« 「義母の思い出」 | トップページ | 寒い3月の朝。 »

「法事」

2010.03.01(月)sunが出てきました。今年も早2ヶ月を過ぎてしまい3月を迎えました。

明日2日が命日の義母の7回忌が、我が家の2月の締めくくりとなりました。

昨日のお天気は、寒い雨模様で始まり法要の後のお墓参りが大変と思っていましたが、法要が終わる頃には、すっかり晴れて暖かくなりました。

Photo

法要が営まれる「本堂」外観。

Photo_2

法要が終わった直後、副住職にお願いして本堂仏壇を写させて頂きました。この後は読経で清められたお塔婆と供えられた花を移動して、副住職と共に全員でお墓参りに。

Photo_3

副住職の読経の中、全員順番に焼香を。ちびっこたちも神妙な顔でパパとお参り。

Photo_4 暖かな陽の光を受けた墓所内のお地蔵さんが、柔和な笑みをたたえて、みんながお参りする様子を優しく見守っていてくれた。

Photo_6

続いて本家の墓所にもお参りに向かう黒い列。墓所内では、お参りを済ませたあと、義弟が子供達に祖先からの歴史を語り継ぐ。

Photo_9

墓地から昼食の為の部屋に戻る。この石段の左上辺りがその部屋にあたる。突きあたりは寺の庫裏の前庭。

Photo_8

観世音菩薩の掛け軸が掛けられたお部屋で、全員揃って少し遅い昼食を頂く。年齢を重ね、長い付き合いとなった兄弟と甥や姪にその子供達一同、昼食を頂きながら和やかな時が流れる。

Photo_11  由緒ある旧家屋を移築されたという建物の中。鴨居の上の桜の文様、扇面の額、天井から下がる照明器具などが落ち着いたたたずまいで、心を和ませてくれる。

Photo_12

活けられた花にもお寺さんからのもてなしの心が感じられた。このお部屋で頂く昼食はいつも懐石のお弁当。

Photo_13

食事も済み、記念のスナップを撮った後は帰路につく。

Photo_14 門の向こうの道路は環状7号線。都内にあって一歩門をくぐれば静かな寺の境内と本堂、大師堂や石仏などがあり、奥には墓地がある。何度も来ているのに、まだお庭の全部は拝見していない。昨日は施主だったので、みんなを送った後に少しお庭を散策して最後に門の外に出た。

Photo_15

外から見たお寺の山門。都内とは思えない静かなお寺で、境内の木々は区の保護樹林になっている。春の山門前には、やがて見事な桜並木が出来る。

|

« 「義母の思い出」 | トップページ | 寒い3月の朝。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/47695557

この記事へのトラックバック一覧です: 「法事」:

« 「義母の思い出」 | トップページ | 寒い3月の朝。 »