« メジロさん達、ようこそ♪ | トップページ | 個人的な日々に感謝! »

矢野沙織コンサート・ツアー2009最終日公演を聴きにゆく。

昨日の午後は、幸いな事に雨も上がり、母の様子を見に出かける。手の様子は大分いいようで一安心。

Photo_3

次の目的地、青山円形劇場へ。駐車場の混み具合が分からなかったので、少し早めに到着。渋谷から宮益坂を上がり、青山学院の反対辺りに位置し、いつも車で眺めながら通過していた場所。初めて円形劇場のある「子供の城」の前に立った。岡本太郎の作品が出迎えてくれた。

少々時間があるので、1階のカフェで軽食をつまむ。入口で手渡しの食券を買い、店内に入ると、広くて、空いている。夫はドリアを、私は握り鮨を。お寿司はお味噌汁付きですぐに出てくる。それなのに、ちゃんと人が握り、ねたも新しく美味しい!お値段880円は回転寿司も負けるのではないかしら。他のテーブルにも、握りやちらしが良く出ていた。何て良心的価格かと感動!

Photo_4                             

軽くお腹も満たされたので、

「矢野沙織コンサート・ツアー2009」トリビュート・トゥ・ビリー・ホリデイのチケットを受け取りに受付へ。18:30分開場。19;00開演。

岡本太郎の作品の後方は「青山シアター」その左手前に位置する入口を入ると受付が設けられ、3階に「円形劇場」がある。

来場者の平均年齢はそう低くない。40代~60代位を中心に若くても30代位までか、20代となるとどうかしらと思うほど。自分達の事を棚に上げて、ジャズ人口は高齢化したまんまかしらと、ちょっと心配になる。

Photo_5 劇場に入る。

最近購入したアルバム「グルーミィ・サンデイ」が、とてもよかったので、今回のツアー最終日に聴きに来る事になった。久し振りの生ジャズ。

舞台には、ピアノ、ドラムス、バイブが見える。開演のブザーとともに、ドラムス&バイブの萱谷亮一、ピアノ後藤浩二が登場、しばし二人の演奏が続き、やがて矢野沙織がアルトを手にして登場。1曲目は、「ラヴァー・カム・バック・トウー・ミィ」から始まった。そして、最後に斎藤ネコ氏登場。

2曲目「ナイト&デイ」アルバムでは、軽やかで明るい雰囲気の演奏が好ましかったが、昨夜は、又ちょっと違うような。3曲目にはジャコ・パスの曲が入り、この曲もご機嫌でした。続いて4曲目は「グルーミィ・サンデイ」「スピーク・ロウ」「イエスタデイズ~ドント・エクスプレイン」「サマー・タイム」「レフト・アローン」と続いた。「グルーミィ・サンデイ」「イエスタデイズ~ドント・エクスプレイン」は特にすばらしく、「レフト・アローン」も矢野のアルトは骨太に切々と歌い上げる。「サマー・タイム」はアルバムの方が良かったかなと思いながらも、メンバーも違うので、又違う味わいを楽しんだ。アルバムには入っていないと思われるピアノとドラムスのメンバーが中々良くて、パーカッションは聴きごたえがあり、ネコ氏のバイオリンとピアノとパーカッションがきざむリズムは胸昂るものがありました。22歳と若い矢野沙織のアルトは、今後の成長が益々楽しみになるような、大きな可能性を秘めた力強い演奏だった。

矢野沙織のツアーだから当然のことながら、メンバー紹介や今回のレコーディングのこと、曲にまつわる話などを彼女が仕切るが、これはツアー最終日の安堵感か、疲れからか、トークの間に語るべき内容の言葉を忘れてしまったのか、「あのあのあの、なんでしょか」などの言葉ばかりが先行して、時間がかかる。内容は何となく理解できたけれど、アルトの技量を磨きつつ、言葉とトークの練習をもう少し積んだ方がいいかな~と好もしく聞きながらも思った。唯その事によって、彼女の音楽性にマイナスが生じるわけではなく、子供っぽい語り口から、演奏に入ったとたんに生じるエモーショナルな演奏は、充分大人であり、ジャズを演奏しているという風格さえある。彼女の語りや年齢の若さなど忘れてしまう。(敬称略でした)

