が入る。今月中に予定している事の日程が決まってゆく。午後は昨日母と見学面談を済ませた施設にもう一度出かけて細かい打ち合わせ等を詰め、何とか今後のめどを明確にすることが出来て一段落。来月から母の完全独居が決まったのが今月初め。それから我が家の近くでお世話になれる所を探し何度か足を運び、昨日は渋谷から担当のケアマネージャーにも来て頂き合同の打ち合わせとなったのでした。

幸いこれからお世話になる施設は我が家からは歩いても行ける距離。まだ新しい建物で渋谷のステイと同じように個室なので気兼ねなく過ごすことが出来ます。何があっても近いという事がこれからの介護においては重要なこととなります。母も温かな施設の雰囲気が気に入ってくれたようで一安心。母と母を取り巻く家族全員に、これまでとは違う環境が訪れるけれど、何よりも年老いた母のこれからを、少しでも幸せな時間で満たす事こそ今しなければならない現実。。4月になれば少しは落ち着いた日々が取り戻せるかもしれないけれど、取りあえず頑張らなくては。

cherryblossom 

Photo_4 先日見てきた桜の蕾。今日はもっと綻びたろうか。東京も開花宣言が出たとか。今年は満開の桜をどこで観る事が出来るかしら?

これから後の日々は桜並木になる筈だけれど、今は椿が沢山咲いていた。

Photo_5

桜が咲くまでは椿の道。

Photo_6 今年は梅に椿も堪能出来る春。そして名前をきちんと覚えられない木に咲く沢山の花との出会いが又楽しい。季節を知らせる花達に、ただただ嬉しく見入りカメラを向ける。

Photo_7

散歩の帰り道にもきれいな椿が沢山見られました。これからの季節は外を歩くのが本当に楽しくなりますheart04 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近所の桜開花状況

2010.03.21(日)sun夕方から風が強くなり寒くなってきました。

それにしても春。まだ葉も茂らない公園の木に、カラスの巣作りが始まりました。枯れた枝の上に2羽のカラスが小さな小枝を嘴にくわえては巣らしい形にしてゆくさまが見られて微笑ましい。朝早くの公園では、この2羽のカラスと黒猫が1匹、砂場の周りで仲良くくつろいでいる様子も見られた。

 cherryblossom

Photo

cherryblossom近くにある市の桜の名所に、桜の開花の様子を見に立ち寄りました。膨らんだ蕾はいつ咲いてもいい位、この大木の脇から出た枝は間違いなく綻びかけていました。春ですね~♪

Photo_2

cherryblossom同じ通りに咲いていた早咲きの桜。

wheelchair

明日は朝から実家の母を迎えに行きこちらに連れてくる。そして用事を済ませれば、母を一旦休ませてから食事をして、又実家に送り届けるという忙しい一日が待っている。今日は明日の為に、洗車や片付け、明日の食事の準備などに追われました。

多分、明日のブログはお休みになりそうです・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真展

2010.03.20(土)晴れているけれど風が強いこと!

  camera

Photo_4

上の写真展に行ってきました。会期は明日まで。昨年の展覧会からまだ1年経たないうちの会期なのに、今回もとても質が高く、いい写真を沢山見る事が出来ました。場所は相模大野伊勢丹並び市民ロビー相模大野内と好アクセス。

2

作品の前で孫娘とパチリしてもらったのですが、会場の様子だけ切り取りました。風景がまるで絵ののようだったりと、かけだしcamera愛好者としては、皆さんの表現力のすごさが前回以上に感じられてとてもいい勉強になりました。

Photo_5 cafe孫の案内で、ゆっくり会場を回り、孫と息子が出品している写真もじっくり見てからロビー内の珈琲やさんで、夫と3人でお茶を飲みました。カメラは先輩にあたる孫との写真の話も楽しいひと時。

「ハイカラさんが通る」

Photo_6 Photo_7

昨日は近くの女子大の卒業式だったようで、風の強い夕方卒業証書や荷物を持った卒業生がぞくぞくと通る。思わず2階のガラス越しからパチリでした。

写真展案内に残る孫と別れて伊勢丹内でちょっとした買い物などして帰路につく。

Photo_8 1階のストッキング売り場のディスプレー。久し振りに2階入り口から入って、すぐに目に飛び込んできた組んだ脚の大胆なディスプレーにびっくりeyesweat01 

Photo_9

夕暮れの木立。もうじきこの木々にも若葉が茂る。穏やかな春の日が待ち遠しい。

まだまだ片付けなければならない用事が山積。それでも写真展会期にひととき、何とか見にゆく事が出来て少し心が潤うような気分になりました。先程、娘と孫君が立ち寄り、今日は娘親子が写真展に行くと言って出かけてゆきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嬉しい収穫♪

2010.03.20(土)sun 嬉しい晴れです。片付けや外出が続き、ちょっと疲れ気味で、お寝坊した遅い朝食の後は夫のセレクトでジャズが流れだす。(ワッ、何だろう?)聞いたことがあるような音だけれど。見れば今朝はCDでは無くレコードでした。

note

Photo_2

最初は宮沢昭のアルバムかしらと耳を傾けていたら、そうでは無くキース・ジャレットの初めて聴くレコードでした。79年ヴィレッジ・バンガードでのライブ録音2枚組でした。久し振りのアナログな音と新鮮な感性が胸を打つ。高い音楽性が二人きりで過ごす室内に充満する。CDは、2000年以降のキースのトリオCDと「ケルン・コンサート」などのソロばかりしかないので、サックス入りのカルテット演奏が実に力強い。冒頭の間違いはともかく、あらゆるジャズの流れの中におけるキース達の素晴らしい演奏であることだけは確かで、2枚組全て聴き終えて、最初に聴いたB面に又戻り聴き入っている。

