« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

良いお年をお迎えくださいませ!

sun

お天気に味方された年末です。暖かくて助かります。

1 bud

ホワイト・マーガレットがたわわに咲いた。

クリスマス・ローズの蕾が四つに増えてピンクに色づいていた。葉の茂みの中でひっそりと開花を待っているbud

car早めに買い物に出て、生鮮市場とスーパーと2箇所まわり、残りの私の買い物はすべて終わった。昼食後は残っていた細々したところを片付けてから、きれいになった仏壇、玄関、机の上などに花を飾る。

1_3

flair夫が何年ぶりかに、ふた部屋分の照明器具をきれいにしてくれたので、さっぱりとして、何だか、部屋が明るくなった。電気の灯りその物も、同じワット数なのに明るいshine

1_4

bottleお供え飾りの後ろにお神酒も入り、花も飾った。花は計算を間違えてしまい、少し足りなかった~coldsweats01!もう一度買い物は行きたくないので、テーブルの花はテラスで探してこよう。

それでも、なんだか嬉しい年の暮れ。今年は一番二人で協力しながら、準備がすすんでいる。

今夜から、お料理の下ごしらえや準備にかかり、明日はお料理に専念。

 heart04heart04

最後になりましたが、年初から始めました当ブログも、まる一年が経ちました。この間、拙ブログにご訪問をいただきました、

  多くの皆様方に、厚く御礼申し上げます。本当に有難うございました。

不慣れな中、無言の励ましや、有難いコメントをお寄せ頂きました事が、大きな応援となりましたことを心から感謝しております。

 皆さまには、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

そして又来年も、このようなブログではございますが、是非お気軽にお立ちより下さいますように、どうぞよろしくお願い致します。

2008年12月30日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ押しつまりました!

sun年の瀬はお天気に恵まれ、暖かく過ごし易い。すっかり押しつまり、後2日と少し。

片付けも一段落。今日が最後のごみ収集にも、昨夜のうちに出し終えて何とか新年を迎える準備も予定通りに進んでいる。しかし、ゴミはお正月の準備が始まると、これからまだまだ出るので、年明け最初の5日の収集までは出すことが出来ず、ちょっと大変think

1_2 

午後、窓の外から鳥たちのさえずりが聞こえてきた。目をやると、ほとんど葉を落とした木の枝には、沢山の小鳥達が枝にとまり、さんざめいている。どこかで美味しい木の実でもついばんできた帰りの一休みだろうか。

car夕方前は野菜などの買い出しに。冷凍できるもの、日持ちしそうなものなどを中心に。余り重くなっても大変なので、明日もう一度花を買いに出るので、少し買うものを残しておしまい。

野菜の価格がやや高めだけれど、お正月の食品自体は思ったほどお高くないような気がした。最近はどこのスーパーも日替わりで数量限定の品を目玉に乗せているチラシが目立ち、朝のうちは込み合うのだろうか。今日あたりは夕方の時間帯は、割合空いていた。先日レタスの数量限定で懲りたので、あの日以来、数量限定には踊らされないことに決めた。

さあ、明日は最後の点検と花などを飾り、お料理に取りかかる。大した事はしないと言っても又忙しくなる。早めに寝ることにしましょう。

ああ、何とか無事にお正月を迎えられそうだ!~bleah~!

2008年12月29日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「メダリスト・オン・アイス」

note真央ちゃんも美姫ちゃんも村主さんも、そして織田君も小塚君も、今夜は素晴らしかったですね!日本のスケートは何てレベルが高いのでしょうsign03

今夜は番組途中からでしたが、TVに魅入ってしまいました☆~confident~☆

notes今回はタンゴやボレロが多く、音楽がすごく良くて、そこにレベルの高いスケーター達の華のような滑りが乗って、選手の皆さんののびやかな演技に魅了されました。

1 真央ちゃんは、難易度の高い滑りで昨日のフリーは惜しくも2位でありながら、総合で1位と女王の貫録まで備わってきたように見えました。今日も素晴らしかった!美しいプロポーションで、赤と黒のコスチュームも彼女の滑りがより素晴らしくひきたち、細かなステップも入り見事な演技でした。

村主さんのピエロ姿も、可愛らしくしっかりとした滑りが見られ、又美姫ちゃんのボレロも黒と赤のコスチュームで髪型を後ろで結んだだけのシンプルなスタイル、とても素敵でした。男子の織田くんは、ブランクなど感じさせない滑りに圧倒されましたし、小塚君の滑りもステップやジャンプが見事で、今夜は男子スケートも、しっかり見ることが出来て感動でしたsign01

お掃除に明け暮れたので、束の間、本当に夢のようなひと時でしたnote

sunがよくて、朝からお掃除がはかどり、少しずつ家の中がさっぱりとしてきて、やはりきれいになるのは気持ちがいいこと!coldsweats01! 来年は、もう少しこまめにお掃除をしようと心の中でつぶやいています。

1_2

28日の今日、何とかきれいになったので、お花はまだですが、お供え飾りまではこぎつけました!ホッ!

我が家のお正月飾りは猫ばかり・・・cat

猫飾りを見ると欲しくなってしまい、丑年の来年も今年の子年に続いて、やはり猫heart04

左の銀杯の後ろに、丑年だった義父の遺品、小さな牛の彫り物が乗った蔵書印を飾りました。

後一か所の猫飾りは、お正月のご挨拶に致しましょう♪

暗いニュースの多かった今年ですが、少しでも明るい年になるように祈るばかりです。

2008年12月28日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒猫くんとピー。小掃除続く。

sunとてもいいお天気だけれど外に出ると寒い。室内は温室効果で動いていると暑くなってくる。

1_2 cat

今朝は、久し振りにテラス下に黒猫がいた。白と茶トラと3匹が、あちらこちらの日向で遊んでいる。「クロ!」と呼んだら振り向いた。野生で暮らす猫なので、少し猫相が良くないかな?全身、真っ黒の本当の黒猫。

双子のような黒猫がもう一匹いたけれど、ある日公園前の道路で交通事故にあい、お☆さまになってしまった。

02090312dsc_1 cat

我が家に居た黒猫「ピー・ブチャマル」は、白と黒のツートーンで、首からお腹が白くて、白い手袋と白いソックスをはいていた。

2002年、まだ元気だったころ。夫と二人で仕事に出ている間は、お利口にお留守番をしてくれた。困ったいたづらもしない、とてもいい子だった。回転椅子の背もたれの上で寝ていたり、肘掛の上でお座りしていたり・・・。

まだ仕事をしていた頃はごたごたした部屋だったと思うけれど、今も余りかわらないか・・think テレビの形も今見ると古風だし、今では使わないビデオテープもある。懐かしい・・・。

☆☆☆

午前中から午後にかけて、お掃除の続き。今日は玄関、トイレ、お風呂洗面所と続く。玄関はさっぱり!ドアを拭いて床も洗い、額や鏡も磨いた。明日位から花を飾る事が出来るところまできた。

3 bud

トイレは余りきれいなところではないけれど、クリスマスに飾ったゴールド・クレストがまだとても元気で、捨てるのも可哀想なのでトイレの棚に飾った。一緒に挿したヘデラからは、もう根が出ていた。二鉢に増えているヘデラが又増えそうだ!

お風呂は、全体に洗剤をかけて、後はシャワーで流すだけ。洗面所も洗面台を洗えばおしまい。

お掃除の仕上げは、家具を拭いて掃除機をかけて、お仏壇掃除は夫の役目。水周りが済むと、もう相当済んだ気がしている。

などと思いながら、又しても休憩が長引いてしまったcoldsweats01 

今年もあと4日と少し。

2008年12月27日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

娘が野菜を持って来てくれた。

娘からmobilephoneが入り、「新鮮野菜を沢山頂いたから、持って行ってあげる」ということで、白菜、大根、里いも、ブロッコリがたっぷり!今夜はブリ大根に決まり!

先ほどまで、しばらくぶりでおしゃべり。インフルエンザはもううつらないからと言われても、ちょっと心配で3人でマスクをしておしゃべり~bleah~。気管支炎が残っているということで、少し咳きこむけれど、昨日から仕事も出ているという事で一安心wink

近況やお正月の打ち合わせなどをして、少し前に帰った。

dog

081102_1505 娘が、昔我が家で11年間ともに暮らしたシェルティの写真を携帯の待ち受けにしていた。当時はまだデジカメも携帯もなかった頃のこと。写真が出てきたので、それを写したということで、少しぼやけているけれど、早速私達の携帯にも送ってもらった。

生後2か月で我が家にやってきた時は、両の手のひらに乗る位小さい赤ちゃんで、愛くるしいその姿に夫と二人で一目で気に入ってしまい、犬屋さんに取り置きを頼み、夏休みの家族旅行の帰りに、渋谷宮益坂の犬屋さんに受け取りに行った。その日から我が家の大切な家族になった。名前は「アビ」当時はまだ世田谷に住んでいて、アビが大きくなると、小学生のころの息子が住まいの前の通りで、スケボーに乗り、毎日のように犬と走り回り遊んでいた。二人の子供達の大の仲良しだった。

散歩が大好きで、そろそろ連れてゆく頃になり、誰かが「ポッ!」といっただけで、玄関に飛んでゆき散歩用のリードを加えて、リビングまでひきずってくる。

誰にでも友好的で、神奈川に越してきてから、しばらく経って黒猫のピーが我が家にやってくると、いつもピーの後をついて歩き、2匹でくっついて眠ったりと寛容なお兄ちゃんワンコだったけれど、ピーと2年も暮らさないうちにあの世に旅立ってしまった。

その時に側にいられず、夫が駅の近くまで迎えに行っても見当たらなくて、夜遅く帰ってきた息子が、「アビ」の遺体と対面するなり、声を出して「アビー、アビー」と泣いた。

息子は今でも犬好きで、パピヨンを2代続けて飼い続けている。

pc

今日は大掃除は余り進まず、お正月飾り用に額に入れる絵をのんびりパソコンで作っていたので、実質お休み。来年は丑年だけれど、我が家はいつも猫飾り。机の上は、その絵と招き猫をあしらって飾り付ける予定。アビの写真がきたので、ピーの写真と一緒に並べよう。

明日は又、お掃除の続き・・・・・coldsweats02

2008年12月26日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大掃除第二弾!終了~!

coldsweats02 やりました~sign01

クリスマス気分は、卒業できました~きっぱりと!

