« 今朝の花と音楽そして相模原公園の花達。 | トップページ | 今日から孫娘が検査入院。 »

『東京ジャズ2009』の放送を楽しむ♪

tv 昨夜から、『東京ジャズ2009』の放映がNHKBSハイで始まった。

トップは、矢野顕子&上原ひろみ。

ひろみの最新ソロアルバム「PLACE TO BE」の最後の曲は“グリーン・ティー・ファーム”ひろみの伴奏、そして温かく優しげな矢野顕子のヴォーカルが入る。曲も詩も最初から矢野顕子に唄って貰いたいという思いで作られたという。

昨夜の二人のデュオでも歌われて、ひろみは感極まるのか涙を流しながら伴奏を務めていた。歌詞の中にある「ありがとう」「ありがとう」というフレーズがとても素敵だ。故郷の茶畑を思いながら、感謝する心が素敵な曲となり、一歩ずつ前進しながら更に強くなっていくピアノの技術や音楽界での位置、多くのファンや支えてくれる人々への感謝がこもっている。昨夜は矢野顕子とのピアノデュオもとてもよかった。

昨夜は早くから眠くなってしまい、全部観る事が出来なくて、今日は録画をさっと観たきりだけれど、神保彰のドラムスにリー・リトナーのギター、エイブラハム・ラボリエルのベース、オトマル・ルイーズのキーボード演奏も良かった。神保彰の曲がリトナーの元に送られて、本番のステージはリハーサルが1回というものでありながら、さすがにプロ、そんなことを微塵も感じさせない演奏で、4人のアンサンブルは楽しめました。

それにしても、ひろみを始め、日本人ミュージシャンの作る曲も本当にいい曲が多く、それらがやがて新しいスタンダードとなってゆくのかと思うと何だか楽しい♪

スコフィールドのステージも悪くなかったし、初めて聴いた東京スカパラダイス・オーケストラの元気なラテン系のジャズは盛り上がり、文句なく楽しく、思わず元気が出そう。又改めてゆっくり聴くことを楽しみに。まずは今夜の録画を忘れないようにしなければ。

   telephone 

月末のせいか、介護関係の電話での打ち合わせや、事務的な用事が重なり少し頭が疲れてしまったけれど、母にも電話をしてご機嫌伺い。足の腫れがひいて調子がいいようで元気な声が聞けて一安心。

  budtulipbud

Photo 相模原公園の花壇。こうした花壇があちこちに作られている。

Photo_2

お花を運ぶ可愛い天使のような坊や。重くないのかな?

Photo_3

素敵なガーデニングの間の小路を歩いてみる。

Photo_4 Photo_5

秋の花達がさやさやと風に揺れていた。

2009年9月29日

|

« 今朝の花と音楽そして相模原公園の花達。 | トップページ | 今日から孫娘が検査入院。 »

JAZZ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/46343379

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京ジャズ2009』の放送を楽しむ♪:

« 今朝の花と音楽そして相模原公園の花達。 | トップページ | 今日から孫娘が検査入院。 »