片付けるという事は、仕舞いこまれていた宝物の発掘につながる事もあるのが嬉しい。夫が呟く。「今日も幸せだね」「ホント!」何度かはかけていると夫がいうけれど記憶に残っていなかったので、嬉しい収穫。

Photo_3cd続いて宮沢昭の「いわな」を聴いてみる。69年、キースの「NUDE ANTS]より10年前の録音。でだしの音の鮮烈さは、キースに勝るとも劣らない。それぞれの歴史の中にある相互の響き合い、進化発展がより素晴らしい音楽を作り上げてゆく。そんなことを考えながら楽しいひと時を過ごすことが出来ましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物置部屋を片付ける

2010.03.18(木)sun 桜の便りもチラホラ聞かれるようになってきた。近所の桜の蕾も膨らんでいる。

昨日は夕方から息子親子と孫君の3人に召集をかけ、長年に渡って物置となっていていたかっての息子の部屋であった玄関脇の部屋の大きな家具や、使わなくなって14・5年経つふすまや座卓などの粗大ゴミ処分を手伝ってもらった。まだ若い孫君は引っ越しセンターでのバイト経験が大いに役に立ち、息子との連携プレーで短い時間に片付いてしまった。片付け前に、大量のお結びとサンドイッチや焼き鳥などを買ってきて、自家製の豚汁と合わせて、みんなで腹ごしらえしておいたのもよかったかもしれない。

そして今回思い切って処分する予定だった娘時代から使っていた古いミシンを孫娘が貰ってくれることになったのが事のほか嬉しい事だった。結婚してからも、カーテンや子供の産着、夫や息子のシャツ、娘の子供時代の洋服、自分や母親のブラウスやスカートなどを縫い、随分活躍してくれた愛用のミシン。娘時代に母が私と妹それぞれに1台ずつ買ってくれたミシン。

片付けるため、カバーをはずしてみたら物置化した換気の悪い部屋に放置されていたため、何とカビが生えてしまっていた。処分するにしてもカビは落とさなければと拭いているところに孫娘到着。ミシンを見るなり「欲しい~!」

Photo

こんなに古いミシン。およそ50年近く昔のミシン。すっかり傷だらけで手入れも悪い。上糸も下糸もついていたため孫娘の前で、試しに針の下に布を置きジャーっと縫ってみた。昔通り何の問題も無く縫う事が出来る!孫娘「要る~」、愛着のあるミシンはこうして孫のところに行くことが決まりました。次回に持って行くこととなり取りあえずキッチン前の部屋に移動したので、記念撮影。孫はアイドルと同じ衣装を縫ったり、洋裁の教科書や裁縫道具なども渡したので、きっと活用してくれるでしょう。息子は幼少時の思い出のミシンはとてつもなく巨大に見えていたようで、久し振りに見て「何だ、こんなに小さかったのか」と感慨深げ、新しいミシンを買うより何だか嬉しそうに、「和室においてもいいよ」などと孫娘に甘い。

Photo_2 片付けていたら出てきた昔夫の為に縫った半袖シャツ。今でも夏になると時折着ている。厚手の木綿地なのでとても丈夫。又何か縫ってみたくなったけれど、もうそんな根気は無いかもしれない。それでも型紙を起こし布を裁断し、ミシンをかけ完成した時は嬉しいものでした。孫娘にもそんな手作りの喜びを知ってもらえそうな事も嬉しい事です。

物にまつわる思い出は様々ですが、ミシン以外の40年以上経つ古くなった家具や部屋を区切らなくなり要らなくなったフスマ4枚、その他諸々を今回は思い切って大処分。昨日からゴミ収集に合わせて順次処分を始めました。「なんでこんなにあるの」と言う位、我が家は物が多く溢れかえっている。勿体ない、惜しいと言っているときりがなくスペースをふさぐ。非常用にと買い置きしているペットボトルの水や食品も大きなスペースを占めている。これも少しは処分しなくてはcoldsweats02 ついでに着ないままでしまいこまれている衣類も処分を始めた。

そして、片付いた部屋に入れる為に先日新しいベッドを一台注文し、その前に犬や猫が居た時のまま20年以上経つ長年の汚れが染み付いたカーペットを敷き替えるために今日は業者さんに採寸見積もりに来てもらいました。カーテンも遮光性と保温性が高そうなものを注文。これは母が我が家近くの施設でショートステイを過ごしながら、我が家に滞在するための準備なのです。今日は朝から部屋中に溢れる細々したものを片付け掃除機をかけると、まだ黒猫ピー・ぶちゃまるの黒い毛なども掃除機にたまり思わず胸が詰まりますが、感傷に浸っている暇も無く各所との連絡打ち合わせをこなしながらカーペットの見積もり発注も済ませ、何とか希望の日に近い所で敷き込み工事が出来る段取りが取れてほっとしました。今月中は何度か母を実家に迎えに行き、こちらに連れて来て送ってゆくという母にとっては何時もと違う日々がしばらく続く。疲れさせないように配慮しながら、家族そろって協力しながらやってゆかなければならない。幸い娘も息子も手伝うからとの申し出をしてくれているのが心強い限り。

取りあえず昨日のみんなの奮闘に感謝ですよsign03 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「青梅の梅」最終回です!