1_2 キッチン、ピカピカshineになりました!今キッチンにあるものを一つずつ洗い移動して、チビの私は、キッチンの上に座り込み、油汚れなどをスポンジでごしごし。昨年リフォーム時にキッチン・ボードを張り巡らせてもらったので、汚れ落としはとても楽でした。棚は簡単にはずれるし、換気扇のお掃除もとても楽に終わりました。そして移動したものを元通り納めて完了。こんな事を半年に一度位していればいつもきれいでいられるのに・・・、暮れにならないとその気になれません。

12_1 そして、毎月色々なチーズをおしゃれな写真で楽しませてくれたカレンダーとも、もうじきお別れ。記念にパチリ!

cat来年は猫のイラストカレンダーがここで活躍してくれます。

1_3

これは、水差し。これも一生懸命こすりきれいにしました。昭和41年にジャズの店をオープンしてから昭和63年の閉店の日まで使われたものです。

doorが開いて、お客様がいらっしゃると、一番最初にこの水差しからグラスに水を注ぎ、「いらっしゃいませ」とテーブルにお持ちして、オーダーを伺いに行くのでした。そしてcafeだったり、紅茶だったり、コーラだったりとご注文を伺いました。私は2年に満たない間、その後、早番、遅番、時には中番と長い間には、アルバイトの人達が100人や、いやそれ以上の沢山の方達の手で使われたものです。閉店の日まで活躍してくれたもので、やはり捨てるわけにはいかない思い出の品なのでした。

notecdnote

081225_19040001 お掃除の後は、お茶とジャズで♪

「youkali」とタイトルがあるのですが、恐ろしげなジャケットのため、長い事「youkai」だとばかり思い込んでいた私。

「ユーカリ」録音年が分からないけれど、比較的新しい感じの音楽なので、2000年前後?のものかしら?ジム・ホール、私は大好きなギタリスト。それでも最初はとっつきにくいと思っていたけれど、ふと、自分の耳が変化したり、音楽性に少し追いついたりするような気がする時があり、今このアルバムはそんなとき。中でも良く知っった「ジヤンゴ」はわかりやすくて面白い、そしてどの曲もけっして悪くなく、お気にいりの1枚になっている。

休養終わり!少し遅くなったけれど、これから夕食の準備であります。

2008年12月25日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス気分卒業!暮の仕事にかかります!

お天気がよくて嬉しい♪昨夜はホッカイロを貼って横になったので、おかげでぐっすり眠れてお寝坊まで出来た!

Xmas_1 xmasshinewine

昨夜は夫と二人だけの静かなイブの夜だった。結局お料理も手抜きで、チキン腿を焼いて、マカロニサラダ位しか作らず、それでも量は充分に足りてしまった。クリスマスにつきもののケーキは、一昨日母のところで大きな生クリームたっぷりのものをぺろりとたいらげてしまっているので、体の為に用意をしなかったthink

notecdnote食後は夫がチョイスしてかける、日本人ジャズ・プレーヤーたちによる昔の歴史的なアルバム「モカンボ・セッション」など聴きながら過ごす。若き日の秋吉敏子や渡部貞夫など、今聴いても温かみのある楽しい素敵なセッションで、ピアニストの秋吉敏子がベースを弾いたりしているめずらしい曲もあります♪♪

cat

用がありテラスに出ると、聖夜の白ネコが一匹、テラス下の定位置で上を見上げている。そして再びテラスに出るともういない。その後テラスから見てみると・・・。

Xmas_1_2 xmasheart02xmas

聖夜は猫達のところには、ちゃんとサンタさんが来てくれて、砂場の周りで美味しい餌をたっぷりとプレゼントされていました。白ネコさん達が5匹も!砂場でクリスマスの晩餐会を開いて、美味しそうに食べていました。

闇夜の暗い公園を写してみた写真は真っ黒でしたが、パソコンのソフトで露出をあかるくしてみたら、うっすら白ネコ達が浮かび上がりました。クリスマスの白ネコ、ご覧になれるかしら?

budbud

1 sun今朝は暖かいので、テラスに出て少し前から咲き出したピンクのプリムラの小さな苗を二つ別の鉢に植え替えた。シクラメンは、まだ葉ばかり。

テラスも、もう少しきれいにしたいけれど、年内に出来るかな?

午後は、キッチンを掃除の予定。

2008年12月25日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今夜は静かにクリスマス・イブを!

xmasイブshineshine

なのに、鼻水は治まったものの、疲れが残ると大変と夫から「休養するようにsign01」と命令されてしまい、テラスに出てもすぐに「中に入るように」ときびしいeyeと言葉が・・・・・weep・・自分ではたいした事無く思っているけれど、確かにクリスマスよりその先の新年の準備の方が、家族が集まるので重要だ。もう一日休養日となる。

パソコンの調子もよくなり退屈はしないけれど。

1_2 budこっそり、テラスの花達を見に行った。ベゴニヤのWさんは満開を少し過ぎた。エリカのピンクもヴィオラも元気だ。すみれが少し元気が無い気がするけれど、様子を見よう。

1_4 budxmaspresent花達からの贈り物!

一番右のクリスマス・ローズから届けられた!沢山の葉の下に、ひっそり花芽がひとつかくれていた。なんて嬉しい贈り物。

昨年の今日は、シクラメンが一輪咲いて喜ばせてくれたけれど、そのまま5月位まで次々に花をつけて咲き続けてしまい、肝心の今年のクリスマスはまだ葉だけで蕾も見当たらない。

その代りのようにクリスマス・ローズの蕾を見つけてしまった!

notecdnote

081221_1810 猫が歌う「サイレント・ナイト」を聴き終わったので、今度は先日我が家に仲間入りしたオムニバス盤の「甘く危険なジャズ・ブルース」を流す。

往年のファンキーな曲ばかりがチョイスされて、これは又懐かしくもあり、ご機嫌な1枚です。ルー・ドナルドソンの「ブルース・ウオーク」キャノンボール・アダレイの「ワーク・ソング」アート・ファーマー「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」等々。他にジミー・スミス、ホレス・シルバーのヴォーカル入り「セニョ―ル・ブルース」等も入り、たちまち60年代半ばのジャズ喫茶みたいな雰囲気がnotesかっての渋谷の百軒店あたりが一番思い起こされる。

xmas今夜は骨付き腿のチキンを焼いて、ホット・wineを頂きながら静かなイブを過ごすつもり。明日からは、本腰を入れてお掃除、そしてお正月の準備が待っている。

2008年12月24日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

年内介護納め。今日は鼻風邪気味でパソコンの不調直しに専念

sun朝食後、しばらくするうちに、鼻水がじゅるじゅる、やばっ!風邪かもと思いすぐに感冒薬を飲む。何だか体がだるくて何もする気がしないので、のんびり。

 car

昨日は母親の歯科医往診の年内最後の日になるので、昼過ぎに二人で買い物をしてから車で実家まで出掛ける。往診に来られるのを待つ間、急ぎ掃除機をかけ、仏壇のお掃除を済ませる。片付けはヘルパーさんの手を借りながら、随分すっきりしてきたけれど、掃除機までは誰も中々手が回らない。簡単だけど暮のお掃除のつもり。

相変わらず入れ歯は中々見つからなかったけれど、そのうちに母が手品のように、どこからか出してきて、往診までには見つかりホッとする。

今回の調整でほぼぴったり合い、後は本人が毎日きちんとつけて慣れることが大切なのだけれど、どうなることか・・・think・・。その後は入れ歯をつけて夕食。違和感は全く無いとのこと、美味しく食べられるということで一安心。先生は来春もう一度、往診に来て下さるとのこと。

cake少しさっぱりした部屋で、母の夕食後は持参のクリスマスケーキを囲んでおしゃべり。と言っても母の話を聞く事がメイン。分かりにくい話が続く中で、ふと私に向かい「ちーちゃん、格好がいいわね。」と言う。先週は「少し、太った?」と言われた。「洋服のせいでしょう、太目は変わらないわよ」というと、「そうかな、太っていても折り目正しい太り方ってあるでしょ、形がいいわよ」と、??夫が、すかさず、「そんなこと言ったら、僕なんかさしずめ折り目正しい馬鹿かな?」と受けて、三人で爆笑♪

自分のとっさの一言で盛り上がり、デイサービス、歯科医の往診に私達の訪問で疲れ気味の母も幸せそうな様子。「笑う門に福来る」、今の母には、笑うことは脳の為にはいいかもしれない。

carrain

夕方から雨が降りだして寒くなってきた。

12222 shinexmasshine帰りは、表参道に出て表参道ヒルズの前を通り青山通りに出るコースで帰宅。ヒルズは同潤会アパートの跡地のため建物の幅が広く、向かい側の道路にでも行かなければ、車内からは写真を写せそうもなく、ヒルズのイルミは見るだけにとどめて、通り過ぎたあたりで、動く車内から停車した位置からのみ、cameraでパチリ!

