« 介護外出でちょっと疲れた、今日はテレビが面白い。 | トップページ | 北鎌倉の彼岸花 »

お墓参り

連休1日目の昨日は、北鎌倉に近い妹のお墓参りに出かけた。

Photo_7 Photo_4 

妹は嫁ぎ先の菩提寺、證菩提寺」の裏山にある北鎌倉霊園に一人で眠っている。彼岸の入り初日は、妹の墓参りにはまだ誰も来ていないようで伸びた草をむしり、花を添えて、自宅から持って行った香りのいい線香をたむけた。

お墓参りを済ませてから、お寺の本堂のある境内に行ってみた。

Photo_5證菩提寺」山門。春に咲く桜の木が穏やかな秋の日に照らされて心がなごむ。

鎌倉幕府が出来るより以前(1189年頃)に源頼朝の発願により建立されたという古い歴史のあるお寺。

「證菩提寺」は高野山真言宗のお寺なので、参道には、「南無大師遍照金剛」と白く染め抜かれた赤い奉納旗が何枚も立てられていた。

Photo_6 本堂では、彼岸の回向が行われていた。本堂に入りきれない檀家の人たちは境内でお経に耳を傾けている。

足元には赤い彼岸花(曼珠沙華)。

2 彼岸花が囲む木を見上げると、雲ひとつない抜けるような青空に向かって、秋の実りの柿が育ち、もう赤く色づき始めている。

Photo_8 青い空は心も晴れ晴れ、お墓参りは混雑が無く、先に済ませてよかった。

〝彼岸会”が終わった後は、新しいお塔婆を持った方達がお墓のある裏山に向けて登り始めた。

Photo_9 Photo_10

裏山にとめた車に戻るため、長い石段を登る。途中息が切れそうになって一旦左手の空き地で休憩。空き地の入り口近くには、冶承四年(1180年)、頼朝が平家方と戦い敗れた時に、戦い戦死した若武者が居たため頼朝は闇に紛れてのがれる事が出来たという。その若武者の父「岡崎四郎義実」の霊が新しいお塔婆とともに祀られていた。

   sun 

お天気に恵まれたシルバーウイーク初日、母は来られなかったけれど末っ子の妹のお墓参りを済ませる事が出来て、清々しい気持ちでお寺を後にすることが出来た。

2009年9月21日

|

« 介護外出でちょっと疲れた、今日はテレビが面白い。 | トップページ | 北鎌倉の彼岸花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

妹さん、一番乗りでお姉さんが来てくれて、とても喜ばれたと思います。
北鎌倉、いいろころにお墓がありますね。
末っ子の妹さんが鬼籍に入られているのですか。
いろんなことが人生、ありますね・・・。

投稿: よしりん | 2009年9月21日 (月) 21時01分

よしりんさん、
おはようございます!

妹が他界してから早いものでもう23年になります。人生は本当にいろいろ・・・。

今年は、何だか早く行ってやりたくて心がはやりました。おっしゃるようにきっと喜んでくれたと思います。

帰りは北鎌倉を少し散策してきました。

投稿: chisa_pie | 2009年9月22日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/46269388

この記事へのトラックバック一覧です: お墓参り:

« 介護外出でちょっと疲れた、今日はテレビが面白い。 | トップページ | 北鎌倉の彼岸花 »