2010.03.17(水)sun 暖かい日が増えてきた。我が家の植物達も春を迎える準備を整え始めている。

budbudbud

Photo

budこの間まで枯れた枝だけだった「こでまり」に赤ちゃんのような蕾がついたと思っていたら、日増しに大きくなってきた。

Photo_2

bud毎年、あちこちから顔を出し咲いてくれていた「プリムラ」今年は一本だけ可愛く咲き始めた。今年は1階に移動している間に駄目になってしまった幾つかの植物もある。

Photo_3

bud葉ボタンの先にも菜の花のような黄色い花が咲き始めた。

 さて感動の青梅の「梅の公園」もいよいよ最終回です。

Photo_4

heart「梅の公園」の景色も見おさめです

Photo_6 梅のレリーフで飾られた「梅見橋 」を渡って公園の外に出ました。

heart 

Photo_7

梅の公園の外には、お団子屋さんや出店が並ぶ。懐かしい屋台のお面、お面自体は流行があるようでポケモンやどらえもんや、知らないお面も。翌日のお祭りに向けて、屋台も終い準備、楽しみにしていた“みたらし団子”も売り切れていました。

Photo_8 駐車場に戻る歩道。梅の街路樹と共に行燈(?)が吊り下げられていました。ひとつひとつ模様が違うので、眺めながら歩くのも楽しい

heart 

Photo_9 向こうに見える山は御嶽山かしら。古民家もあり、街路樹の梅が風情を添える。心なごむ散歩道。最近は特に、どこに行っても思う事がある。初めて行く場所が何故か又来たい場所になってしまう。子供のころや若い頃には余り無かった感情。それがきっと縁でありゆかりというものなのでしょう。そんな気持ちを持てるようになった今が幸せとも思えます。

heart 

Photo_10

通り沿いには、古いテレホンボックスの残骸や変わった建物があって目をひく。

Photo_11 車を止めさせて頂いた「小川駐車場」さんのお庭の「空洞の梅」幹の部分が空洞なのに、梅は咲き、空洞の中に築山内の竹が根を張り葉を茂られせている。植物の生命力の強さは素晴らしい。

Photo_12 この家のご主人はとても気さくで親切な方でした。「青梅には悪い人は居ないよ」とおっしゃる言葉通り、地元の方との触れ合いも心がほっとするものがありました。又ここに来た時は、小川さんに車を止めさせて頂きましょう。

wheelchair

母の身の回りに起こる変化がこの所著しい。足が弱ってきたり、自宅内の転倒による怪我があったり、又物事に対する認識の低下や会話中に言葉が見つからなくなったり、時には古い記憶の中に生きていたりと、本人にとって困ること又は気にしなくなっていることと様々、そして母を取り巻く環境にも変化が訪れる日が近い。具体的な事は決定するまでは何も言えないけれど、その事態に向けて今は担当のケアマネージャーと連絡をとり合い相談しながら、様々な手配をとるという事を進行させている。母を病院に連れて行く事も含めて、毎日のように、ひとつひとつ順序良く片付けて行かなければならない。今月は自宅の用事と合わせてパズルのように時間を調整しながら動いている。

桜咲き、見頃を迎えるころには、少しは落ち着いた日々が迎えられる事を願うばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅「梅の公園」の枝垂れ梅など。

2010.03.16(火)suncloud昨夜は雨が降ったようだけれど、今朝は雨が上がっていた。今日のお天気が心配だったので、昨日は実家の母を病院に連れてゆき抜糸を済ませる。少し風邪っぽく咳をするので、ついでに診察を受け薬を処方して頂く。

又雨の降りそうな雲が広がっている。早め早めに用事を片付けなければ、今月の後半は雑事が続く予定。

heart青梅の梅園風景が続きます。

Photo

heart出口(入口)近くはしだれ梅が植えこまれ長い枝を風になびかせ見事でした。近隣から夕方のお散歩に訪れる方達も多いように思われました。

Photo_2

heart

Photo_3

heart雪の重みで折れてしまったのか、まだきれいに咲いた梅の枝。他にも紅梅のかなり大きな枝がばっさり折れている無残な姿もありました。鎌倉鶴丘の大いちょうが倒れたころかしら。余談になるけれど、「オオイチョウ」は根元に残る根を利用して幹に残った根元近くの部分が元の位置に植えこまれたようだ。県をあげて大イチョウを残すことに前向きな取り組みがスピーディに始まっている

Photo_4 

heart 

Photo_5 

heart 

Photo_6 

heart 

Photo_8 高低差のある山の斜面はとりわけ梅の美しさが際立ち、どこから見ても素敵な景観を楽しませてくれる。夕暮れ時のけぶるような梅も素晴らしい。

heart

Photo_9

heart公園の前にあるお寺「梅林山 天沢院」山門前のお地蔵さん前に咲く枝垂れ。

Photo_10

heart 「梅林山」に咲く紅梅。

Photo_11 公園出口(入口)付近の枝垂れ梅と選定された竹。松は山の斜面にあった。おめでたいかな「松竹梅」

heart

Photo_12

heart 

Photo_14 「梅の公園」周りの水路にも梅の枝が伸びる。やがて梅が散れば水面は梅の花びらで埋め尽くされるかしら?そんな風情も見てみたい。

heart 

Photo_15

heart力強い枝垂れの枝ぶり。

「梅の公園」では、こんなコピーが載ったチラシが配られました。

プラムポックスウイルスの緊急防除を実施しています。[~平成27年3月31日(予定)]

ウメ、モモのなえなどは持ち出さないでください!

プラムポックスウイルスによる被害のまん延を防ぐための処置がすでに行われていた。この美しい公園の梅が被害に遭わない事を、そして毎年こうして美しい梅を観られる事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青梅「梅の公園」内の様子♪

2010.03.15(月)cloud 今日はお天気崩れないかしら?