折からの雨粒がウインドーに張り付き写真が水玉模様にcoldsweats01

12223 shinexmasshine森英恵の店近く、青山通りの少し手前あたりか、ひときは眩しい灯りのショー・ウインドウ。

この辺は、ブランド店が多くイルミネーションもひときわ美しい。そして、青山通りから宮益坂手前で左にそれて、246方面にcarで走ると、あとは246に面したセルリアンタワー東急ホテルの前のxmasxmasxmasxmasxmasのイルミネーションがきれいな位で、美しいイルミともお別れして、ひたすら帰路を目指すのみ。

coldsweats02 さてさて冒頭に書いたとおり、今日は疲れが出たのか、鼻風邪気味でティッシュと仲良く過ごし、マスクをかけて、パソコンの手入れ。一昨日から動きが遅くフリーズしたり散々で、強制終了までしてしまったら、立ち上げても真っ黒の画面に横文字の長い警告文が出て、長いこと修復をしているようだった。それでもなお今日も不調なpcくん!仕方なくCドライブのディスク・クリーンアップを。これも時間がかかった~!それでも2G程の容量UPが出来てやっと快適に文字を打てるようになった。パソコンも持ち主の手あらな扱いに少々疲れてしまいギブアップしていたのかも。元々、ヴィスタのCドライブは重すぎるけど~bearing

telephone娘から、インフルエンザが大分よくなったとの連絡が入ったり、夕方は旧職場のリフォーム部門の友人がカレンダーを届けに来てくれたりと年末らしい一日。こんな日だったので、二人で年賀状も書きあげて、無事に郵便ポストに投函することが出来たsign03

2008年12月23日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「影武者」のこと、パソコン不調!

tv

昨晩は映画「影武者」を半分弱まで観て余りの面白さに、全部観たら大変と、心を鬼にしてスイッチを消して残りは明日ということに。そして、年賀状に取りかかった。

私の分は半分以上書きあげた。宛先を見ながら一言ずつ下手な文字で2・3行ずつ書いて行く。長年お目にかからないまま、年賀状だけが行き来している方達も多い。ご無沙汰のお詫びと近況などを書きこむ。残りは20枚ほどになり目鼻がついてきた。夫はまだとりかかってくれない。印刷だけはせかされたのに・・・・・・think・・・・・

今日の夫は、、一部のガラス磨きや、古新聞をまとめたり出しに行ったり。ちょこっとお買いものなどをしれくれている。風が強くふいているけれど、暖かい師走の一日。久し振りに自宅で掃除やテラス仕事の続き。幾らか片付き、少しきれいになってきた。あとは私の古いデスクトップパソコンの周りはどうしようか。パソコンを処分するとパソコンデスク上がすっきりして、ノートパソコンのうち一台を持って行くことができる。

年内は無理かもしれないけれど、思い出多い98’ともお別れする気持ちの整理はついているので、いつ決行するかだけなので、そのうちに・・・・coldsweats01

tv

午後は録画しておいた映画「影武者」の続きを観る。長い映画なので2部にわけて良かった。黒澤映画らしい壮大なスケールで描かれる時代劇映画の超大作。まず映像が凄いこと!一つ一つのショットがまるで絵画のよう。そしておおがかりな騎馬のシーンや戦のシーン、映画本来の映像が雄弁に語る物語の進行。登場人物もさることながら、そこのすごさに圧倒された。長い騎馬や戦士達の行進などが、静かに流れてゆく画面が観ていて飽きることなく、又そのことが次にシーンチェンジしたときに大きな効果をもたらす。

1 武田信玄とその影武者を演じ分ける仲代達矢が素晴らしいし、映画の冒頭から次のシーン位での大滝秀治が訪ねて来てかけあうシーンはジャズのセッションのような小気味のいい演技が見られる。信玄の弟役の山崎努もとてもよかった。映画のストーリーはご存知の方が多いと思うので割愛するけれど、「昔観たので・・・・」と思っても、もう一度観ても決して退屈しない面白い映画だった。映画館で観ているのに、本当に部分てきにしか覚えていないので、新作に出会ったような感激でした。

今日はパソコンが不調なのか、ネットの具合かブログが混み合っているのか、キーボードの打ち込みも不調。ここまで書くのに苦労しました!

2008年12月21日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暮の買い物と土いじりなど。

sunがあたたかく、師走を忘れそうになるけれど、カレンダーは正確に暮の20日になってしまった!

スーパーのチラシを見れば、早くもお正月用食品なども掲載されて、つい急いでお買い物に出かけてしまう。本来なら今日はお買いものはしなくてもいい日だけれど、行けば、あれもこれもになってしまい、そういえば葉ボタンを植えるのに土はいるし、寄せ植えようにもう少し何か欲しいと、ビオラの苗を3つ買ってしまった。更に100均により、クリスマス飾りまで買い、夫のひんしゅくまでかってしまった!pout

それでも、ちょっと近隣をお散歩。日差しが暖かく気持ちがいいlovelyテクテク、テクテク歩く。

1 maple散歩道の途中のお住まいの木。真赤な枯葉が数枚枝に残り、その赤の余りの美しさに思わずパチリ!

先日見た、柿の木にもまだ幾つかの手つかずの実が残り、すずめや名を知らない黄色い小鳥が、今日も食べかけから順番についばんでいる。高い木の上を見上げながら、冬になったら、何を食べるのかしらと、ふと思う。

1_2 budbudbud

帰宅して、定番サンドイッチとcafeの昼食を済ませてから、暖かい今日の仕事は葉ボタンの寄せ植えとミニ薔薇や痛んだ花や葉を切り詰めたりとテラスの仕事で忙しくなってしまった。

葉ボタンも結構色々な種類があることを昨日のホームセンターで知った。今年は写真の3つを選び、今日買ったビオラと、高さのあるものも欲しくなり、今年の春に、何の芽かしらと思いながら育ってきた木を一緒に植えて見た。鳥たちが運んでくるのか、いつの間にか、こんな木が2本目。今度は大きくしないように気をつけなければ。

1_3 shinexmasshinebellshine

クリスマスは特別な事はしないけれど、飾りは大好き!飾りを追加する内にごてごてと、狭い空間が一杯になってしまった!think!まっ、いいかsign01

さあ、今夜こそ年賀状を書き始めようと思っているのだけれど、夫はtvで、映画「影武者」を観たがっている。一度は観ているし録画もしたので、今夜は夫一人で観てもらい、私はせっせと葉書を仕上げましょう。

やはり、年末は何やかや言いながら、仕事も無いのに、やっぱり、やっぱり押しこまれそうな予感がしてきたゾ~coldsweats01~ヤバイデス。

2008年12月20日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日も暮の買い物。娘たちは流行りのインフルエンザに。

carかねてから懸案だった我が家の車にETCをつけようと言いながら、ずるずるしていて、先日カード会社にETCのカードをお願いしてとっくに届いていた。夫が今日はETC車載器を付けに行くというので、その間に私は暮の美容院に行き髪をカットすることにした。美容院は空いていて小一時間でさっぱり仕上がった!むしろ車載器取りつけの方が時間がかかりそうなので、それぞれ昼食を別に済ませることに。私は駅前のケンタッキーに何年ぶりかに入り、小さなグラタンとビスケットにアールグレイで軽く。昨日のランチはやはりちょっと多かった気がして今日は控え目。

それから、まだ30分以上待って、やっと夫の車が窓の外に見えたので店を出て、一緒にホームセンターへ買い物。台所の洗剤やら何やかやお安いものが目につき、その上お供えやお正月飾りなども並べてある。まだ早いけれど、早くて困る事はないのでそれらも購入。クリスマスが近いのでクリスマス飾りや電飾が沢山飾られていて楽しい。ご家庭のイルミネーションによく使われているshineトナカイやクリスマス・リースやべルやら、一つだけならともかく沢山飾るとそれだけで、結構なお値段になるということを、売られているものを見て、始めて知りびっくりeyesign01電気工事や電気代も含めて結構贅沢なお道楽なのだ。いつもよそ様を拝見しながら、この季節の楽しみを享受させて頂いている事はとても有難いことなのでした。

bud店の外に出れば、広大な園芸コーナー。やはり立ち去る事は出来ません。小振りの葉ボタンを3つ購入。又狭いテラスで寄せ植えをしなければcoldsweats02

そして、昨日のカレンダーはどうなったかしらと、ハンズにmobilephoneを入れてみる。伝票番号を伝えると、すぐに「お取り置きしてあります」ということで、昨日に続いて今日も町田まで。念のため新しく別のカレンダーは入荷していないかと、さっと見てみたが、変わりはないので、予約通りのカレンダーを購入。

1_2

帰りの車の中から夕暮れの灯りをパチリ!

場所から言って、多分右手に見えるビルが昔の「東急ハンズ」ではないかと思う。かっての東急デパートは、ハンズが6・7階に入り、その他服飾雑貨などの店舗が入る複合ビルに変貌してしまい、おしゃれな若い女の子やカップルで結構混み合っている。楽しげな店内はもっとぶらぶらしたいけれど、夫のご機嫌を損ねそうなので 急いで夫の待つ車に戻った。 

お供えもお飾りも買ったので、後は塩数の子を買っておこうと、帰り道の伊勢丹地下により形のよさそうな箱入りを一箱購入。後は生鮮品と花などを年末に買えば大丈夫そうなところまできた。

明日からは少し、本腰を入れて片付けやお掃除に精をだそう。おっと年賀状もしあげなければ!

hospital

インフルエンザが流行している。火曜日頃から孫君がかかり、学級閉鎖になっているという。ケンタでの待ち時間に娘に様子伺いのメールを入れると、すぐに返事が来る。自分も感染して今病院に向かっているとのこと。あとから電話があり、9度以上の熱が出たけれど、予防注射をしているので、病院では割合軽い方ですと言われたそうだ。又、処方薬をすぐに服用したら、ずっと楽になったとのこと。やはり注射は有効のようだ。

検査は綿棒のようなものを鼻にいれてぐりぐりするだけで、すぐに何型か分かるそうで、ご丁寧にその検査済みの綿棒をビニールにくるんで厚紙に貼りA型とか記入された何だか賞状のような物までくださったとか・・・??どのような意味があるか分かりませんが、「要らなければ捨ててくださいということよ」ということで、電話で笑い合ってしまった。笑えるくらいなので、まあ先生のお見立て通りそんなに重くはないのでしょう。それでも来週水曜日までは外出禁止だそうです。

それから「パパもママも家に来たくても来ちゃダメよ」ですって!despair孫君は日曜日まで外出禁止。家庭内でマスクがけ、トイレやお風呂のドアなども消毒し、孫君は部屋にこもり家庭内会話も携帯で、食事も別にしていてもうつってしまったという。

やはりインフルエンザになると大変なよう。治っても別の型に又かかることあるそうで、用心するにこしたことは無く、もうなるべく人混みに出ないようにしなければcoldsweats02 当たり前ながら、うがい、手洗い、マスクをかけてお出かけと食糧の備蓄に備えているけれど、早く心配しなくていい季節になってほしい。

2008年12月19日                                                                                    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暮の街に出かけてみる。