アンコールは、チャーリー・パーカーの曲ともう1曲演奏されてステージが終わった。2時間以上のステージでの演奏は、途中飽きることなく、充分楽しい時間がプレゼントされた。

note矢野沙織さん、斎藤ネコさん、後藤浩二さん、萱谷亮一さん、素敵な一夜を有難うsign01

2009年2月26日

|

« メジロさん達、ようこそ♪ | トップページ | 個人的な日々に感謝! »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
楽しいコンサートだったようですねnote
お疲れ様でした。「こどもの城」は行ったことがあります。上に子供が遊べるところがありますね。
矢野さんのトークは、いろいろ言われているようで、彼女独特の世界があるようですねhappy01
矢野さんはお若いのに、お客様の年齢層は高めなんですね。そう言われてみれば、私も20代はジャズがまったくわかりませんでしたcoldsweats01
若い時に、同じ「グルーミィ・サンディ」を聴いて良いと思えたかどうか・・・
しかし、このアルバム、はまってしまいますねscissors

投稿: kazu | 2009年2月26日 (木) 21時04分

kazuさん、今晩は!寒いですね~gawk

「こどもの城」は、ホテルのご利用でしたか?
館内は1階周辺だけしかみていませんが、便利な場所で、駐車場もあって助かりました。

矢野さんの演奏は堂々としていて、女性である事も若さも、何のハンディも感じず素直に楽しめました。トークは嫌みがあるわけではないので、可愛いのですが、大人の仲間としてもう少し・・と感じたまでで・・・。
ジャズの深みを理解するのは結構時間を要しますもの。あの若さであれだけ吹けるのに、「ネコさん達のお陰で、私はぷーぷーしていただけ」みたいなことを謙虚に言ったりして好感はもてました。
今日も、musicを耳にあてcdを聴いてみると、やっぱりいいです。kazuさんと好みが合って良かったcoldsweats01
snowの予報もでているので、お大切にsign01

投稿: chisa_pie | 2009年2月26日 (木) 23時20分

おはようございますrain
朝から冷たい雨が降っています。
「こどもの城」は孫と遊びに行っただけですが、あの青山界隈はステキなお店が沢山あって好きですheart04
矢野さんのトークは、ご自分で「あの~」が多くて、ネコさんに「亜野沙織」と言われたとか。ブログに書いてありましたconfident
無事ツァー終了のようで、「お疲れ様!」って言ってあげたくなります。
お仕事柄、生活が不規則になるでしょうから、まだお若いので身体に気をつけて欲しいですね。(母親のような気分happy01

投稿: kazu | 2009年2月27日 (金) 08時39分

おはようございます!

1時間以上前から、雪に変わりました~snow
寒いわけですcoldsweats02

carouselpony「こどもの城」はお孫さんとでしたか。小さなお子さんには楽しいところでしょうね。

>ネコさんに「亜野沙織」と言われたとか。

上手いですねsign01さすがはミュージシャン!私は、逆に、「あのあの」ではなく、いっそ「やのやの、エッ、やの」と言ったら面白かったなんて・・・、ウフフ

ともあれ、素晴らしい才能に脱帽でしたsign01
お客様は沢山入っていましたが、年齢層が高かったので、若いジャズ・ファンがもっと増えてくれるといいな~と思いますnote

投稿: chisa_pie | 2009年2月27日 (金) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/44183427

この記事へのトラックバック一覧です: 矢野沙織コンサート・ツアー2009最終日公演を聴きにゆく。:

« メジロさん達、ようこそ♪ | トップページ | 個人的な日々に感謝! »