一昨日の梅見物は心に残る楽しいものでした。これまで梅と言えば、「熱海の梅園」「蘇我の梅園」後は早すぎた「薬師池」位しか行ったことが無く、それもいつも寒い日だったので、今回のように暖かな日の梅見物は初めてのこと。梅には桜とは違う早春をかざる美しさがありました。緩やかな斜面ながら山道を歩いたので心地よい疲れも残り、お陰でよく眠れます。

Photo

吉野郷一帯だけでも120品種2万5千本もの梅があるそうです。

Photo_2

実際によく見れば、なるほどそれぞれの梅に表情の違いが感じられます。

Photo_3

大きな松の木の向こうの太陽が沈みかける。山の稜線を背景に紅の梅が満開。

Photo_4

まだまだ見物をする人は多い。

Photo_5

紅と白が交差して。

Photo_6

人々みんなが心をひとつにして梅の美しさを愛でる。幸せな瞬間♪

Photo_7

梅の木々を見降ろすって余り無いので感動でした

Photo_8

heart

Photo_9

heart

Photo_10

heart

Photo_12

heart 

Photo_13 黄色い梅かと思ったら、バラ科の梅では無く「山しゅゆ」というミズキ科の木。、秋には、赤い実が熟すとか、別名「あき珊瑚」あるいは「春黄金(はるこがね)」というそうです。

Photo_14

黄色だけでは淋しいけれど、春色に霞む梅林の中に、この黄色いアクセントが入るとそれも美しい。

2斜面を下りながら出口に向かうと広場があり、美しい「しだれ梅」が迎えてくれました。陽が伸びて、いい時間を過ごすことが出来ました。出口近くに来て分かったことは5時過ぎて来園する人も多数で、無料で入れるのでした。梅の季節だけ9時~5時までは有料ということでした。残りの美しいしだれ梅は又次回に。

wheelchair 

午後は、デイサービスの母を迎えに行き縫合した怪我の抜糸に連れてゆくため、今日も渋谷行き。今月後半は何かと忙しい日が続く。いい時に青梅に行けてよかったですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青梅市吉野梅郷「梅の公園」

2010.03.14(日)sun 春めいてきました。今朝もいいお天気♪久し振りに5時過ぎの早い目覚め。年と共に目覚めの時間が早くなります。最近は夜も少し早く寝るようになってきましたsleepy 

昨日も暖かくて、コート要らずの薄着で昼からcarで青梅までドライブ。多摩地区での梅の木の伐採ニュースを知ったので、青梅の梅が見頃なら観に行かなくてはと早速出かけたのはいいけれど、2時間もあれば行けそうなつもりが、土曜日の暖かな好天気の昨日は車が渋滞、目的地まで4時間以上かかってしまいました。梅園で遅いお昼を食べる予定がすっかり狂ってしまい、コンビニのサンドイッチを買って車中食となってしまい先を急ぎました。

Photo

青梅に入ると、通り沿いのお宅の庭や空地にも梅の木が一杯で奥深い。さすが青梅の地名通り。

Photo_2

畑仕事も梅の花の下で。何て贅沢な季節heart

先を急ぐも車内からの眺めも楽しめる。渋滞はカメラのシャッターを押す時間を十分に用意してくれてcoldsweats01 

やっと目的の青梅市の吉野梅郷「梅の公園」近くまで到着。広いお庭を有料駐車場に開放している最初に見えたお庭に車を止めさせて頂いた。時間指定無しで800円。

Photo_3 駐車場に車を止め、「梅の公園」まで歩く。街をあげてのお祭り。街路樹も紅白の梅・梅・梅。のぼりや雪洞も雰囲気を盛り上げて期待が高まる。大抵のお宅に梅が普通に植えられている。普通の紅や白にしだれなど様々。

Photo_4

歩道沿いのあちこちにも小さな梅園がある。

Photo_5

紅梅。

2

白梅と、街を歩くだけでも梅三昧。

Photo_6道の端に数日前の雪が残る緩やかな坂道を歩く。両側にも梅園が広がる。坂道や平坦地を歩きながら公園に入場したのは4時半過ぎ。みたらし団子の匂いがぷーんと匂ってきましたが、まずは梅が「見頃」の看板がある園内に入らなければ。5時までとのことで、急ぎ一人200円の入園料を払って入場。

幸い寒くないし、日も伸びてきた。まだまだ入園する人の姿も多い。切符の売り場で「5時に閉めるわけではありませんからゆっくりしていってください。夕暮れの梅もきれいですよ」と言われたので時間は安心出来ましたが、何しろ始めての公園。山の斜面を利用した広そうな梅の公園は入ってみなければ、ちゃんと帰れるかしらとちょっと不安も。

Photo_7

ところがいざ、入園してみると美しい梅の景観に見とれてしまい不安などは吹き飛び、早くも上に登ってみたくなり歩きましたよ。

9

斜面を登れば、それはそれは美しい桃源郷のような世界が広がり圧倒されました。人出も多く、三脚をたて写真を写す人も多い。帰り道の心配は無くなり、この後は三脚無しで手ぶれも気せずカメラの出番が増えましたが、それは又次回に。

Photo_8

公園は吉野梅郷の中にあり、「吉野梅郷のシンボル」だそうです。120品種の梅が1500本、今が一番の見頃でしょう。今日14日日曜日は「梅まつり」があるとか。催し物も多く、さらに賑わうことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草花ものびのび、暖かな春の朝。