昨日までの筋肉痛も和らいだので、昼過ぎに町田に出かける。

restaurant今日は東急に近い「ごはん」というお店で昼食。ランチが1000円で生野菜、マカロニサ ラダ、春雨サラダ、飲み物各種お代わり自由。私は「サーモンといくらの石焼鍋」ご飯の上に、サーモンに海苔と野菜が乗って、バターがひとかけら乗せてある。いくらが小さい別皿でついて熱々を混ぜて頂く。バターと醤油の風味が全体にまわり、石焼鍋のお陰で最後まで熱々のまま美味しく頂けた。夫は好物の生ハムとほうれん草のクリームスパゲティ。お代わり自由の春雨サラダなどのお味もまあまあで満足でした☆delicious

お腹が一杯になったところで、すぐ向かいの「東急ハンズ」へ。お正月用の飾りが売り場に並び、師走っぽい。クリスマスの買い物か、お店は混雑している。カレンダーの種類が多いことを期待して行ってみたが、確かに沢山のカレンダーはあるけれど、中々気に入るものが無い。猫カレンダーも今一、ひとつは買ってあるし、幾つか貰いものはあるけれど、ダイニングにかけるものが欲しい。最後に猫の絵が描かれたほのぼのとしたちょっと和風のカレンダーを見つけた。ところが、見本しか無く、係りの人に在庫を聞くと、すぐに端末で在庫確認をしてくれて、今日入荷しているけれど、まだ梱包が解かれていないとのこと。仕方ないので取り置きをお願いして他のものを何点か購入してから、期待の「ディスク・ユニオン」に向かう。

notecdnote今日は前回程これはと思うJAZZcdに巡り合えず、それでも3枚選んで購入。今日は私が選んだCDが一番あやしいけれど、聴いてからのお楽しみ。在庫は結構代わるようだ。近ければもっと頻繁に覗いてみたいお店。

1 shinexmasshine先月写した、イルミネーションを外からパチリ!「ポッポ・町田」という建物、「町の駅」とか幾つかの意味があるそうで、街作りの一環として1999年に出来た設備だそうだ。明るいうちには通り過ぎてしまいそうだけれど、暗くなるとこの季節はイルミネーションの灯がともり、つい足が止まってしまう。携帯で写真を写している人も多い。

2_2

shineイルミネーションの向かい側には、クリスマスとお正月を迎える季節にふさわしいヒバと葉ボタンが大きな鉢に寄せ植えされて、ベンチの間に置かれている。

時折、ベンチでひと休みしながらイルミネーションを眺めたり、ジュースをのみながらくつろぐ人が居たりとか、ちょっとしたオアシスのようだ。

ハンズとCDで時間がかかり遅くなってしまったので、建物の中は、覗く時間が無く又今度。

1_3 商店街は昔に比べると、すっかりきれいになってしまったけれど、まだ昔ながらの風情を保ったお店が割合ある地域だ。

乾物やさんが何軒かあり、季節の風物詩のように、かつおのお出しに昆布、何種類ものお豆、塩数の子やら、荒巻まで店先に下げている店もあり、歳末らしい雰囲気がただよっている。上のお店は創業明治28年と古い歴史があるようだ。

お正月が近い。

2008年12月18日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒さと筋肉痛でのんびり・・。

朝からの冷たい雨と寒さで、室内でまあるくなって、まったりと過ごしています。今年もあと2週間しかないというのに~think~イイノカナ~?

3月からの肩の不調が治まってきて楽になり、散歩に体操を欠かさないようにしている。ところが、ヨガや体操をすれば筋肉が柔らかくなって楽になっていた筈の体が、最近は少し様子が違う。筋肉痛というものが頻繁に起こり、ベッドのマットレスが硬く感じられて快眠というわけに中々いかない。マットはスプリング硬めでも詰め物の多いものを選び、厚手の羊毛パッドまで敷いているのに体がついていかない・・・・。筋肉も年をとるのかなあと何だか切ない。寝る前の体操位ではと思いながら、軽い体操を選んで続けているけれど、段々無理になるのかしらと不安になる。今日は散歩に出ない分、余計に体操をしたいけれど、背中や脇などが筋肉痛bearing

budbudbud

2 テラスのワイルド・ストロベリーの葉を持ち上げてみたら、おおいかぶさっていた葉の下には沢山の赤い苺の実が。白い花も沢山咲いている。寒い今頃が一番沢山花が咲き、実を結ぶ。そして、あっちの鉢、こっちの鉢からと、いつの間にか小さな葉が出てたちまちのうちに、繁殖してしまう強い生命力。「幸せを呼ぶ」と言われているのは、この逞しさにあるのかしら?

1 budこのプリムラも毎年いつの間にかどこかから顔を出して咲いてくれていた。

今年は、4つの苗があったけれど、この間の植え替えで失敗したかもしれず、紫がひとつだけかも。あとの3つの苗はしおれかけてしまい可哀想な事をしてしまったかもしれない。ゴメンネ!

☆☆☆

昨日やっと年賀状の表書きを刷り終えた。少しずつ枚数を減らすようにしているけれど、欠礼を頂いた分を除いても、まだ結構な枚数だ。今夜位から、二人で手分けをしてご挨拶文を書いて行かなければ。

それでも仕事をしながら迎えていた年末とは全然違う。昨年はまだ辞めて間もなくて、ばたばたしていたけれど、今年は気分だけは慌てないでいられるのが有難い気持ちで一杯!

焦りながら過ごす年末の心境の記憶に支配されがちだけれど、仕事をしながらでも、ちゃんとお正月は迎えられたし、まだ2週間もあるのだから、もっとゆったり過ごそうっと ☆bleah

2008年12月17日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白ネコさん達と猫のクリスマス・ソング♪

sun今朝の温かな陽気に誘われてテラスに出てみると、テラス下の雑草は昨日のうちにきれいに刈り取られてさっぱり!

31 catそして、今朝は居るではありませんか!白にゃんが2匹、そのうちに又もう一匹やってきて3匹に!朝日を浴びて、3匹揃って今朝はカメラ目線でこちらを向いてくれました。植え込みの木や、猫達の影が朝日を受けて長ーくのびて。やがてもう一匹三毛がまじるけれど、少し違和感が。三毛は先頭の白ネコかあさん忠実な子分。白一家が揃うと少し遠慮勝ちに、離れ気味。

最近は、白ネコの数が少なくなったようだけれど、この猫達が10ぴき位群れていた頃の公園の夜の猫集会は壮観だった。砂場を囲み、夜目にも鮮やかに白猫達が点々といた様子は今でも忘れられない。

cat公園とマンションの間のフェンスで、安全な場所なので猫達、これからの季節はこうして朝の日向ぼっこの姿を見せてくれるかもと、ちょっぴり嬉しい気分lovely

xmasが近いので、昔買った猫達が歌う「ジングル・キャッツ」という面白いアルバムがあったことを思い出した。

081216_1229_2 notecdnote  

サイレント・ナイト」から始まるこの猫達が、一生懸命歌い、時にブロウまでして聴かせてくれるクリスマス・ソングは、可愛くて思わずにんまりしてしまう。

081216_1325 曲によっては、dogがバスを担当、そしてこんな面白いアルバムを作った当時音楽エンジニアだったというマイク・スパラ氏自身が温かみのあるギターや、ハーモニカ、ドラムスなどを担当。9匹の猫達にゲストのワンコとノラちゃん達の1000以上もの鳴き声から作られている。今年のクリスマスキャロルはこれできまり!

それにしても、世の中には面白いことを思いつき、形にしてしまう人がいるもので、そんな事を考えているだけでも楽しい。そして猫好きには、たまらない猫の可愛い声に感激♪

2008年12月16日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

母の歯科医往診立会に。

car

実家の母の処に、4時過ぎの時間帯に歯医者さんの往診があるので立会に出かける。先週2度目の往診で、すでに調整予定の入れ歯が見つからずに先生から電話を頂いている。3度目もそんなでは、いつまでたっても入れ歯が使用できないし、今日は買い物などを済ませて、4時前に到着。デイ・サービスから戻ったばかりで、疲れて少しボケ気味の母に入れ歯の在りかを聞けば、今日はすんなり出てくる??小一時間待つうちに、担当の先生と衛生士さんの二人が大きな道具入れなどを持って来て下さった。

入れ歯があるので、すみやかに調整が始まる。噛み合わせの状態を見ながら、削り、はめて、又赤い紙をかんでみながら、当たるところを確認してけずりと、歯科の往診は初めて見たけれど、通院と変わらないので感心してしまった。丁寧な調整を目の当たりに見ながら、伺ってみると歯科の往診が始まったのは、7・8年位前からとのことで、入れ歯の場合はかたどりから往診で出来るということも伺うことが出来た。

予約の連絡をすればいつでも来て下さるとのこと。介護保険と合わせての保険診療なので、そんなにお高くは無い筈で、とてもありがたい制度だ。

お支払いも母には出来ないので、こちらに請求書を送って頂き振込となる。又、歯ブラシや用品などもお願いすれば届けて下さるとのこと。さっそく専用ブラシとケースを来週の時にお願いする。

母は、「しあわせよ」と、先生がやさしいので嬉しそうに発言。「お母さん、入れ歯をちゃんとして良く噛んで食べると長生きするし、第一昔の美貌(?)が戻って素敵よ!」とおだてれば、先生も「そうですよ、お顔もかわりますよ」と合わせてくださる☆confident

cake

先生達が帰られて、届いていた配食サービスのお重を開けてあたため、母の夕食準備。今日は入れ歯が具合良くなったようで、良く噛んで食べている。食後はおみやげのケーキを3人で食べて、暇を告げた。

2 night 

母の家を出れば外は、もう真っ暗。車を止めた駐車場までの道には、こんなイルミネーションが。

暗い道のこんな灯りは心まで温かくなり、それだけで何となくほっこりとした幸せな気分。

car今日は、表参道は通らずにキラー通りから青山通りに出て帰路に就く。1

shineキラー通りのイルミネーションはいつもどおり。

信号がことごとく青信号で写真は写せない。キラー通り出口近くで、やっとスタバのイルミネーションを写すことが出来た。

1_2 行きがけに道玄坂を通り、道玄坂小路の懐かしい台湾料理の店「麗卿」をぱちり!

青菜炒め、しじみ、焼きそば、豚足など昔はよく食べに行ったお店。あの眼鏡をかけたレジに立つ「ママさん」だったかしら、まだ元気でお店に出ているかしら?

