« ボケた一日 | トップページ | 寒さと雨で、予定中止 »

元気な花達、人にも必要な元気

こんなに寒い日がつづいているのに、台風2号が発生している。

最近の異常気象は、ラニーニャ現象が原因かもしれないとのこと。そのラニーニャ現象が弱まりつつあるという監視速報が出たようだ。5月も半ばになるというのに、ぬくもりが恋しいし、カーディガンやコートも欲しいなんて、へん。

寒くて、テラスに出るのもちょっと・・・・、でも、花達は震えながらもその命を大切に懸命に咲いている。暮れから咲き出した、ホワイトマーガレットは、あと少しの蕾を残して、数は少なくなったけれど咲き続けているし、ピンクのマーガレットは、今年はまめに終わった花を切りと取り続けたら、第2期と言える蕾が育ってきた。2

右の方に、可愛く一輪咲き始めた。

今年は白、ピンクとも何百か、あるいは千以上かの終わった花を摘み取った。それ程よく咲いてくれて、何度か室内にもいろどりを添えてくれた。

奥の黄色いディジーはそろそろおしまい。Photo

赤いゼラニウム。茶色っぽかった葉が緑に変わり、赤い花が大分前から咲いている。これから夏は絶えることなく、咲き続けてくれる。赤は、気持ちに元気が生まれる色。

余談になるけれど、以前に務めていた会社で、ソファーベッドを買いに来られる女性の中に、赤を選ぶ方がたまにいらした。どちらかと言えば、ご高齢に近い方達だった。ちょっとそぐわない気もしたけれど、きっと元気にしていたいという、心の表れだったのでしょう。Photo_2

手前右、ランディ、ゼラニウムの仲間。最近我が家に仲間入り。ゼラニウムの仲間が3種類になった。手前真ん中は増え続けて、株分けしたワイルドストロベリー、花と実が沢山。

奥は赤いベゴニヤに、暮れからの黄色いすみれに金魚草など。我が家の花達は逞しく、春夏秋冬、このコンクリートの上で越年しながら長寿を保っている。

昨夜は、息子と高校生になった孫娘が、学校帰りの姿で、連休中に出かけた旅行のお土産を届けにきてくれた。

大阪まで車で行き、あとは自転車で、九州から山陰まで、テントに泊まりながらのハードな旅行だったようだ。今回は萩焼のお湯のみを選んでくれた。ふんわり丸い形が手に馴染み、じっくりお茶を味わうにふさわしい。今朝は食後にさっそくそのお茶碗でお茶を。ほっこり、心温まるお茶碗だ。

高校生の女の子は、連休中の旅行やら、慣れない学校生活などで、どうやら少し疲れ気味の様子。4人での夕食の間も少し元気がなく、いつものにぎやかさが無いのが少々気がかり。余り無理のないペースで日々を送れるように、早く普段のペースを取り戻して元気になってほしい。

2008年5月13日

|

« ボケた一日 | トップページ | 寒さと雨で、予定中止 »

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/41191589

この記事へのトラックバック一覧です: 元気な花達、人にも必要な元気:

« ボケた一日 | トップページ | 寒さと雨で、予定中止 »