2010.03.13(土)sun 暖かい風が吹く今朝はまさしく春ですlovely テラスの掃除に草むしりを済ませました。

Photo

bud白の葉ボタンも伸び始めました

Photo_7

bud風知草もいつの間にか新芽が伸びて若い葉が育ち始めました。クリスマスローズは真っ盛り。どちらも丈夫な植物で手入れ知らず、無精な我が家で毎年こうして元気な姿を見せてくれます。

Photo_2

やがて中央から小さな芽が出そうな白い葉ボタン。

Photo_3

「おがたま」にも蕾。

Photo_4 自宅前の公園に咲いていた「オキザリス」

Photo_5

「カロライナ・ジャスミン」にも蕾が。春の楽しみは尽きません。

冬の寒さが緩めば、春は希望に満ちた季節、少しは浮かれてもいいかしらん。今日は久し振りに用事も無いので外出日和。どこかに行ってみたい気分ですcar 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷戸山の木に咲く花達と最近の木々の悲しいニュース。

2010.03.12(金)sunです♪ 今日は自宅でたまった用事の片付けと母の用件を近くで済ませ、午後は電話連絡待ちとせっかくのお天気なのに、外出に制限あり。この3月は頭が痛くなるような用事が山積。早くすっきりしたいと思いながら、昨日も役所に出かけたついでに、気晴らしに桜には少し早い「谷戸山公園」に立ち寄り、短時間の散歩をしてきました。

昨日は暖かく、久し振りにコートも要らない身軽さで歩くことが出来ました。谷戸山にも春の花が咲いてましたhappy01 

Photo_15 

何しろ昨日は青空が広がり、飛行船のような雲がぽっかり浮かぶ上天気

Photo_17

黄色い花は何の花でしょうか。

Photo_4

赤い椿。

Photo_5

木の根元には真っ赤な散り椿の花が一杯。

Photo_6

椿の花もお終いに近いかもしれない。

Photo_7

こんな色の椿も青空のもと・・・。

Photo_8

谷戸山でも早咲きの桜を見る事ができましたcherryblossom

Photo_9

「オカメザクラ]に似ているけれど定かではありません。

Photo_10

離れた場所の枝には名残の白梅の花。

Photo_11

ちょっと疲れたので、あずまやのベンチで一休み。木々の間を吹き抜ける風が、散歩で汗ばんだ頬に心地いい。

Photo_12

あずまやの屋根の上で育った植物の葉が垂れ下がっていました。

Photo_13

大きな桜の木の枝には、蕾が膨らみ始め、開花の日を待っている。

Photo_14

「谷戸山資料館」を望む畑に咲く桜cherryblossom 

Photo_16

竹林の前にたわわに咲いた椿。竹が風に吹かれてさわさわ、さわさわ気持ちがいい。

Photo_18 公園管理棟前に咲く黄水仙。

Photo_19

今頃の季節にぴったりの水仙。伸びやかに枝を伸ばしている。

tv今月10日未明に、鎌倉鶴岡八幡宮のご神木、「大イチョウ」が強風のため根元から折れてしまったというニュースを見て驚いてしまった。樹齢千年を超す「大イチョウ」は「かくれイチョウ」とも呼ばれ、鎌倉の長い歴史をつぶさに見てきた。今は県指定天然記念物となっている。昨年秋、鎌倉を訪れた時に改めて7m近いその幹の太さに圧倒されたばかり。時には可愛いリスが枝から枝へ動き回る姿に心和まされたこともあり、もう八幡宮参拝の折に、あの大イチョウを見る事が出来ないかと思うと残念な気持ちで一杯になった。太い幹は空洞になっていたとも聞く。直後のニュースでは再生は無理かとも。

今朝の新聞によれば、「再生」に挑戦という見出しで、クローン技術で大イチョウの枝などから「クローン苗」を作ることになったようで、是非成功して再び同じ場所に植えられて歴史を見つめるご神木として、後を継いでいってほしいと願っている。

もうひとつ、多摩地区の梅の木が伐採されているというニュースにも胸が痛んだ。「プラムポックスウイルス」というアブラムシを媒介にして感染が広がり、成熟前の実が落ちたりして育たないという病気の為、感染が確認された1000本が伐採されるという。

梅の木に効くワクチンは無いものかしら?「青梅」の梅は大丈夫だろうか。随分前に梅の開花以前に行ってしまい、いつか開花のころに観に行くつもりでいただけに、感染が広がらないように祈るばかり。

生あるものはいつか滅びてしまうものだけれど、木々も人間と同じ生き物の仲間。丈夫で、いつもあるべき場所に泰然と居てほしいと願ってしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「オカメザクラ」

2010.03.11(木)sun 久し振りに春らしいお天気が嬉しい一日、けれど寒暖の差が激しく穏やかな春の日が待ち遠しい。

Photo

cat今朝は雨が上がり、自宅前の公園ブランコの下に水たまりがふたつ。白ネコかあさんが水を飲んでいる。夜中に猫どうし、けんかでもして怪我をしたのか、よたよたと歩いていた。暖かい朝なので、珍しく他の白ネコ2匹と鼻黒三毛がフェンスの内側でくつろいでいた。猫達にも春の暖かさは嬉しいに違いない。元気な姿を見られるようになって嬉しいけれど、「けんかをしないようにね!!」

Photo_3

昨日夕方、買い物に出たついでに、ちょこっと「相模原公園」までドライブ。芝生の向こうに小振りの桜らしい木がお行儀よく並んで咲いていました。

Photo_4

公園のホームページで調べてみると、「オカメザクラ」という種類のようです。桜の種類は案外多いのですね、知りませんでした。

Photo_5

割と小振りで濃いピンク色の花が一杯!

