« 『山手234番館』続き。 | トップページ | 雪の朝 »

横浜山手エリスマン邸のインテリア。

2010.02.01(月)cloudrain 久し振りに曇りがちの朝。

birthday 今日は長女の誕生日。おめでとう娘sign01

日々が無事に積み重ねられている我が子の誕生日は、自分の誕生日よりも嬉しいものですheart04

building

今朝は随分近くで足場外しの音が聞こえた。

Photo Photo_2

と思っていたら、今日は午前中に3階の足場はすっかり外されました。左のような光景を室内から見る事はもう無くなった。午後は雪が降るかもと言う予報で、早めに買い物に行くついでに窓側にも回って見た。職方さん達の手順通りの早い動きで、解体作業が進んでいる。

Photo_3

スーパーの駐車場窓から、雪がちらつきそうな冬景色。

 house

Photo_4

山手の洋館にはレースがお似合い、エリスマン邸のテーブル飾り。大正15年山手127番地に建築された「現代建築の父」と呼ばれたA・レーモンドの設計。平成2年に現在の元町公園に移築復元されたそうです。現在は1階に喫茶コーナーも設けられていました。

Photo_5 Photo_6

サンルームが広い!開口部が大きくて気持ちがよさそうです。

Photo_7

ダイニングルーム。

Photo_8 Photo_9

窓からの眺めが本当に素晴らしいです♪

Photo_10

階段を上り、お2階に。

Photo_11 Photo_12

プライベートな寝室などのある2階に設けられているバスルーム。寒い季節はヒーターが入る。申し分ない設備は当時としては最新のものだった事と思われる。

Photo_13 バスルームに窓。窓の上に湯気を抜くための小窓が二つ。窓の外は季節ごとの変化を見せてバスタイムはくつろぎのひと時となったことでしょう。

Photo_14

広い廊下から、左に広間。正面がバスルーム。

Photo_15

2階から1階に下ります。踊り場の窓大好きです。

rain 

午後、足場が全くなくなった窓の外を見ると雨が降りだしていました。久し振りのまとまった降り。この後予報通り雪になるのかしら?楽しみにしていたBSアンテナの取り付け復旧はお預けになってしまいましたcoldsweats02

|

« 『山手234番館』続き。 | トップページ | 雪の朝 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢さんのお誕生日おめでとうございます。birthday
明日は孫息子の誕生日、chisa-pie様のところとは本当にお誕生日が近いですね。happy01

素敵な洋館の写真がいっぱい、こんなお家に住んでみたいけどお掃除が大変そう・・・coldsweats01

投稿: mayuza | 2010年2月 1日 (月) 23時39分

ありがとうございます!

今日は孫息子ちゃんのお誕生日birthdayおめでとうございますsign01
mayuzaさまのところとは、一日違いが何回かありますね~wink

山手の洋館は立派すぎて、核家族だけでは手に余りそうで、住むのはちょっと大変ですね。明治の建築は今回見ていませんが、大正昭和と貴重な財産を3軒見てくることが出来ました。まだ見ていない建物もあるので次回が楽しみですhouse

投稿: chisa_pie | 2010年2月 2日 (火) 11時05分

Thanks-a-mundo for the blog post.Really thank you! Keep writing.

投稿: lose weight naturally fast | 2013年1月19日 (土) 20時37分

I really liked your blog article.Much thanks again. Want more.

投稿: buy royal empress trees | 2013年1月31日 (木) 09時41分

I am not real superb with English but I find this really easygoing to translate.

投稿: Laser cutting machines | 2013年5月 9日 (木) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/47449804

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜山手エリスマン邸のインテリア。:

« 『山手234番館』続き。 | トップページ | 雪の朝 »