最近はすっかり「内食派」になってしまい、外食は、母と一緒のとき位になってしまい、ひたすら自宅に戻り、自宅の味でゆっくり食事がしたくて、いつも用事が終われば一目散で我が家を目指しcarでひた走りです。

2008年12月15日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

真央ちゃん優勝!・ジャズ・猫・散歩の日曜日

一夜明けた今日の新聞には「真央 3回転半2度」の文字が踊る。GPファイナル、堂々の一位優勝sign03

☆真央ちゃん、おめでとう☆

081213_2106_2 このような撮影写真で回転数も確認できるのですね。

昨夜の真央ちゃんは、見ていても安定感があり風格がありました。一度転んだ時も何故かそのあとの、キムヨナ選手には負けないようなオーラがただよっているようで、一位をとれると確信を持って見ることが出来ました。案の定、キム選手の方がミスがあり、少し力不足な感じも受けました。

それでも、同年齢の好敵手ということで、これからも戦いは続いてゆく。それをいい意味の励みにして、これからも有能な二人が大きく成長してゆく姿を見てゆきたいと思う。

notecdnote

081214_1526_2 マーカス・ミラーとマイルス・ディヴィスのアルバム「シェスタ」を取り出して聴いてみた。

映画音楽ということで、いわゆるジャズという感じの演奏ではないけれど、スパニッシュな曲の大半をマーカスがコンポーザーとして作曲、シンセサイザーを駆使して厚みのあるサウンドを作り出し、マイルスはその上で軽々とトランペットを吹いている。

マーカスを信頼したマイルスが曲作りを託した作品。欲を言えばもう少しジャズっぽくてもと思うけれど、映画の内容を知らないので何とも言えない。唯、ゆったりした気分の時に流しておくにはいい音楽。

スパニッシュな曲に大切なギターの音は、曲によりジョン・スコフィールドが、アコースティック・ギターをアール・クルーがクラシック・ギターでスペインらしい雰囲気を盛り上げる。他に、オマー・ハキム(ドラムス)ジェイムス・ウオーカー(フルート・ベース・クラリネット)ジェイソン・マイルス(シンセサイザープログラミング)マーカス・ミラー(ベース・シンセサイザー・他多数の楽器)ということで1987年録音作品。

余談ながら、「死刑台のエレベーター」はやはり映画音楽の最高傑作だなと思う。マイルスが映像を見ながら、即興で吹いたというトランペットの音色は、映像に溶け込み、スリルや不安やもろもろを表現して、音楽だけを聴いても決して退屈しない・・・・♪

cat

日暮れ近くなり、少し寒かったけれど散歩に出かける。出会い頭に黒猫君にばったり!黒ちゃんと呼ぶと立ち止まるけれど、カメラを向けると「フンッ」という顔をしていってしまう。昨日は白猫くんにも同じように「フンッ」と、ふられっぱなし。写真がお嫌いなネコ族。

shinexmasshine

1 日暮れになって、いつもの道を歩き、先日、道路際に置かれた寄せ植えをパチリ!させていただいたお宅の前を通りかかって二人共、びっくり!eye がまあるくなりました!

素敵なお庭の中から低い塀、そしてお隣もそのまたお隣もクリスマスのイルミネーションがshineshineと輝いていました。夢のようにきれいで、うっとり、しばし足が止まってしまいました。たまには暗くなってから出てみると同じ場所が全く表情を変えているので、今日は遅くなってよかったと思った事でした。

2008年12月14日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

買い物・散歩・ジャズ

朝から寒くもなく、お天気が良く嬉しい。

朝食後、チラシを眺めながらスーパーの数量限定レタス99円、200点限りを見つけて急ぎ夫に車を飛ばしてもらい出かける。夫は「チラシで見つけたからって、急に~」とブツブツ。けれど一番近いスーパーだ。道路が混んでいるわけでは無いけれど、どの車も目的のスーパーを目指しているように見えるcoldsweats01「あの車もそうね!」「あっ、お二人さまできっと2個お買い上げね、」などと冗談を飛ばしながらスーパーに到着。

10時半ならまだ大丈夫とたかをくくって出かけたけれど、甘かった!レタス¥234のプライスの近くに、好評のうちに売り切れました。の札がかかり、残念そうな人達が。私もそのうちの一人。季節はずれのレタスなど食べなければいいのに、サラダを食べるという習慣が寒くなっても中々変えられない。

234円のレタスはやはり抵抗があり、購入見合わせ。今年はりんごに柿、ミカンも甘く、豊作のせいでとてもお安い。果物を重点的に買い物を済ませて、荷物を車に積んでから近隣を散歩。

1 散歩道に見つけた今時めずらしい和裁のお教室。入口には、季節の植物が素敵に飾られていました。こんな素敵なお教室で着物を作るなんて、楽しそう♪

近隣は、比較的昔からの大きなお家が多く、それぞれ個性的なお庭が多い。新年を迎える季節らしく植木屋さんが入り、高い木の上を上手に刈り上げている姿も見られ、年の瀬らしい風情があり楽しいひと時でした。

そういえば、スーパーは、もうお供えに数の子、黒豆や栗の瓶詰などが並んでいた。栗の瓶詰や黒豆はもう購入済み。数の子はお安いけれど姿が悪いので今日は見合わせ。

1_2

車に戻る少し手前で、木の上に数少なくなった熟柿の実をついばむ雀の姿が2羽。丁度真ん中の柿をついばんでいる。少し上の柿はもう食べつくされたようだ。

あれこれついばまずに、順番に食べてゆく雀の食に対する姿は、飽食に慣れた自分達に何かを訴えるかのようだ。

鳥も動物も必要以上の餌は決してとらない。えらいなあ。

bread手作りのサンドイッチの昼食を済ませて、一息入れるつもりが、入れっぱなしの午後になってしまった。

notecdcdnote

昨日届いたアメリカに居る姪のピアノやカルテット演奏が入ったCDを何度か繰り返して聴く。一生懸命に演奏し、彼女独特の野太い声で「上を向いて歩こう」も歌い、拍手も入っている。クラシックが長かったので、ジャズとしてはまだ少しだけれど、姪っこの演奏と思い聴くとちょっと感動♪幻想即興曲が良かった♪

notecdnote

Photo 久し振りにハービー・ハンコックを聴く。昨年発売のジョニ・ミッチェルへのトリビュート盤。「リヴァー」♪

この盤を買った後のように記憶しているけれど、横浜パシフィコホールに、ハービー、ウエイン・ショーター、ロン・カーター、ジャック・ディジョネットの「最強のカルテット」公演を聴きに行ったのは。会場で売られていたこのアルバムを買わなかったのだから、やはり先に買っていたのだ。

随分前のことと思いこんでいたけれど、まだ昨年の10月14日の事だったと改めて思う。

アルバムには、ジョニ・ミッチェルも一曲参加。ノラ・ジョーンズやティナ・ターナーなどの参加でボーカルとインストゥルメントが両方入り、ボーカルと絡むハービーのピアノも、歌の入らないカルテットのハービーの力強くも美しくいピアノの音色も心に沁み入る。ウエイン・ショーターも名人芸だ。その後、グラミー賞ジャズ部門「年間最優秀賞」受賞となった!

アルバムのメンバーは、ベースとドラムスのメンバーが10月公演と違う。

当日開演時間が少し遅れた。何だかショーターあたりにアクシデントでもと思っていたら、案の定開演後、ハービーにショーターが突っ込まれていた。英語はよく分からなかったけれど、お酒でも飲み過ぎてしまったのか、何だかそんな感じだった。それでもその日の4人のセッションはとてつもなく素晴らしかった!

終演後、パシフィコホールを出て、横浜の海を行きかう船の灯りや船着場を眺めながら心地よい余韻にひたったことを思い出す。

2008年12月13日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夕暮れの公園を散歩

小春日和が続いている。

postoffice午後から郵便局の用事や買い物に出かけ、用事が済んだあとに、散歩が足りないと思い、隣町の大きい公園まで車を走らせて駐車場に止め、短い時間だったけれど階段の上り下りや散歩をしてきた。余り寒くなくて気持ちの良いひと時だった♡wink

1_3

night夕暮れが早い。太陽が沈む方向はこんなにくっきりとしたホリゾントが。まだ4時40分過ぎ。昼が一番短い冬至まで後少し。まだ犬の散歩をする人達、ベンチで休む人などがいる。

1_4

mapleまだ紅葉が見られた♪これもまだ5時前。西からの光がまだ少しあたり、色の濃淡は幾らかわかる。夕暮れの公園は少し淋しいけれど、静かで大人の時間だ。

cat嬉しかったのは、帰りがけにこの公園の主のような猫が、すぐ目の前を横切った。とても懐こい猫で、呼ぶとすぐそばに来てお腹を見せてごろんた!撫でると気持ち良さそう。そのうち背中をみせて臥せてしまい背中をかいてやると気持ち良さそう。こちらも思わず大サービスしてしまい猫が気が済むまで背中をかいかいしてやるsign01久し振りの猫の手ざわりに満足でした♪ところが暗闇の中、近くに手洗い場が見当たらない。管理事務所は5時で閉まってしまい、仕方なく車に戻り除菌用ウエットティッシュで手を拭いてから車で帰宅。

広い所を歩いてきたので、すっかりお腹がが空いてしまいました~bleah

今夜は昨日作ったおでんがたっぷり残っていた。南部鶏のレバーをしょうがのみじんと長ネギのブツ切りで軽く炒めて、水、酒、醤油、みりんを入れて蓋をして蒸し煮。最後に汁を煮詰めてレバーにからめて出来上がり。短時間で美味しい一品が出来上がり、サラダとチキンのレバー煮、おでんでスピード夕食でした☆~delicious~☆マンゾク・マンゾク!