Photo_6

メタセコイヤの並木をバックにした「オカメザクラ」

Photo_7

小振りの花が愛らしい。

Photo_8

公園温室「グリーンハウス」周りを囲むプランターにはピンクエリカと菫の寄せ植え。

Photo_9

風の冷たい昨日でしたが、青空に映える春らしいピンクの花を観る事が出来て、少し心も華やぎました。この後は公園猫を探しながら、寒くなってきたので帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の自宅内転倒事故。

2010.03.10(水)cloudrainsun昨日はみぞれ交じりの雨からsnow。今朝は雪は止んだけれど相変わらず寒い3月の朝。お昼過ぎて薄日が射し青空も広がってきました。

Photo

雪がやんだ朝の白マーガレット。

Photo_2 雪どけの水滴が花びらや葉にたまっている。「寒いね、マーガレット達!」

Photo_3

Photo_4

ピンクも白も雨や雪の冷たさにも負けず・・・・・sweat02

Photo_5

昨日は用事で渋谷区役所に行く道すがら、原宿駅近く競技場が霞んで見えた。車内からパチリ!雨の為、車のワイパーがちょっとうるさいけれど、とても懐かしい場所。

wheelchair 

実家の母の介護が始まって5年近く経つ。その間には母が長年営んできた店を仕舞い、隠居の身となった母の介護関係の手配や病院通い、事務的な問題など、手助けしなければならない事は日増しに増えてきている。今後の母を取り巻く環境も大きな変化が訪れるかもしれない。

病院通いは何と言っても、骨折に怪我が多い。これまでは外での転倒が多かったので、その都度緊急事態発生となり、接骨医に連れて行き通院。歯医者さんの通院も大変だったし、各部のレントゲン撮影もスムーズに映せなくなってきている。

そんな中、一昨日は朝一で母が自宅キッチンで転倒。倒れているところを朝のヘルパーさんが来て見つけ、弟経由で連絡が入った。幸い骨は折れていなかったようで、弟達が様子を見、デイサービスの迎えが来たので送り出したとのこと。デイサービスの方から、唇より少し上が切れていて意外に傷がふかく出血がひどいので、お風呂は見合わせますとの連絡、その後医者に連れてゆきましょうかと言うケアマネからの連絡も。しかしかかりつけ医も近隣にも開いている外科医が一昨日は全く無い状態でデイの方でも途方に暮れている。

こちらもネットで病院探し。7・8軒当ってみたけれど担当日では無いというつれない返事ばかりが返ってくる。都会の外科医はそんなに少ないのかしら???やっと1軒南青山に18時過ぎまで見て下さるクリニックを見つける事が出来た。地獄に仏とはこの事かもと。こちらでしなければならない母の重要な用事を片付けてから、デイサービス帰宅時間を伸ばしてもらい、待っている母を迎えに行きクリニックに連れてゆく。

顎のあたりが青いけれど打撲程度のようで、傷口を3鉢縫合となった。デイの方でも適切な処置はされていたけれど、本人が貼って貰った絆創膏はすぐにはがしてしまう。縫合して頂いたので、取りあえず一安心。縫合後2日間通院して消毒しますという事で、昨日もあの悪天候の中、先の区役所の用事を片付け、クリニックまで、実家からは決して遠くないけれど、実家から離れた駐車場までを雨の中、車椅子での移動は夫と二人がかりでも、至難のことでした。先生が診てくださり、さすがに悪天候の中、風邪をひかない為の重装備の母を見て、「次回は抜糸にいらしてください」と言う事で、化膿止めの塗り薬が処方されました

高齢者の自宅内の転倒事故、古い家屋は高齢者に優しくは無い。勿論我が家においても、床の段差の問題など今後に残る課題は多々あり、自分達の老後も含めて個人の住宅での老後の危険性は数え上げたらきりがない。当面の母の今後の危険性を考えると自宅介護の限界を感じてしまう。申し込みを済ませているホームへの一日も早い入所が望まれる。

A1 A3

A2 始めて伺った

「外苑前メディカルクリニック」開院五周年という時期にあたっていたようで、お祝いに届いた見事な蘭や薔薇などが待合室中を彩り、明るく清潔で気持ちがよく、まだお若い院長先生始め、看護師の方、受付の方に至るまで、非常に丁寧で気持ちのいい応対を受ける事が出来ました。患者が自動機からお茶を汲まなくても、若い女性職員さんがお茶までサービスしてくださるのも嬉しい心遣いでした。受付に飾られた真紅の薔薇は女優の黒木瞳さんからのものでした。場所は外苑前の駅から徒歩1分以内。18時15分まで受け付けというのもお勤め帰りに立ち寄ることも出来て便利そうです。

場所は港区南青山2-24-10ヒロビル1F telephone 03-5413-7580

このクリニックのすぐ近くの青山小学校は、私が1年生2学期まで在籍していたので、それも懐かしい場所で、何かのご縁だったのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜日も雨ですか~!

