« 映画「悪い奴ほどよく眠る」を観て | トップページ | ビック・ニュースと悲しいニュース »

『風の男 白洲次郎』を読んで

bud

テラスの花、元気に咲いている。白いベゴニヤ・キャッツ・テイル・ミニ薔薇、・ハイビスカスは一日おきに1輪ずつ、あっっちを向いたり、こちらを向いて咲いたり気ままだ。

081007_1052 八重咲のインパチェンスは、元気過ぎて、一緒に植えた花達の元気をみんな奪ってしまうほど生命力が強い。瑠璃まつりの盛はそろそろかしら?久し振りに朝のテラスにご挨拶。

thinkまだちょっと、微熱が収まらないまま、喉が少し赤い。眠り病にかかったように、よく眠れる。休め信号と受け止めて、逆らわないで眠る事にしている。

最近にわかに読書に親しみだしたので知恵熱(?〉が出たのかも coldsweats01

book  bookbook

081007_1035

昨日もそんな一日を過ごし、簡単な食事当番だけをこなして、うとうと眠り、目覚めて本を読みという塩梅で、お陰で一冊読み終えた。

ご存じ、白洲正子氏の夫であり、戦後の混乱期に吉田茂らとともに、GHQとの折衝を行い、戦後の日本の在り方に目を向け、道筋をつけ、貿易やその後の実業に力を尽くした人物。

そして、敗戦を見越して、鶴川に居を移し作物を作り、その後の生涯の軸足は鶴川に置きながら・・・・・、

英国留学で身につけた、身のこなしと流暢な英語を操り、吉田氏の懐刀として活躍、そして東北電力の会長職などを務めた。その間にも沢山の事業に関わり、道筋をつけては、さっと引き揚げる潔い生き方を、生涯貫きとおした人。

東北電力の会長でありながら、ダム建設現場には、長靴をはき、作業着で何度も出かけ、現場の工事人達と共に酒も飲み、生涯を、唯の金持ちのボンボンの道楽では無い、温かな血の通った心を持ち続け、そして清廉で潔白な心情を持ち続けた人。

この本からは、そんな白洲次郎氏の姿が浮かび上がってくる。

そんな立派な経歴を持ちながら、決して政界に出ようとはしない格好のよさ。功なり名を遂げたあと、男なら最後に上りたくなる階段、そんなものは彼にとっては、何の意味もなかったのだろう。最後は、軽井沢ゴルフ倶楽部の理事長を務めながら、会員に、マナーを知らないものには、マナーを教え、自ら草を取り、キャディ達に心を配り慕われたという。

そして、鶴川では畑仕事や大工仕事をし、若い頃から乗り継いだ車の運転は80歳を過ぎるまで運転していたという。晩年は、正子氏と旅行も楽しんでおられる。お二人の幸せそうな写真が掲載されている。

一言でいえば、何てスケールが大きい!そして、何てチャーミング!

『風の男 白洲次郎』 あの夫人にして、このスケールの大きな夫あり!

来春早々に、この白洲次郎氏が、ドラマ化されるとのこと。もう撮影は始まっているだろうか。どんな次郎像が出来上がるだろうか、今からとても楽しみ。

2008年10月7日

|

« 映画「悪い奴ほどよく眠る」を観て | トップページ | ビック・ニュースと悲しいニュース »

園芸」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
お加減はいかがですか?微熱が続くとは心配です。一回病院に行かれたら、と思うのですが・・・
私事で恐縮ですが、2年前に大病をしまして、その後はリンパ浮腫、肺気腫と仲良く暮らしておりますが、最近になって、ようやく少し健康をとりもどしたかなぁ~程度です。
体調不良が続き、通院回数が多くて、薬局に相談しましたら、にんにくエキスのキョーレオピンから出ている「レオピンロイヤル」を勧められ、3本ほど飲み続けましたら、熱を出す事が無くなり、風邪もひどくならずに済んでいるので、今では手放せません。
インフルエンザ予防にもなるそうで、今年の冬の強い味方になってくれそうです。
コメントが長くなってしまい、ごめんなさい。
体調には、いろいろ悩まされてきたので、他人事とは思えず、早く元気を取り戻されますように。
白洲次郎の話がドラマ化されるとか!!
主演男優さんが気になるところ・・・イメージダウンなら見たくない(正直な話)
でも、この本は絶対に、買いに走ります。

投稿: kazu | 2008年10月 7日 (火) 15時51分

kazuさま、こんにちは!ご丁寧なお見舞いのお言葉にアドヴァイス恐れ入ります。お陰さまで、少しずつ快復しておりますが、読書の為の不健康かなと、ちょっぴり歓迎もしているのです。

仕事をしていた後半は、一週間くらい声が出なくなったり頻繁でした。お医者に行っても、「声を使う仕事だからね~」でした。でも年齢的なこともありお医者さんには、行かなければいけませんね。

kazuさまは、大きなご病気をされたのですね。お元気になられてよかったです。ブログがご縁でお知り合いになれましたもの。

先の本、昨日読み終わり、今度は、正子氏と次郎氏の本と、どちらを先に読もうかと迷いながら、両方をつまみ食いするように目を通しています。明治の気骨を持った方達の著書が、心に沁み入ります。こんな時代ですから・・・。
ドラマは確か、NHKでお正月だったように記憶しています。俳優は誰だったか忘れましたが・・済みません。

投稿: chisa_pie | 2008年10月 7日 (火) 17時03分

chisa-pie さん

こんばんは!
NHKのドラマ、楽しみですね。
次郎役はドラマ初出演の伊勢谷友介さんで、正子役は美人の中谷美紀さんだそうです

原案は『白洲次郎占領を背負った男』(北康利著)と『次郎と正子~娘が語る素顔の白洲家』(牧山桂子著) 。
ロケ地もイギリス・ケンブリッジや武相荘も出てくるみたいです。
放送予定は、2009年1月10日(土)17日(土)24日(土)総合午後9:00~10:29(3週連続・各89分)とのことです。
見たいです。

投稿: よしりん | 2008年10月13日 (月) 20時48分

よしりんさん、今晩は!

>2009年1月10日(土)17日(土)24日(土)総合午後9:00~10:29(3週連続・各89分)とのことです。

放送予定の詳細をお知らせ下さり有難うございます。忘れないようにしないと・・・。
主演男優の方は知りませんが、きっと丁寧な作り込みのドラマではないかと今から楽しみにしています。

早く武相荘に行きたいと思いながら、体調と雑用に追われて、近いのに中々行けませんが、展示会では無いので終わることはないと、つい安心してしまいますcoldsweats01正子氏の「遊鬼」を読み始めましたが、体調が少し良くなると読書の時間が取れなくてゆっくりですが、やはり面白いです。

投稿: chisa_pie | 2008年10月13日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/42713481

この記事へのトラックバック一覧です: 『風の男 白洲次郎』を読んで:

« 映画「悪い奴ほどよく眠る」を観て | トップページ | ビック・ニュースと悲しいニュース »