« 植物を育てながらの雑感 | トップページ | 梅雨入り »

上等な音楽番組

長い間、音楽と言えばジャズばかり聴いてきてしまい、他のジャンルには呆れてしまうほど疎い。それでも時折はタンゴにはまってしまったり、カーラジオで耳に入ったクラシックピアノが気に入ると、時にはCDを買ってみることもあった。

先日、BSハイで、チャイコフスキーコンクールで優勝した若き才能あるバイオリニスト、神尾真由子を見て感動し、すごく久し振りのジャズジャンル以外の音楽に耳が傾いている。

クラシックは知識もなく、系統だてたことは何も分からないながら、神尾のバイオリンには、魂を感じることが出来た気がする。6月4日に初CDが発売されるので楽しみだ

今日は予告で知っていた、7時からのハイビジョン放送「小澤征爾とユンディ・リ」を見るために、夕食は簡単なメニューで済ませて、二人で tv の前に。

小澤とユンディ・リという若き才能が、お互いの才能への尊敬を表しながらの取組が、ユンディの中国での生い立ちや、生活ぶりを交えて素晴らしいドキュメントとして紹介されてゆく。ユンディは、2000年「ショパンコンクール」で、15年ぶりに一位という大変な才能の持ち主。17歳にして、将来の大物を予感させられる誰よりも大きなスケールでショパンを弾きこなす。その溢れるばかりの音楽への情熱、生き方に圧倒されてしまった。

その上、長身で端正なマスクが、誰もが彼の清潔そうな内面から湧き出てくる音楽とともに、とてもチャーミングに映り、クラシックファンがさぞ増えたのではないかと思ってしまう。

ジャズもクラシックも、時には演歌であっても、演奏者の魂が表現された時、ジャンルを超えた感動を覚える事と改めて思い、そんな情報を教えてくれるTVを見ることが楽しくなってきた。

2008年5月31日(記)

|

« 植物を育てながらの雑感 | トップページ | 梅雨入り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/41385623

この記事へのトラックバック一覧です: 上等な音楽番組:

« 植物を育てながらの雑感 | トップページ | 梅雨入り »