2010.03.07(日)rain 今日も雨降り。菜種梅雨というには少し早いのかしら?お天気が良ければどこかに出かけられるわけでもないし、精々日常のお買い物位かな。外出が続いた後なので、今日は苦手な書類を書いたり片付けもしなければcoldsweats02 

 budtulipbudtulip

Photo

「八重咲きジュリアン」お天気がよければこのようにピンクの濃淡が美しく際立つのに。

Photo_2 Photo_3

左は「こでまり」右は「木香薔薇」春のエネルギーが芽吹かせた枝先の葉を日々大きく育てている。

Photo_4

一昨日の「ピンクマーガレット」

Photo_5

沢山花開いた今朝の様子。

Photo_6 Photo_7

葉ボタンの白も伸び始めた。右は小さな白い花「アレナリア」夏が来るころには、たわわに茂りそう。

Photo_8

ビオラもやっぱりこんな晴れの日がいい。今朝は寒そうに風に揺れていた。

今はこれらの花とクリスマスローズなどがテラスを彩っている。もうじき「こでまり」にも蕾がついて白い花が咲く。そういえば、1階から持ち帰るときに随分切り詰めた黄色い花が咲く「カロライナ・ジャスミン」にも花芽が見られるようになってきたし、春ですねtulip 

Photo_9 我が家の手抜きお昼の肉まんじゅう。東名のパーキングエリアで実家へ行くとき昼食用肉まんを車上用+自宅用に余分に買っておいて蒸すだけ。疲れた日には大助かり。大振りサイズにたっぷり入ったお肉がひとつで充分お腹をいっぱいに満たしてくれますdelicious 

cafeカップ。最近NHKの趣味悠々やきものシリーズでゲストの世良正則さんが常滑焼きの急須を作っておられる所を見て、そういえばと思いだし、仕舞いこんであったデミタスのカップを取り出してみた。どうやら「常滑やき」の特徴が色濃く見えます。昔夫が2客ペアで買ってきたものですが、ソーサーが欠けたり、取っ手がひとつ取れてしまったり、接着剤で修理してしまい込んであったのでした。風合いが何ともいえないものがあるので、時には用心しながら使ってみることにしました。心なしかいつもの珈琲が美味しく感じられますcafe

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暖かかった昨日の梅と猫♪

2010.03.06(土)rain 雨予報が続いている。今日もしとしと雨で、溜まった洗濯物が室内で幅をきかせている

昨日は渋谷の実家へ、今日は又母の用事で午前中に出かけたりと、しばらく何やかや忙しい用事が増えそうな今日この頃。午後は何だか疲れてしまい、ぼんやりテレビを眺めながら休養。

Photo

中々カメラを持って出てもどこかに寄る時間は作れなくて、車の中から望遠レンズでパチリなど。我が家から東名に向かう途中には、昔ながらの立派な建物が建ち並ぶ道路もあり、季節の紅梅が素晴らしい景観!昨日はお天気が良くてラッキーでした。

Photo_2 大きな木の向こうに大きな土蔵。手前に紅梅、その手前は藤棚かもしれない。この道路も季節の移ろいが楽しめる場所

 cat 

Photo_4 ご存知「屋根猫」ちゃん。実家近くには車上猫や車上犬がよく見られる。昨日は2度目のご対面。飼い猫らしく、人懐こく可愛いので、デジカメでしばらく遊んでしまいました

Photo_5 お座りしながら、こちらを向いたりあちらを見たり。中々モデル慣れしているようで、カメラを嫌がる風も無く「さあどうぞ!」みたいなニャンコの意思表示が感じられる。

Photo_6                     Photo_7

「フニャ~、少し目が覚めたかなニャ」あくびをしながらウオーミングアップ中です。

Photo_8

少し急ぐので、「バイバイ」して通り過ぎると、車上から降りて名残惜しそうにこちらを見ているではありませんか。今度は急いで望遠を取り出してパチリ!

Photo_9 Photo_10

Photo_11Photo_12

Photo_13

近くに来たと思ったらいきなり道路にあおむけになりゴロニャンゴロニャンポーズをとってくれました。やがて起き上がり、少しりりしい顔となり、路地裏探検猫に変身、細い路地に入り込んで姿を消してしまいました。短い時間、久し振りの猫との触れ合いと撫でさせてくれた猫の手触りの感触も嬉しい道草でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春の散歩道に咲く花♪

2010.03.04(木)cloud 昨年10月に始まった建物改修工事は2月末には仮設現場事務所・材料倉庫も解体され搬出された。3月に入ると同時に工事関係の人達の姿を見る事もなくなり、何事も無かったような環境が戻ってきた。建物はきれいに塗装され、各戸のドアの色などが変わり気持ちがいい。

春はすぐそこで寒気が去るのを待っている。寒い寒いと思いながら我が家の植物達を見れば、こでまりも木香バラもミニ薔薇も、カロライナ・ジャスミン、瑠璃祭りなど、新しい芽吹きは更に進み日々育っている。

Dsc_0008

外に出て歩いてみると春めいた花達との出会い。この黄色い花はもしかして「黄梅」かしら。木から長いつるが伸び咲いている。

Dsc_0004_2

Dsc_0005

カロライナ・ジャスミンにも似た花だけれど、その花のラッパのような形とちょっと違う。知らない花との出会いも楽しい季節。

Dsc_0022

遠くの方に天に届くような木が見えたので、近くまで行ってみると、まっすぐに延びた青い竹がすっくとのびて風に揺れ、若緑色の竹と椿の葉の深い緑、その中に咲く赤い花の美しさにしばらく見とれてしまいました。竹の持つ清々しさと空の高さを見ていると心も広くなるような気分に。

Dsc_0028

白い椿。名前は知らない。

Dsc_0030 Dsc_0007_4

一歩表通りに出ると歩道の模様も美しい街。石畳の道を歩くのが楽しい。

夜は、自宅夢二のレプリカ前に置いた桃の枝が妙にマッチして見えてパチリ!

桜が咲く前も歩いてみると美しい花が咲いているので、散歩の楽しみは尽きない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「桃の節句」

2010.03.03(水)cloud気味、時々お陽様が顔を出す。

Photo

桃の節句の早朝は寒かったが、幾らか暖かくなっただろうか。春が足踏みをしている。

Photo_6

朝の雛は、蕾の多い桃を背にひっそりと家人の目覚めを待っていた。

Photo_3

昨日用意した時より花の数が増えている。今日のこの日は華やかに沢山咲いてほしい。

Photo_4

買い物道近くに咲いていた蝋梅。

Photo_5

足踏みしている春が、梅の花が散らないようにストップをかけているのか、通りに咲く梅はまだまだきれい!