2008年12月12日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大掃除、始めの一歩!季節の草花など♪

年の瀬の仕事をお天気をにらみながら、ひとつひとつ片付けてゆく。例年押し詰まってからのやっつけ仕事を早めから始めれば、後半が楽勝で新年を迎えられる。と、思惑どおりいきますように☆wink

sun小春日和の続く午前中は、南側の外の窓ふきとレースのカーテン洗濯で決まり!私は4枚半のガラスと窓の溝をブラシで。夫は2枚の窓と同じく溝も。ついでに網戸もきれいに。私は水ぶきと乾いた布仕上げ、夫はガラスクリーナー使用とやり方は違うけれど結果は同じようなものだわ。日が当り、まだ寒さの少ないうちにやるべき仕事。内側は寒い日でもOKsign01窓の溝を掃除中に、てんとう虫に邪魔をされてしまい、つまんで土の上に乗せてあげたwinkheart04

1_2 budインパチエンスも盛を過ぎかけて、お隣のワイルドベリーが白い花をちょこちょこ付けてじきに赤い実になる。今頃が、小さな苺の実が一番沢山出来る時♪葉の茂みを持ち上げると赤い実がいくつも!これは時折まとめて乾燥させてハーブティーのカクテル用。

1_3

budビオラも根付いてくれたようで、のびやかに元気!お陽さまの光に輝いている。この花の色は私好み♪

1_4 bud夏の終わりまで、スペアミントティーにしたり楽しませてくれたミント。その後少し元気が無かったけれど、又、小さいけれど葉が沢山出てきた♪なんて強い生命力!もう少し育ったら、生ハーブティーや乾燥させて保存したりと楽しみが増える♪

一仕事の後は、まずはお茶にして昼食前、まだ暖かいうちに、散歩に出かける。窓ふきでちょっと疲れたので、昼食用に近所のレトロパンやさんで、美味しそうなパンを買ってもう少し先まで足を延ばす。Photo

時折、横道を入り、二人でこのお宅のお庭をそっと覗かせて頂く。(決して怪しいものではありません。)広いお庭はいつも丹精されていて、季節ごとのテーマで寄せ植えなどがほどこされていて、とても素敵なお庭。持ち主の方にお目にかかったことが無いので、道路側にもきれいに並んだ季節の寄せ植えの鉢だけをパチリ!させていただいた。

葉ボタンとコニファーやビオラ、知らない草花がこれからの季節から新年に合わせて植えこまれている。季節が変わるたびに折にふれつい横道にそれて立ち寄りたくなる場所。このお宅のご近所も、それぞれきれいに手入れをされて、お花を大切に育てておられる。園芸は嫌いでは無いので、仕事の無い今は結構大きな楽しみのひとつになり、よそのお宅を拝見させて頂くのはとても為になります。

2008年12月11日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年にぴったりの漢字です。

小春日和の暖かい一日。お陰で昨日の風邪未満も何とか治まって元気を回復!いつもコメントをくださるkazuさんのアドヴァイス通り、昨日の夕食に赤のホットワインを飲んで体を温めたのも良かったようで、寒気はすっかりとれて、ぐっすり眠れましたsleepyアリガトウkazuサン♪

風邪気の時のホットワインはとても有効でした。作り方をお知りになりたい方は、昨日のコメントをご覧下さいませ。私はお砂糖控え目で充分でした。

 pc

午後は、パソコンで11月中旬には出来ていた年賀状の原稿、もうひとついいアイデアでも出ればと都合のよい理由をつけて印刷しないでいたのは、ただ単に億劫だったのかも。今日は最初の案通りを決定として、プリンターで印刷。後は宛名を書くのも筆圧が弱くなった私達にはちょっとつらいので、宛名も印刷すれば、ひと言ご挨拶のコメントを入れて出来上がり。確か15日から22日までに投函下さいとあったように記憶しているので、何とかいけそうなめどがたちホッ!仕事をしている頃はプリントが億劫など考えたことも無かったのに、この頃は何事によらず事務的な事が面倒になってきて、老化現象ひたはしり状態ーthinkー何とかしなければ!

 car

昨日一日休養をして体を甘やかしてしまったので、夫と二人でSCまで車で買い物に出かけ、買い物前にSCの周りを早足で散歩。SCの周りは歩道が広くて、近所の散歩より安全に歩ける。2キロ弱歩き、スーパーで30分程買い物をしたら、すっかりお腹が空いてしまった。帰宅してちょっとおやつをつまみ休憩。そのため夕食のごはんは、おやつを食べた分少し控えた。

それにしても大きなチラシが入った割には食料品売り場の混雑はさほどでは無く、ポイント2倍とか価格を抑えた売り出し商品があってもゆったり買い物が出来るなんて、やはり不景気なのだと実感する。

「内食」向け味な家電という、高機能調理家電、炊飯器やオーブンレンジ、長く保存できる冷蔵庫などを各メーカーが年末商戦の目玉に据えるという新聞記事があった。

景気が良くなければ、「外食」が「内食」に向かうのは当然のことだろう。メーカーの思惑通り、高機能家電が少しでも売れて景気回復の一助になってくれればいいけれど。まあ、そちらが良ければ、良くないところも出てくるかもしれず・・・。

 pcが家庭に入り、自作年賀状はこれで10回目位になるだろうか。それまでは毎年1万円以上かけてプロの印刷屋さんに注文をしていたけれど、デジタル家電が普及するにつれて、家庭でプロ並みのものが仕上がるとなると、そうした業界もよほどの決めてが無ければむずかしい時代になっったことだろう。

同じように高機能家電が増えて家庭でプロ並みの味が作れるようになれば、外食産業にとってもきびしい事態になるだろう。唯でさえこの不景気、「内食」指向は当たり前の時代に。

暗いニュースが日々テレビからも伝わってくる。人員削減の嵐、ボーナス支給額減、減産減収等々、「減」という文字ばかりがやたらに目立つ。

「減」の文字の前につく文字は、私の場合は体重だけで充分。たまには増収増益、売り上げ増、所得の増加などという景気の良いニュースも聞いてみたくなる日々。

2008年12月10日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪ひき未満。

はっきりしないお天気。昨夜は冬用のお布団に替えて暖かくして寝たつもりが、何だかお腹や背中が冷えて中々寝付けず、途中起きだして風邪薬を飲み、明け方近くにやっと眠りにつけた。今日は、ちょっと寝不足気味で、買い物の予定は夫に頼み、背中にホッカイロを当てて休養日。風邪ひき未満。というところで休養すれば発症しないかもという感じでおさまりそう。

そういえば、娘や息子はどうかしらとmobilephoneメールを入れる。息子からは折り返しの電話で元気にしている様子。娘からは頭痛悪寒吐き気がひどく、仕事を早退したとの返信が届く。熱の具合や薬のことなど何度か返信し合いながら、薬も効いてきているとのことで、良く休むようにと返信したら「はーい、ママも気を付けてね」と更にリ・メール。便利な世の中です。

ケア・マネージャーから、母のショート・ステイの体験申込のお返事電話があり来年2月の中旬の日取りを押さえて下さったとの事。手続きは来春でも大丈夫という事で、母に体験の件を理解しやすいように話をしてゆく期間としては充分で、有難いこと。一昨日施設の立派な建物を見てくることが出来て本当に良かった。母が素直に納得してくれればいいのだけれど。

元気だった昨日の日中は散歩に出て、初めて沢山の大根が乾されているのを見ることが出来た。

Photo Photo_2

大根は、あとどの位ほされたら漬けこまれるのだろうか。乾し大根のすぐ下の畑で出来た実りが、こうして手をかけられて、美味しい沢庵やべったら漬けになるなんて羨ましいなぁ~。

春に見事な八重桜の花を見せてくれた枝には数枚の葉だけが残り、枝の間からは、暮れる前のmoon3が見えた。

ご近所では、まだまだこうした景色を見ることが出来るので嬉しい。

たいした事をするわけではないけれど、クリスマス、大掃除、お正月の準備、そして新しい年を迎えるまでもう後少しだ。今日はゆっくり休養をして、まだまだ呑気な気分でいる自分の頭を、少しずつ暮モードにきりかえなければ。

2008年12月9日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無料ジャズコンサートに感動してきました♪

昨日からめっきり寒くなってきました。

car 初冬の渋谷の街へ昨日午後、防寒対策をばっちリ整え、夫の運転で出掛けました。

中学の時の同窓生から、2・3日前にBCCメールが届き、それは「しぶや美竹の丘コミュニティまつり」へのお誘いだった。そのプログラムの中で、ジャズコンサートがあり、ピアノ・トリオ演奏があると言う。彼は、都内あちこちのライブハウスに出演をしているプロ・ドラマーであり、随分前に2度ほど新宿のライブハウス「J」に聴きに行ったこともあった。時折出演のスケジュールをメールで知らせて頂いていながら、最近はご無沙汰ばかりでした。

今回は、偶然にもその「美竹の丘」の中にある介護施設のショート・ステイ体験を母親の為に申し込んだばかりで、日程は空き待ちのため、近いうちに下見をしておこうと思っていたところでのタイムリーなお誘いなので、何より、生ジャズを無料で聴けるというお誘いに迷わず出掛けて、ついでに建物や場所の確認が出来たのが、ラッキーな事でした。

まだ新しいひときわ立派な建物、「コミュニティ祭り」のこのコンサートはピアノトリオとしてもう3回目の出演だそうです。多目的ホールもとても立派で音響もよく渋谷区はさすがにお金持ちだな~と思った事でした。

1 メンバーの皆様

岡田薫(P) 

小林敏男(B)

小西勝(DS)

(敬称略)

note大好きなエリントン・ナンバーが2曲も入りました!「サテンドール」に「テイク・ジ・Aトレイン」それだけでも大満足。休憩中に夫がリクエストした「サマー・タイム」はとりわけ素晴らしく、これも大好きな曲だけに、そのブルージィな演奏に、ひたすら感動でした。

岡田さんの軽妙な語りとメンバーの皆さまの熱の入った演奏を心ゆくまで堪能させて頂いてきました。お誘いいただいた小西さん始め、岡田さん、小林さん本当に有難うございました。confidentそして、何人かの懐かしい同窓生とも会う事が出来て、年が明けたら再会しましょうなどと約束する嬉しいひと時もあり有意義な日となりました。

night

さて、昨日は久し振りの日曜日の渋谷行き。さすがに車も混んでいて東名、首都高を使ってもぎりぎりになってしまい、日暮れの早い今日この頃のこと、5時前位から暗くなり始めて、車が渋谷に入る頃はもう真っ暗。道玄坂の入口からは期待通りの街路樹のイルミネーションが輝いていてこれも大満足♪走る車の中からパチリ!

