« 倹約料理のこと。そして「ジャズ来るべきもの」を聴く♪ | トップページ | 神木山に初詣にパート2 »

神木山に初詣に

義父の代からずっとお守り頂いているお寺に初詣に行ってきた。暮に片付けをしていた夫が、40年以上にわたり、ご祈祷頂いたお札や家族のお守りのお焚きあげからもれていたものを見つけて、そのお焚きあげのお願いも兼ねての新年のご挨拶となった。                            

1_2川崎市宮前区神木本町にある天台宗神木山等覚院山門である仁王門。別名つつじ寺とも言われるお寺で、刈り込まれたつつじが手前に見える。花の季節にはつつじの名所として訪れる人たちでにぎわいを見せると言われている。

Photo_2 仁王門をくぐり、左手を見ると「本」「金五拾円」「仁王尊二たい(一対)」という文字が見える。右下の方に小さく「京橋南北講」の文字も見える。山門の仁王像へのご寄付か何かの時に建立されたものだろうか。

Photo 本堂に向かう参道にも、刈りこまれたつつじが。花が開いたときは見事なつつじの参道となることでしょう。

Photo_3 等覚院本堂。関東三十六不動霊場第六番神木不動尊ということで不動明王坐像がご本尊。又、関東薬師札所十六番ということで、ぜん息平癒の祈祷もされている。薬師如来は薬壺を左手に持ち、衆生の病を治癒して下さる仏様、眼病にも霊験あらたかといわれている。

Photo_4 無垢水で、手を洗い口をすすいで参拝するのが習わしであったが、当節は口をすすぐ人は少ない。確かに鳥や猫も水を飲みに来るだろう。今は手を清めるだけでも仏様は充分と思ってくださるでしょう。

(続く)

2009年1月5日

|

« 倹約料理のこと。そして「ジャズ来るべきもの」を聴く♪ | トップページ | 神木山に初詣にパート2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
立派な仁王門は歴史を感じますね。
つつじが満開の頃は、さぞかしきれいなことでしょうsign03
私は神社仏閣に行くのが趣味と言うくらい好きです。何も知識は無いのですが、行くと落ち着きますね。
ちょうど今日も名古屋の大須と言うところにある「大須観音」に行って来ました。
目的は、すぐ近くにある「大須演芸場」の寄席なんですけどcoldsweats01
笑って、笑ってup楽しかったですよ。

ご心配をお掛けしています。私は体力は無さそうで有るんですよcoldsweats01
細いながらも・・・ただ気温の変化や、季節の変わり目は苦手です。

投稿: kazu | 2009年1月 5日 (月) 22時35分

今晩は!

>私は体力は無さそうで有るんですよ
>細いながらも

絶対的な私との相違点を見つけましたsign02全然違う・・・gawk
でも、何よりです。今日もお出掛けで、笑っていらしたなんて。お元気な証拠!

今日は久し振りにお寺に行って、心が洗われる思いをしてきました。夫と二人でちょっぴり楽しい思いもしてきました。続きは又明日にします。

投稿: chisa_pie | 2009年1月 5日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/43650469

この記事へのトラックバック一覧です: 神木山に初詣に:

« 倹約料理のこと。そして「ジャズ来るべきもの」を聴く♪ | トップページ | 神木山に初詣にパート2 »