« 牡丹園番外編ー猫の巻 | トップページ | 「NINAGAWA十二夜」をTV観劇、素晴らしかった♪ »

今朝の花達、最近のメーカーのクレーム対応のことなど。

さわやかな気持ちのいい一日だったsun

Photo_2 bud朝日を浴びて、木香薔薇が太陽に向かって枝を伸ばし、蕾が随分開花した。

Photo_4 budアザレヤも眩しそうに、ピンクに染まり・・・今年は少し遅い開花です。

Photo_5 budこでまりは、ほとんど満開!盛りを過ぎると、真っ白の花びら散る。木に咲く白い花が何故か好き。

幾種類もないけれど、次は白の額紫陽花「墨田の花火」の蕾が育ち始めた。

      flair

このところ、買い置きしておいた消耗品の不良が2度ほど続いた。一昨日は電球の不良。少し大きめのボール球。天井付けの照明器具なので交換も脚立を用意したりと面倒だけれど、球が切れれば交換しなければならず、常に予備を幾つか用意しておくのだけれど、今回は最後の1個になり、これが何度ねじ込んでみてもとりつかない。諦めて取り付け部分をよく見ると取り付け部がひしゃげているのが原因とわかった。ボール球を4個つけて使用するので、取りあえず少し暗いのを我慢すれば困るわけではないけれど。念のためメーカーのお客様相談室に電話を入れて、不良品の旨を伝えた。品番などを伝えると「早速、明日新品を発送します。そして原因究明のために、返送用の伝票を同梱するので、箱に入れて不良品を返送してほしいという事で今日午前中に間違いない品が届きました。早速取り付け無事に灯りがつきました。午後には不良品の電球は届いた箱に入れて近所のコンビニから発送。

もう一件は、プリンターのインク。お買い得と勧められて購入したメーカー純正の3色入り。インクの常で各色が一度に交換という事はありえず、最後に交換したインクが確認をせずに入れた自分も不注意だったが、まさか交換色と違うとは夢にも思わず交換して、数日後の印刷時に何枚印刷しても何だかおかしい。2・3度クリーニングをかけても結果は変わらず、ノズルの出が悪いのかと印刷状態の確認を印刷してみて初めて、同じ色が2箇所にセットされている事がわかった。これは箱詰めの段階に間違って混入したのだろう。これも電球と全く同じ対応で、間違って入った2本のうち1本を交換の運びとなり電球と同じ交換方法で解決。唯インクの場合は、随分無駄な試し刷りがあり、全色交換が筋だったかと後になって思ったけれど、メーカーの応対は誠意的だったのでよしとした。

これまでも何かしらの不良な品にあたったこともあったけれど、忙しさにかまけて、そのままにしてしまい、新たに買い換えたりが多かったけれど、今回2度の経験から優良なメーカーはクレームに対しての対応がかなりしっかりと確率している事がわかり安心出来た。プリンターのインクに関しては、セットする前に必ず色を確認するという習慣を持とうと反省することも出来た。

2009年4月22日

|

« 牡丹園番外編ー猫の巻 | トップページ | 「NINAGAWA十二夜」をTV観劇、素晴らしかった♪ »

園芸」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
こうゆう事って、有りがちですよね。
自分の不注意と言うわけでも無いのに、後味の悪い気持ちがして。
でも2社とも、誠実な対応でなによりでしたね。
昔は泣き寝入りが多かったか、あきらめた事が多かったような気がします。
昔と比べると消費者を大事にしてくれるような会社が多くなったし、事実そうでなくてはやっていけませんね。
今は、化粧品でも、開封して気に入らなければ返品できるところがありますものrock
消費者にとってはありがたいですねscissors

投稿: kazu | 2009年4月22日 (水) 20時37分

こんばんは!

インクが少し前のことでしたが、誠意的に翌日交換品を送ってくれたので、今回違う会社ですが、連絡をしてみたら同じような対応だったので、やはり連絡してみて良かったと思いました。その意味からも、やはり信頼のおけるメーカー品を選ばなくてはなりませんね。

化粧品も開封後変えて貰えるんですね。

今の時代は、クレーム処理をきちんとできる企業でないと、消費者の信頼を得るのはむずかしいですね。
いい企業はクレームから学ぶとも聞いた事があります。

投稿: chisa_pie | 2009年4月22日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/44755130

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の花達、最近のメーカーのクレーム対応のことなど。:

« 牡丹園番外編ー猫の巻 | トップページ | 「NINAGAWA十二夜」をTV観劇、素晴らしかった♪ »