1_2 11月終わり頃から期待して、まだかしらと木々を眺めて、末頃には木々に器具が取り付けられていたので、12月すぐには光輝いていたのでしょう。

今度はキラー通りのイルミネーションも小規模ながら楽しみになってきました。

2008年12月8日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お正月が待ち遠しいかな!

日差しが明るい。洗濯ものを干しにテラスに出たら思いのほか風は冷たく、慌ててカーディガンを取りに戻る。干し終えてから、鉢のあちこちに顔を出す草むしり。先日植え込んだ花達は我が家の土に、すっかり馴染んでくれたようで、新しい花が咲き始めている。クランベリーの熟した実をひとつ口に入れてみた。思ったほど酸っぱくなくさわやかなお味delicious

run12月は駆け足で過ぎてゆきそうだ。もうじき来るお正月の準備にはまだ少し早いけれど、昨日購入したお重をおろすのが楽しみだ。

1 sign02何故だか自分でも分からないのだけれど、市松の紋様に出会うと不思議と心が惹かれてしまうheart04これまでも幾つか求めながら、少しずつ意匠の中に、何らかの欠点を見つけ出しては抑えてきたけれど、今回はお小遣いで買えるくらいのお値段なので手に入れた。すこしずつ古びてくる住まいの中に、何か1点でも新しいものが入ってくるのはやはり嬉しい。「は~や~く~、来い来いお正月~♪」来年の干支、丑のぽち袋と一緒にぱちり!前のお重とは合わないかなぁと思いつつ・・・・。

二人の体調が良ければ、久し振りに母親抜きの渋谷へ出かける予定。2・3の用事を兼ねて渋谷の街の暮のイルミネーションを見てきたい。

2008年12月7日

| | コメント (6) | トラックバック (0)

買い物

午後から相模大野まで買い物。昨年暮れに購入したリビング用のチーズの写真シリーズのカレンダーが1年使ってみてとてもよかったので、同じようなものを昨年と同じ画材やさんに探しに行って見た。残念ながら今年は種類が少なく、同じような手は名画入りになってしまう。ゴッホやミュシャ、クリムトなどのそれぞれの絵が毎月続く。決して嫌いではないのだけれど、毎月クリムトでも重過ぎるので断念。

先日小田急で一つ購入した猫カレンダーもすごく気に入ったわけでは無く、今年は2箇所しか見ていないけれど、我が家に合いそうなものには巡り合えていない。

cat

画材やさん行きのお陰で、なんと!今日は相模大野駅前で、飼い主さん募集の猫ちゃん達にお目にかかることが出来た。ケージが10位並べてあり、2匹位ずつ中で大人しくしている。聞けばボランティアの方々が野良を保護したり高齢になり飼えなくなった方から預かったりした大人の猫など、事情は色々の猫達を保護して、飼い主が見つかるまで保護しながら世話をされているとか。予防注射や避妊手術済みの猫もいる。ボランティアの女性が一人、猫の前で立ち寄る私達の相手をしながらお話をしてくださった。猫はどの子も可愛い。けれど生きた猫をいきなり連れて帰るわけにはいかない。猫達の前にある募金箱に気持ちだけの寄付をさせて頂き土曜日ごとに出ておられるという話を伺い失礼をした。犬や猫と30年近く暮らした日々は幸せではあったけれど不自由な事もあり、まだ二人とも猫を飼うという決心はつきかねている。

xmasxmasxmas

1_2 伊勢丹により、先日器売り場でちょっと気にいった小ぶりのお重を今一度見に行く。価格は高いものでは無いし、やはり気にいったので、普段使いの汁椀二つとともに購入して帰宅。

暮は毎年何かしらの器を購入していたけれど、昨年のキッチンリフォーム時に随分処分をしたことを思うと、もう増やすつもりはなかったが、何だか市松模様で、金箔を散らしたその小ぶりな重箱はとても気に入ってしまったのだ。お正月が楽しみになった。

食器売り場にはクリスマスのオーナメントやクリスマス模様の器も並んでいる。大好きなヘレンドの薔薇の図柄のマグカップの取っ手がサンタクロースだったりと見ているだけで楽しく飽きない。お財布が豊なら欲しいけれど、クリスマスしか使えない器に大金はちょっと出しがたい。それでも充分目の保養になった。

デパートはクリスマスモード一杯。どの売り場にもツリーが飾られて、大がかりなクリスマス飾りだけの売り場ブースもあった。

2008年12月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり曜日のあれこれ雑感

suncloudrain

午前中の太陽はいずこに。時折西から東へ強い風が吹き公園の空に近い木々の葉はどんどん吹き飛ばされて寒そうになってきた。紅葉の季節はもう終わるのだろうか。木々の冬ごもりの季節到来だ。2時過ぎ、雨が降らないうちに散歩に出たらもう雨がぱらつき、途中で引き返す。その後突然強い雨が降ってきたかと思ったら、すっかり雨模様になってしまった。

1maple毎日のように公園に散り落ちた葉は、管理事務所の方達が掃き清めても、すぐに落ち葉はたまりの繰り返しだったけれど、もう後少しだ。

春に、新婚カラスが作った筈の巣は、とうの昔に朽ちてしまったのだろう。枯葉が落ちた後の枝には、跡形もない。夫に言うと、「当たり前だよ。枯れ枝を置いてつくるだけだよ」と馬鹿にされてしまった。「来年からボンドを用意してカラスさんどうぞ!って置いておいてあげようか」と私、「まずはカラス語を習わなければな 」などとおバカな会話o(*^▽^*)o

その巣で育ったカラス達は、もう立派な若ガラスに育ち、一人前に飛び回り、時折若々しい鳴き声が聞こえてくる。

tv

昨晩のBS2でポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの対談を見た。9月に亡くなったばかりのニューマンのスケールの大きな活動にびっくりさせられた。俳優としては、二人の共演の「スティング」などの痛快な映画の記憶が残り、ニューマンが、食品会社を興した事はしっていたけれど、その会社の純利益2億2000万$を恵まれない子供達の為に寄付をしたという。日本円にしたら一体幾らになるのか。とてつもなく大きな功績だ。かなりの高齢までレーシング・カーを操り何度も優勝を飾りとその活躍の幅の広さと人間性の余りの豊かさに驚いてしまった!お金というものを本当に生きた使い方として還元できるなど、中々出来ないし、どれだけあっても欲望に歯止めがかからない人間も沢山いるなかで・・・・・think・・

改めてポール・ニューマン氏のご冥福をお祈りしたい。

notecdnote

P1000095 久し振りに軽いボーカルを。96年の盤で、ビートルズの曲をカバーしたオムニバスだ。表題曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」はカサンドラ・ウイルソンが歌っている。他には、ダイアン・リーブス、ホリー・コールなどが参加。カム・トギャザー、ゲット・バック、ヘイ・ジュード、レット・イット・ビィなどをカバーしている。「ゲッド・バック」はjahlisaが歌い、この曲のピアノは日本の大西順子がほとばしるような音色で参加している。ビートルズの曲で個人的には「イエスタデイ」と「ミシェル」が好きなのだけれど残念ながら両方とも入っていない。

今日は割合のんびり1日を過ごすことが出来て少し休まった。

日暮れが早い。

2008年12月5日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

年末に入った街へ

昨夜は、息子と孫娘と4人での食事。孫娘は一月も会わないでいると、ちょっぴり大人びて、お洒落にも少し力が入り、何よりも話す内容が中学生の頃とは随分違ってきている。どう違ったかというと、とても素直に自分を見つめ、話す内容もとても素直に内面を語りながら、父親への感謝の言葉が素直に出てくるようになった。そして周りへの配慮を持った会話を上手に出来るような女性になりつつある。嬉しいのは何よりも今をとても幸せそうに生きていることだ。

こちらに来る前は「○○です。これから行きま~す。ケーキを持って行きます」と連絡が入る。「手ぶらでおいで」というと「パパがケーキを食べたいって」というので「じーじもばーばもダイエット中だから、一番小さいチーズケーキを一つ半分こにするから」と伝えると、ちゃんとその通りのお土産を持ってやってくる。息子は「自分が食べたいだけなのよ。本当に一つでよかったの?」と聞いてくれるけれど、もう出来るだけ甘いものを遠ざけないと、体重増加に歯止めがかからず無くてもよかったのだけれど、それでも嫌いではないので有難く夫と半分こ。

中学生位までは、少し後ろ向きになりがちなところがあり心配をしたけれど、最近は何だかバリバリ前向きな様子。バイトも始めてしっかり頑張りながら、学業もさほどの遅れもなく、人との交わりにも悩まなくなり頼もしい成長振りを見せてくれる。孫からの何より嬉しい贈り物だ。いつもの二人だけと違い、ちょっぴり賑やかで楽しい夕食だった。

  car

今日は、車やさんに新車が展示されるということで、車好きな夫と見に行った。買い替え予定は全く無いのだけれど、新車を見るのは楽しい。新しい車の匂いとピカピカの車体を見るといいな~と思うけれど、さすがに年齢を考えると昔のように簡単に買い替えることは出来ないし、もう最後の買い替えになるかもしれずで、冷静に見るだけでカタログを貰って、次の予定に直行。

銀行の用事を済ませていつもと違うデパート伊勢丹に。お歳暮売り場は件数も少ないのですぐに済んだ。品物を選びカウンターで、品番のカードを渡し、口頭で伝える依頼主と届け先を係りがコンピューターに入力、すぐに出力されて伝票が出来上がり確認。間違いもなく、1週間程で先方へ届く事に。空いていた事も確かだが、何事もスピーーディな時代になった。

後はのんびり好きな食器を見たりしながらも、もう欲しいものもあまり見当たらず、新年用のぽち袋と祝箸を購入。帰りがけに横尾忠則の昔懐かしいポスターや本、Tシャツ置物などが展示販売されているので足が止まり、状況劇場の俳優さんや唐十郎さんもいらしたことがあり懐かしくなり昔店に頼まれて張ったことがあるポスターと同じ絵柄のカードを見つけて何枚か購入。081204_  

60年代半ば、アンダー・グラウンドという新しい演劇スタイルが息吹き始めた頃だ。新宿シアターピットインに大雪の降りつもる中、タクシーで唐十郎ひきいる状況劇場の「ジョン・シルバー」を観にいった事もあった。

