« 春ですね♪ | トップページ | 『山手234番館』続き。 »

『横浜市認定歴史的建造物』

2010.01.30(土)sun 窓の外が明るいsign03 

外界の様子が見えたりすることがこんなに大切だとは、薄い紗幕一枚でも隔絶されてみたりするとよくわかる。別にご近所に興味津津というばかりではなく、外で人が動くさま、車が走る様子、公園で遊ぶ子らの姿、木々の変化に猫や鳥、犬の散歩など当たり前の日常の光景を目にして、共に生きているという感情が無意識の安心感となっていたのかもしれない。今解放された空間が心から愛おしい。

carhouse 

A

日本離れしたここはどこでしょう?異人さんが行き交い、公園で金髪の若いママと青い目の子が普通に遊ぶ場所。勿論私たち同様日本人も沢山歩いている。

B

そう、ここは横浜。開港当時の面影が色濃く残るかっての外国人居留地があった場所。今も残る当時の建築物「山手西洋館」の幾つかが一般に無料公開されている。昨日午後は散歩を兼ねて、その中の何件かにお邪魔してきました。まずは向こうに見える『山手234番館』へ。(昭和2年)1927年、朝香吉蔵の設計により建築された外国人向けの共同住宅だったそうです。

C

靴を脱ぎスリッパに履き替えながら窓の外から室内を覗く。居心地のよさそうな空間が広がっている。

D

外から覗いた室内はインフォメーションルーム、窓辺にこのようなティーテーブルが置かれた気持ちのいい空間だった。

E

廊下をはさんだ向かいのリビング兼ダイニングルーム。広々とした室内の窓下には、昔の暖房機器、室内には暖炉もありクラシカルな雰囲気が漂う。昭和の始めにこんな設備が整っていたなんて。

F

大きなダイニングテーブルはエキステンション。チェアーの肘が手前に向かって高くなり、掛け心地良さそう。

G

洋館の窓はクラシカル。そしてそれらの窓から観る外の庭や風景がどれも素敵!!ガラス一枚で隔てたられた外界との境、窓は建物にとってとても大切なもの。

H

廊下の窓から見える光庭。唯のゆとりでは無く、採光とバスルームからの湯気抜きの役割を果たしたそうです。

I

2階の廊下から。水仙がようこそって。お洒落!

J

2階のお部屋にもお邪魔しました。ここはドレッシングルームかしら?やはり窓の外が素敵。室内の様子や他のお部屋、又ほかにも訪れた洋館の様子などは、この後何回かに分けてご紹介します。

私達の暮らしにも取り入れられる細々したしつらいが、とても素敵でした。

少し体調がよくなり久し振りのドライブで、好きな建築物やインテリアを心行くまで楽しんでくることが出来ました。

|

« 春ですね♪ | トップページ | 『山手234番館』続き。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。
暖かい一日、満喫ですね!

懐かしいです。
ずいぶん昔のことですが、山手よりもっと根岸線の奥ですですが住んでいましたので、よく出かけました。

そういえば、昔お勤めした会社も石造りのクラシカルな建物で、光庭がありました。
それがなくてはきっと暗い部屋になっていまったことでしょう。
今にして思えば、なんて素敵な場所だったのか・・・と。私の人生、もったいない時間の使い方の連続です。(笑)

chisa_pieさんの細やかな目で、素敵な文章で綴られる、これからの連載に期待しています。

投稿: yuriko | 2010年1月31日 (日) 09時49分

こんにちは!

こちらこそご無沙汰です。ブログにはお邪魔しているのですがwink
yurikoさんの時間の使い方は勿体ないどころか、密度が濃くて、羨ましい限りです。それだけの体力があることが素晴らしすぎ!ご趣味も豊富ですもの。悔いる事などありません。キッパリsign01

春めいてきましたね。お出かけが楽しい季節になりました。前は横浜にお住まいだったのですね。羨ましいheart04
山手十番館でお食事やお茶をして資料館を覗く位しかしたことが無かったのですが、今回はゆっくり歩いてみて、横浜の文化の厚みを感じてきました。“住んでみたい”やっぱりそう思える場所でした。横浜は住宅の抽選に漏れてついに縁がなくなり、今の場所になりましたが、今でも残念ですweep
yurikoさんの前のお仕事先も光庭のあるクラシックな建物だったなんて、いい時を過ごしておられます。しばらく“山手”が続きますのでお付き合いください。

投稿: chisa_pie | 2010年1月31日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/47426744

この記事へのトラックバック一覧です: 『横浜市認定歴史的建造物』:

« 春ですね♪ | トップページ | 『山手234番館』続き。 »