« こんな日はお正月疲れをジャズで癒そう。 | トップページ | うっすら風邪気味の午後 »

まあるいお月さまとうさぎ

sun昨日とは打って変わりいいお天気で、昨日あきらめたお洗濯も出来た。

やはり、おひさまの光が入る室内にいる方が楽しい。そして心もあたたかくなる。

けれど、新年を迎えても相変わらずの暗いニュースが続いている。世界中が閉塞感に陥りそうな、アメリカの失業率7.2%に上昇という、オバマ氏の大統領就任の日を前に厳しい状況が紙面に躍る。オバマ次期政権の今後2年間で300万人の雇用創出が実現できるだろうか。日本とて派遣切りや雇用の不安が一杯だ。一筋縄ではいかない経済状況がまだしばらく続いて行くことだろう。

自分達は職業から解放されたとはいえ、このような政治経済の流れの中で生きている事は等しく変わらず、今年もつつましく暮らすことしか思いつかないし、それはもう今後の生涯決まっている事実でもある。せめて太陽に感謝し、草花に思いをはせ、その成長を喜び、音楽に耳を傾けられる幸せに、静かに日々を暮らせる事に対して、感謝の心を忘れないように生きるのみである。

clovercloverclover

読売新聞朝刊に「五郎ワールド」という記事があり、特別編集委員の橋本五郎氏の今朝の記事中、「二世社会」への警告という、小見出しが目についた。

>建築家の安藤忠雄氏が、作家の村上龍氏の言葉「日本には何でもあるが希望だけがない」と言っているのを至言だとし、問題は「二世社会」であることだと言う。

 多くの二世議員や、二世総理大臣が続いている。日本のトップ企業であるトヨタも今年は14年ぶりに、新社長は創業家の豊田章男氏に引き継がれる。

二世化が支配している世の中ということで、

>リーダーとは本来チームから選ばれた人がなるべきものだ。それなのに、能力のあるなしにかかわりなく、初めからリーダーに決まっているというのでは社会全体が元気にならない。「二世の多い団体を見ていると、死にものぐるいで勉強していない。身を張って責任を果たす覚悟が足りない。世界観が感じられないし、緊張感も見えない。極悪人もいない。だからパワーが感じられない」 独学で建築を学び、自らの力だけを頼りに作品を生み出してきた安藤さんから見れば「二世社会」と「天下り社会」は同根に映る。天下りは官僚の世界だけではない。大企業だって同じだ。徹底して壊していかなければ、日本は立ち直れない。

以下、6月3日に安藤氏設計のイタリア・ベネチアのサンマルコ広場の対岸にオープンする美術館の話が紹介される。(略)

そして、最後の章には、他紙の記事で締めくくられていて、その記事に又感銘を覚えたので引用しておきたいと思う。

>正月の紙面で目を引いたのは俳優、仲代達矢さんの朝日新聞のインタビュー記事である。 役者になって60年近くになるが、常に不安定な職業である。退職金も失業保険もない万年失業状態の日雇い労働者だ。「無名塾」という俳優養成塾には28人の役者の卵がいて、コンビニでバイトしたり、臨時の派遣をして食いつないでいる。「この子たちがいよいよ苦しくなったら?そうですね、出演料を、私も俳優も裏方も、みんな同じにします。そうすればみんなにお金が行き渡る。小さな組織ですが、経営者とはそういうものではないでしょうか」「もし私が企業家に何か言うとしたら、『これまでずいぶんもうけてきたでしょう。ためたお金を彼らに与えたらどうですか』ということです」企業における「ノブレス・オブリージ」(高い身分の人に伴う徳義上の特別の義務)とは何かを深く考えてしまった。ー以上ー

仲代達矢氏は俳優としても素晴らしい方だと思っていたけれど、組織の長としても立派な見識をお持ちでいらっしゃる事とともに、他紙の紙面からの引用で紹介された事が、何だかとてもすがすがしい気持ちで記事を読むことが出来た。

fullmoon

今日も疲れが残り少しぐずぐず過ごしていたが、夕方になって夫が急に図書館に行きたいと言い出したので、暖かくして同行。4時過ぎの東の空にはまあるいfullmoonが、西を見ればsunが沈みかけている。先に電話で借りたい本の確認をしたら、用意をして置いて下さるということで、図書館はすぐに済む。裏の公園に回り、少し散歩をする。

Photo

夕暮れの木立の向こうには、月がまあるくとてもきれい。お月さんのうさぎの餅つきは写らなかったけれど、

Photo_2

すぐ目の前の大根畑を見ていたら、月から来たのか、うさぎがぴょんぴょんやってきた。毛づくろいをしたり、のびをしたりと私達が立ち去るまで大根の前でポーズを取り続けてくれて、立ち去るのを見てから、どこかにぴょんぴょんとかけていった。帰りがけにもう一度、畑を見たけれど、うさぎの姿をどこにもなかった。やはり月に帰ったのかしら?

2009年1月10日

|

« こんな日はお正月疲れをジャズで癒そう。 | トップページ | うっすら風邪気味の午後 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/43695642

この記事へのトラックバック一覧です: まあるいお月さまとうさぎ:

« こんな日はお正月疲れをジャズで癒そう。 | トップページ | うっすら風邪気味の午後 »