« 猫と瑠璃まつり一輪 | トップページ | 西瓜を食べて、TVでお相撲観戦 »

接客技術とは・・。

先日デパートで購入したパンツの丈詰めが出来ていたので、取りに行った。

売場のカウンターにお直し伝票の控えを渡し、「パンツを取りに来ましたよ」と言うと、「いらっしゃいませ」も何も無いまま、「お直しは5階になります」と顔をあげるでもなく自分がしている作業を続けている。先日購入した折にも説明が無いまま、控えを渡されたのでその時に「受け取るのはこのカウンターでいいんですね」とその日の販売担当に確認をしておいた。

受取に行った日は、カウンター内の年配の別の店員さん。確認するでもなく、お客を迎える姿勢の第一声すらない。すこし若い店員さんが側に来て、「この売り場でいいのよ。パンツ売り場があるじゃない」と隣でたしなめている。「あら、そうなの直しは5階だとばかり思っていたわ」と反省が無い。しかも待たせている客に対して、詫びの言葉もない。ややもして若い正社員らしい制服を着た女性が用件を聞き対応してくれて無事に受け取る事ができたけれど。

そして、作業が終わるとそそくさと昼休みにでも行くような様子で立ち去った先ほどの年配女性。一瞬、こんなおばさんパートが居るお店は嫌だなと思った。

デパートに限らず、お客さま第一主義が掲げられる時代、専門店などでは、そこそこの接客技術を身につけた販売員に出会うこともあるけれど、まあ、そういえば最近は余りお目にかからなくなったかもしれない。

それにしても、天下のデパート、店員教育位しっかり出来ないものでしょうか。バーゲン期の為、忙しいかもしれないが、催事場で買い物をしているわけではない。お客の入りが多いとも思えない売り場で、こんな弛んだお客とのやり取りが行われていることを、上司は知っているのでしょうか。

先日も書いたとおり、スーパーの直しは当日・無料が当たり前の時代に直し料金ありの4日後、客が交通費をかけてとりにくるか、配送料を払って届けてもらうかになるような商売がいまだに、当たり前に行われている業界。

低迷している売上に対して、先ほどのパート社員の女性のように、何の反省も企業努力もされていない様子が透けて見えてしまいました。

最近は郊外型の新規出店のショッピング・モールなどの方がゆったりとした敷地と駐車場無料で何時間居ても楽しい店作りで、買い物客も多くそちらに流れて、それでも衣料品などは低迷している時代、余程の何かが無ければデパートとしての存在理由は見当たらなくなりそう。家電や家具などは当然専門店に行ってしまうし、高額商品も売れない時代。

感じのよい対応や当たり前のマナー、居心地のよさ、ゆったりとした店内などデパートならではのたたづまいがよければ気にならない事も、つまらない一事で台無しになるということもある筈。

長年お付き合いしてきたデパートゆえにちょっと残念な対応でした。

2008年7月25日

|

« 猫と瑠璃まつり一輪 | トップページ | 西瓜を食べて、TVでお相撲観戦 »

買い物」カテゴリの記事

コメント

とてもデパートとは思えませんね

デパートは高い値段をだしても買う価値のある所という認識でしたが それは過去のお話なのでしょうか? 
このようなことは 一昔前では絶対に考えられないことでしたね


投稿: まめこ | 2008年7月25日 (金) 18時13分

余分なおしゃべりや、お世辞などは一切要らないのですが、必要な説明と感じのよい、マナーある接客態度位は最低欲しいですね。

 そうした教育がされていないまま、フィールドに出て、本人も気づかずにいること自体何だかな~と思いましたよ。世の中を甘く見ているのかしら?なんて、いつになく厳しい目でみてしまいました。教育不行き届き+本人の資質の問題もありかと思いますが・・。

投稿: chisa_pie | 2008年7月25日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/41965320

この記事へのトラックバック一覧です: 接客技術とは・・。:

« 猫と瑠璃まつり一輪 | トップページ | 西瓜を食べて、TVでお相撲観戦 »