横尾忠則氏のポスターが、それらの演劇の内容をこの上なくよくあらわしている。

左は天井桟敷のポスター。下の方にはスポンサー名が入っている。JUN ROPEなど今でもあるだろうか。当時は先端のファッションだったけれど。何種類かあった原寸大のポスターは、夫がお客様に差し上げてしまい一枚も残っていないけれど、こうしてカードを手に入れたのも何かの縁かもしれない。

まだ年末というには程遠い雰囲気の街だったけれど、デパートはぶらぶらするのは、やはり楽しいところだ。

2008年12月4日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新聞の作文コンクール優秀作を読んで

テラスの前の公園は、犬の散歩に子供の遊び場、市の移動図書館が週に一度来たり、グループホームのおばあちゃん達が日向ぼっこに来たり、様々に利用されている。勿論可愛い猫達の遊び場だったり猫達の夜の集会場所だったり、時には夕暮れ時に若いカップルがひっそりとベンチに腰かけていたり。パパと男の子のキャッチボールの場であったり・・・・etc.etc  

今日は近所の保育園の年中さん位の子たちが、若い男女の保育士さんの付き添いのもと、砂遊びやブランコに滑り台遊びなどに興じている。砂場の囲いの上には小さな手で作った大きな砂団子が20近く並べられている。お陽さまの下でみんな元気いっぱいだ。そのうちに保育園に戻る時間が来ると、若い女の保育士さんの元気な声がかかる。「さあ~みんな~、帰る時間よ~、お片づけしてくださ~い。後10秒」そして「1・2・3・・・・」とゆっくりカウントが始まる。

子供達は一斉に、帰りの準備を始め、砂場の砂団子を手で砂場に戻し、途中から足で壊して急いで滑り台に走り、一滑り。wink なんて可愛いのでしょう。最後まで目いっぱい遊びたい子たち。保育士さんが「今日のお昼のおかずは、マカロニサラダです~」というと、「わあ~」と歓声があがり、続いて「出発進行」の合図に、列を組んだ子供達からも「出発進行」と唱和する可愛い声。先頭に女の保育士さん最後は男の保育士さんに守られて帰ってゆきました。

見ているこちらも思わず笑みがこぼれてしまいました。平和なひと時。

shineshineshineshineshine

今朝の読売新聞に、全国小・中学校作文コンクールの文部科学大臣賞が3篇掲載されていた。久し振りにその3篇をゆっくり読んだ。小学低学年の作文は、兄弟思いのお兄ちゃんの優しい心情があふれた文章だった。

高学年の男児の作品になると構築力の素晴らしさに目を見張らされた。「祖父への返信」という題名通り、幼いころから可愛がられ、小学生になり泣き虫だった少年と同じ空を眺めてくれた人、それが祖父だった・・・と。祖父との暖かい交わりやその祖父が倒れ、やがて亡くなる。それから4年後に書かれたこの作文は、祖父が三歳になった頃から送り続けてくれた祖父からの葉書が、三歳から小学一年生の自分に送られたものではない事に気付く。六年生の僕に、いやもっと先の成長した僕に宛てて、書かれているように、思えたそうだ。そしていつも、俳句や小説を書いていた祖父から教えてもらったわけではないという少年は、

亡き祖父の 星を相手に 夢語る  これが僕の、祖父への返信。という簡潔な言葉で結んでいる。

久し振りに文章の上手さもさることながら、しっかりした内容が伴った素晴らしい文章に出会い、思わず涙しそうになる位感動を覚えた。

中学校の部は「夏実は夏実ーおばあちゃんからのプレゼント」という題名通り家族や祖母との交流を通して自分を見つめ直す様子が情景豊かに表現されている。出だしの言葉だけを紹介したい。

ばあちゃんは  周りの人やじいちゃんと  いっぱいけんかして たくさんぶつかって 角が取れてまぁるくなっちゃった。 今はのんびりしているなぁ。                                                                                                                                           

この言葉が作者である少女の心の底で、いつも気持ちのクッションになっている。そうだ。

人は沢山の人とかかわりながら成長してゆく。最初は親や祖父母、兄弟姉妹、やがては社会性を帯びた関わりに変化をしてゆく。今朝の保育園児達の楽しそうな様子や、作文に見る家族との関わり合いの大切さがいかに人の人生を左右することか。そしていい関係や体験を一つでも多くすれば、いつかその体験を又誰かと別の形で共有したくなるだろう。

明るい未来を信じてみたくなった。

2008年12月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『レフト・アローン』のおもいで

10代のころに、絵を描く友人にジャズ喫茶に連れて行ってもらい、あの強烈な音の世界でモダン・ジャズの洗礼を受けてから、すでに45年ほど経ってしまった。その私自身のジャズ体験も未熟なうちに夫と二人でジャズを流す店を始めたのは、脱サラした24歳の夫と私が20歳の時の事だった。自分自身は開業してから、1年半程で出産のために子育てから裏方に回り、その後の店や会社にしてからの運営はすべて夫の役割で20年以上の月日を過ごした。

ジャズは常に身近にあり、食べるためのものであった期間は、多分今ほどジャズが好きでは無かったように思う。何事も飯のタネということになれば、相手あってのものになり、好みだけでは成り立たないのがプロの世界だ。否応なく相手側に受けるものが当面のネタであったりするわけである。

1_3 notecdnoteそのような思い出の中で、店に出ていた頃の自分自身に今でも強烈に残る一枚は写真左のマル・ウオルドロンの「レフト・アローン」だ。当時は「レフターローン」と誰でもが言った。当時60年代半ばごろに爆発的に流行り、新店の当店では幻の盤ということで中々手に入らず、今は何と言うアルバムに入っていたか忘れたけれど、マックス・ローチ婦人のアビー・リンカーンが歌うレフターローンでしかリクエストに応える事が出来ず、随分肩身の狭い思いをしたものだった。

その後、夫の精力的な活動のもと、先ず東芝から出た国内版が手に入った。当時は輸入盤全盛のころ、今では日本語の解説の方が有難く、国内版のCDの方がお高かったりするけれど、当時はそうではなかったようで、輸入盤は価格も手に入りにくいものほどお高かった。それでもようやくベツレヘムの盤が入荷した時は飛び上るほど嬉しく誇らしいものだった。何しろ日に3度も4度もリクエストがあったのだから。

notecdnote

今日はドルフィの「ファイブ・スポット」を聴き、ピアノがマルであるところから久し振りに「レフト・アローン」を聞いてみたくなった。ビリー・ホリデイの晩年2年間をホリデイの伴奏を務めたマルがホリデイの代わりに歌い上げる相手に選んだのはジャッキー・マクリーン。アルト・サックスでせつせつと歌い上げる。やはり名曲に違いない。たんたんと静かなマルのピアノはビリーに対する極上の追悼曲だ。

ジャケットの写真には59年に亡くなったビリー・ホリデイがマルのピアノの傍でマルがピアノを弾くさまを静かに見つめている。このcdは日本コロンビア盤を随分前に夫が購入したもの。マルの「レフト・アローン」の購入は公私共合わせて3枚になった。

今一枚は神奈川に越してきてすぐのころに海老名のレコード店で見つけたドルフィの「レフト・アローン」ドルフィの死後に発売されたもので、62年10月にニューヨーク「ガスライト」で録音された作品。ピアノはハービー・ハンコックだ。ドルフイはフルートで歌い始める。リチャード・ディビス(B)エドガー・ベイツマン(DS) 当時の流行りから考えて見ると、ハービーのピアノもデイビスのベースもとてつもなく新しい。けれどドルフィは、糖尿病の病にありながら働きすぎの過労がたたり、64年にベルリンで亡くなってしまった。

棚から手にとり音を出すアルバムは、日により違うけれど、それらを眺めているとそれぞれのジャケットや音から、ふとした思い出が蘇ることがあり、それもまた楽しいひとときだ。

そして、彼ら異能の天才達の音源がこうして耳に届く今を、とてもありがたい時代だと思う。

2008年12月2日

| | コメント (10) | トラックバック (0)

師走一日目、少し体調回復

12月師走、この1か月で今年もお終いだ。1年経つのが早いこと!

胃の痛みは治まったけれど、背中の痛みがまだ少し。その背中の痛い部分は背の左側に移動している。やはり狭い場所での土の入れ替えの時、日頃使わない背筋を痛めたようで、それでも昨日よりは楽になってきた。最近はヨガや体操で幾らか筋肉も柔らかくなったなどと思っていたけれど、使われていない筋肉もまだまだある事がよく分かった。

昼前に昼寝をしたら、体調は大分回復してきた。風邪ではなく疲れだった事がわかり一安心。用事で出掛けた夫の帰りを待って散歩にゆくつもりで待っているのだけれど、日暮れが早くなり暗くなってしまいそう。

この時間は、母に歯医者さんが往診に来られるむねを電話で伝えたり、ケアマネージャーから、先日お願いしていた水曜日の午前中の訪問介護が12月から開始されることが決定したとの連絡が入ったり、そのような連絡を取り合うための待ち時間であったようだ。

081201_16310001 notecdnote待ち時間の残りは久し振りに「テネシー・ワルツ/カサンドラ・ウイルソン&ジャッキー・テラソン」を聴く。97年の作品。当時町田にあったタワーで視聴して購入した盤だ。スタンダードが多く選曲されているが、彼女独特の感性で歌い上げる曲は他のこれまでの歌い手とは又違う味わいだ。この盤はテラソンや他のメンバーとのコラボも素晴らしく、闇の中から、聞こえてくるような彼女の歌声に魅せられてちょっとくせになってしまい、その後にも何枚ものCDを買ってしまった。好き好きは分かれる歌い手だけれど・・・・・現代の歌姫。

・・・・・中断・・・・・

夫が戻り、温かくして30分程散歩をしてきた。背筋を伸ばして歩くうちに左側背の痛みが少しずつ引いてくるような気がした。実際歩いてきて気分が良くなり、昨日から比べたらとても楽。疲れと少しの寝不足に土いじり位で不調になるなんて情けないけれど、回復も早くなって良かった!

暮はまだまだお掃除をしたり、出来れば母のところの片付けにも行ってあげたいし、元気でいなければ。ファイトsign01

2008年12月1日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »