« 午後はのんびり風に吹かれて | トップページ | 平和な日々でありますように »

ゆっくりDVDで映画をみました!

今日も暑かったの一言です

それなのに、どうやら夏風邪をひいてしまったようです。一週間くらい前から声がよく出なくて何だか頭が重かったりしていたけれど、暑いので風邪とも思わずに普通に生活していました。

昨日の暑さの中、家中風を通して2度も眠りに落ちたのは休め信号だったのでしょう。それが又寝冷えを誘い今日は朝から体調不良でした。タオルケットをかけて昼寝をしたり、かかりつけ医から頂いている感冒薬を飲んで今日も必要な家事以外はのんびり休養でした。

  tv

午後は映画DVD「ベニー・グッドマン物語」を夫と二人で観ました。

昔観たような気がしていて、買ってから随分日にちが経ってしまったけれど、見始めると二人ともほとんど覚えていませんでした。

080804_2212 ベニー・グッドマンがクラリネットと出会う少年時代から史上初のジャズコンサートをクラシックの殿堂カーネギー・ホールに出演して演奏するまでが描かれたもので、本物のジャズミュージシャン達の演奏とともに、その半生が丁寧に描かれていてとても感動的でした。

映画の根底には、ベニー・グッドマンと父親との愛情、(泣かされます)母親、兄弟との愛、ギャングのボスになっているかっていじめっ子だった幼馴染との友情などが流れています。

そして愛し合うようになりながら、上流階級の娘である為母親の賛成が得られずプロポーズ出来なかった恋人アリスとの愛。

最後はその母の後押しでカーネーギー・ホールの演奏中に後から駆け付けた恋人アリスへプロポーズすることになり・・・・・、舞台の上から二人の思い出の曲「メモリーズ・オブ・ユウ」をバンドのメンバーと共に演奏、グッドマンの愛情あふれるクラリネットの音色がプロポーズの言葉を雄弁に語り、weep 思わず涙が出そうになるくらい感動を覚えました。

ベニー・グッドマンそっくりさんのスティーブ・アレンの好演、アリス役のドナ・リードも良かったし、何よりも本物のジャズ・ミュージシャンが沢山出演していること、ライオネル・ハンプトンとの出会いとバンドへの参加も印象に残りますし、ジーン・クルーパ/テディ・ウイルソン/バック・クレイトン/キッド・オーリーなど(まだ他にもいますよ)、そして映画の最後のカーネギーでの場面中、出演者の一人ハリー・ジェームスの渋い風貌(ステキデス)にトランペットソロ演奏の素晴らしさ、キング・オブ・スイングと称賛されるまでのグッドマンの半生が多くのジャズマンとの出会いも通して、あたたかい視点で描かれた名作と呼べるような映画でした。

今日は風邪をひいたおかげで、素晴らしい映画を丁寧に見ることが出来て有意義な日になりました。

2008年8月4日

|

« 午後はのんびり風に吹かれて | トップページ | 平和な日々でありますように »

JAZZ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/42064155

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりDVDで映画をみました!:

« 午後はのんびり風に吹かれて | トップページ | 平和な日々でありますように »