« 花火にオリンピックと楽しみが一杯でした | トップページ | ハイビスカスに蕾が、そして猫の家族のこと »

北京五輪が終わり思うこと

rainrainrainばかり!そろそろお天気も回復してほしいところ。昨日は聞こえなかった蝉の音が、今日は雨にも負けず、時折ミーン、ミーンと、いっそう大きな鳴き声が聞こえてくる。まるで「今鳴かないでいつ鳴くのさ!」といわんばかりに・・・・。短い蝉の命。

  夏、あと少しお待ち!

昨夜、オリンピック閉会式が開催されてスポーツの祭典が終わった。

閉会式の様子は、開会式程では無いけれど、それにしても大掛かりな人員を動員して趣向をこれでもかという位に凝らしたもの。観るのも疲れた。あっさりとしたお茶漬けが食べたくなるような気分に襲われた。それでも最後まで観たのだから、主催国としては大成功だったのでしょう。セレモニーの後の方で、次の開催国イギリスへのバトンタッチのパフォーマンスが入り、その辺がわずかに楽しめ、サッカーのベッカム選手が登場した時は一瞬さわやかでした。

夫が、録画したビデオをHDDからDVDディスクへ焼きこんでいる作業中に、開会式の始まりの映像が流れるのが見えたけれど、一糸違わぬマスゲームを見ていると、何だか気持ちが悪くなった。中国という国の威信をかけた立派な祭典の蔭に隠れたニュースに、他所事ながら矛盾をはらんだ中国のこれからに思いが向いてしまう。中国という国のありようが、これほどまで世界中に発信されてしまうと、各国で話題になった開会式の口パク少女やコンパニオンを務めた美女達のことなども含めて、世界に対する中国という国の体裁の表わしようがよく出ていたように思う。

観戦した種目の試合は、手を抜く事無く各国の選手が力いっぱい戦い抜いた姿が素晴らしく、立派な開会閉会の式典などよりも1000倍も2000倍も感動出来、熱い声援を送ることができて楽しかった。本来の主役はスポーツの祭典であるから当然の事だけれど。

今回日本が獲得した、金メダル9個のうち7個が2大会連覇という素晴らしい結果と同時に今後への不安が残された。

金メダル2個を獲得した北島康介選手、銀メダルの伊調千春選手がさわやかに引退宣言を発表した。最強の選手達の引き際の鮮やかさは、後進の努力や育成にスピードがつく事でしょう。引きずらないクールな考えの若い選手の姿が頼もしい。今回の結果を踏まえた新しい選手の発掘・育成に力が入ることを、又、お家芸であったはずの柔道も、もはや世界のスポーツになっていることに視点を移して努力して欲しいと思う。

     ♢♢♢♢♢

   夏の大半をオリンピック観戦に費やした我が家をちょっぴり総括!

好きな種目のバレーボールは、ほぼ欠かさず観戦出来て、楽しめた事がプラス。代わりに夜遅い時間の放映で寝不足という不健康を手に入れてマイナスが。前半は日中に柔道、レスリングとこれも夕方からの決勝戦まで観ることが出来て大いに楽しめ、夫婦の会話も弾みプラス効果が、反面外出の機会が極端に減り、運動不足というマイナスが。          外出が減ることにより、家計の出費が減るという嬉しいプラス効果が出たり、食事の支度をスピードアップできるという技が身についたプラス。

 一番大きかったのは、楽しむ時間を誰にも気兼ねなく過ごすことが出来る年齢と立場に居られるようになっているという幸せに気づいた事だったろうか。

そして、肝心なオリンピック経済効果に対しての我が家の貢献は、ハイビジョン放送を録画出来るDVDレコーダーを買い増し購入したこと。普段余り見ないテレビがフル稼働し、いつもより若干ながら電力消費に拍車がかかったこと位でした。

朝から新聞のテレビ欄を気にすることなく、一日が始まる平常の日々に戻りました。窓外を見ると、今しがたは雨もあがったような。雲が動き、東南の空にいくらか明るさが・・・・明日は晴れるかな?

2008年8月25日

   

 

|

« 花火にオリンピックと楽しみが一杯でした | トップページ | ハイビスカスに蕾が、そして猫の家族のこと »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/42267365

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪が終わり思うこと:

« 花火にオリンピックと楽しみが一杯でした | トップページ | ハイビスカスに蕾が、そして猫の家族のこと »