« 暑さに負けないお花達 | トップページ | 朝のジャズタイム »

満足のゆく商品選びの指針をメーカに望みたい

最近、知人から聞いた話ear

その知人は2年ほど前に32型の液晶tvを買ったそうです。プラズマTVを予定して出掛けた家電店でしきりに勧められ、その熱意に負けて液晶にしたそうです。

その液晶テレビが2年程で、歩きながらちょっとぶつかったポケットの中身のため、中の液晶部分が割れてしまい全画面が正常に見られなくなり、日増しに少しずつ見ずらくなってくるとのこと。   メーカー、購入店共に修理を問い合わせると、液晶パネル部分の修理は非常にお高く、最低でも10万以上、場合によっては20万以上かかる場合もあるとのこと。

すでに購入とうじより価格も下がり最近のチラシでは、各メーカー共、同じ32型液晶は69,800位で買える時代に。

2年の使用でパネル交換にそんなにかかるなんてbearing又そんなにデリケートなパネルであるという販売員の説明は無かったとのこと。

購入した後、説明書を見て初めて分かっても、もう返品は利かない。やはり販売時の説明責任は問われるのではないでしょうか。

その知人は販売店に出かけて、経緯を伝えた結果、修理費はやはり変わらず、知人は液晶自体も使用して余り満足のゆく画質では無かったこと、特にスポーツ観戦や速いテンポのときに残像感が残ったり、流れる文字の読みにくさなど、そして今回の1件ですっかり液晶を修理する気が失せてしまったそうです。

その話を聞いて、20万円近い価格で購入して2年、保証期間もすでにきれて何の手だてもない商品が一般に流通していることに驚きました。しかも日に何度もコマーしゃルが流れる一流品です。

 幼児がおもちゃでたたいたりするくらいでもこうした事故は起こっていると聞きました。

デリケートな商品であるという事を、コマーシャルの中でも注意を促されてもいいのではないでしょうか。

知人は結果、日増しに見にくくなるテレビにお子さんからの不満も出て、今回はプラズマテレビに買い換えたとのことでした。買い替えられる余裕があったから済みましたが、そうでなかったら、或いは簡単に泣き寝入りになってしまうという問題が残りました。

一消費者としては、他人ごとながらちょっと腹立たしいお話でした。我が家は幸いテレビはプラズマですが、早速取り扱い説明書を確認、やはり「パネル部分には衝撃を与えないでください」と書いてありました。但し、購入時にはやはり説明はありませんでした。大人の常識の範囲で使用しているので、問題無く使用していますし映像等には不満なく使用していますが、当然のことながら、これからはもっと丁寧に扱いましょう。

 唯、今回液晶の話を聞いてちょっと嫌な気がしたことを書いておきたいと思います。

我が家は最近DVDレコーダーを購入したのですが、その時は自分達でカタログを集め、ネットでも調べて、この20年位の間、我が家で購入した当たり家電のメーカー品が、今回もいいということで指定して買いに行きました。契約までこぎつけお会計の真じかになって、「もう少しお安くできるDVDもありますが」という言葉をかけられたのです。夫が「ちなみにどこの製品?」と聞きましたら上記の液晶メーカー品でした。

もとより、お安いということは大切な要素ではありますが、今回検討の対象にしていない商品に販売員の一言で心が動くほど若くはないので、希望通りの買い物をして帰り、少し前のブログにも書いたとおり、やはり今のところ初日から私が使えている位分かりやすい操作方法など、納得して購入した製品に対しては余程の不具合でも起こらない限り、寿命がきたときに、やはり良い製品を作り続けていてくれれば又そのメーカー品を買うでしょう。

     メーカーさん、今売れているからと驕るなかれ!

説明責任ということで、販売店に徹底する等の誠実さは大切なことです。各メーカーさんに望みたいと思います。こんな時代に起こる故障や事故への対応一つでメーカーとしての質がどこかでは問われています。

私ごとですが、若くまだ苦労していた時代に始めて買った冷凍室と2段になった冷蔵庫が思いのほか、早く寿命がきたり、それまで比較的気に入って買っていたメーカーの洗濯機の思いつきのような仕様をよいと勘違いして買って失敗した経験のあるメーカー品はその後2度と買っていません。

2008年7月18日

|

« 暑さに負けないお花達 | トップページ | 朝のジャズタイム »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/41893180

この記事へのトラックバック一覧です: 満足のゆく商品選びの指針をメーカに望みたい:

« 暑さに負けないお花達 | トップページ | 朝のジャズタイム »