Photo_7

昨日仕上がった法事の写真はこれから仕分けをして皆さんに郵送。郵便局できれいな「ふるさとの花」の記念切手を買ってきたのでそれを貼ってtulip 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い3月の朝。

2010.03.02(火)rainのちcloud 洗濯物を干す為外に出たら身が引き締まるような寒さ。楽しむことが出来たバンクーバー冬季オリンピックも昨日が閉会式、昼のリアルタイムでテレビを点けて観ているうちに睡魔に襲われて途中から眠ってしまいましたがsleepy 

3 猫カレンダーの3月。結構お気に入りの白黒猫の絵です。猫を愛する人がが描いた猫の絵って、分かる気がしますcat 

一昨日の法事は、慣れない和室での食事、久し振りに着た少しきつくなった黒のスーツとフォーマルな重い黒のコートにカメラバッグなどを肩にかけていたので、昨日は一日疲れが取れなくて、ぼんやり過ごしてしまいました。何年か前までは着るもので肩が凝るなど考えたことも無く、和室の立ち居や正座で腿が痛くなるなんて体重のせいかと情けなくなりました。そんなわけで昨日はカメラを持つ気にもならず、写した写真の整理と兄弟達に配る写真を選んでネットでオーダーなど。寝る前に凝った肩をマッサージャーで揉み解し、ゆがんだ体を軽いヨガのポーズでもとに戻してからベッドにもぐりこみました。お陰で夜中に目覚める事も無くぐっすり、今朝は久し振りのすっきりした目覚めとなりました。少し前に写真仕上がりのメールが届いたので、昼食後にでも取りに行きましょう。

  camera 

法事の帰り、お寺の境内を歩きながら写真を写させて頂きました。

Photo

赤いよだれかけをかけたお地蔵さん達と石仏が小山のよう。

Photo_2

墓地の門内からお地蔵さんが見える。

Photo_3

龍の口が「清めよ!」と言わんばかりの恐ろしげな表情。

Photo_4 Photo_5

庫裏の前の梅。本家の墓所にあったツクバイ。

Photo_6

この石仏がいざなう先には何があるのだろうか。

Photo_7

Photo_8

すべての煩悩を滅され悟りの境地に至られておられるような、大きなお耳は今も衆生の煩悩を聞かれておられるだろうか、羅漢さま。

大師堂の前で、何とも言えないお顔の羅漢さまと出会いました。

 *****

Photo_10 Photo_11

法事から帰宅した日の夕食は、にわか仕込みのあり合わせポトフを作り温まりました。昨夜は疲れが出て更に面倒な夕食の支度となり、残りのポトフもどきと、野菜としらすのスパゲティ。さて、今夜も寒ければ何か温かいものが食べたくなるかもdelicious 

せめて食欲だけでも滅する事が出来ればと思うけれど、まだまだ修行が足りない私。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「法事」

2010.03.01(月)sunが出てきました。今年も早2ヶ月を過ぎてしまい3月を迎えました。

明日2日が命日の義母の7回忌が、我が家の2月の締めくくりとなりました。

昨日のお天気は、寒い雨模様で始まり法要の後のお墓参りが大変と思っていましたが、法要が終わる頃には、すっかり晴れて暖かくなりました。

Photo

法要が営まれる「本堂」外観。

Photo_2

法要が終わった直後、副住職にお願いして本堂仏壇を写させて頂きました。この後は読経で清められたお塔婆と供えられた花を移動して、副住職と共に全員でお墓参りに。

Photo_3

副住職の読経の中、全員順番に焼香を。ちびっこたちも神妙な顔でパパとお参り。

Photo_4 暖かな陽の光を受けた墓所内のお地蔵さんが、柔和な笑みをたたえて、みんながお参りする様子を優しく見守っていてくれた。

Photo_6

続いて本家の墓所にもお参りに向かう黒い列。墓所内では、お参りを済ませたあと、義弟が子供達に祖先からの歴史を語り継ぐ。

Photo_9

墓地から昼食の為の部屋に戻る。この石段の左上辺りがその部屋にあたる。突きあたりは寺の庫裏の前庭。

Photo_8

観世音菩薩の掛け軸が掛けられたお部屋で、全員揃って少し遅い昼食を頂く。年齢を重ね、長い付き合いとなった兄弟と甥や姪にその子供達一同、昼食を頂きながら和やかな時が流れる。

Photo_11  由緒ある旧家屋を移築されたという建物の中。鴨居の上の桜の文様、扇面の額、天井から下がる照明器具などが落ち着いたたたずまいで、心を和ませてくれる。

Photo_12

活けられた花にもお寺さんからのもてなしの心が感じられた。このお部屋で頂く昼食はいつも懐石のお弁当。

Photo_13

食事も済み、記念のスナップを撮った後は帰路につく。

Photo_14 門の向こうの道路は環状7号線。都内にあって一歩門をくぐれば静かな寺の境内と本堂、大師堂や石仏などがあり、奥には墓地がある。何度も来ているのに、まだお庭の全部は拝見していない。昨日は施主だったので、みんなを送った後に少しお庭を散策して最後に門の外に出た。

Photo_15

外から見たお寺の山門。都内とは思えない静かなお寺で、境内の木々は区の保護樹林になっている。春の山門前には、やがて見事な桜並木が出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »