« ランチ | トップページ | ペットショップ »

中国野菜輸入、4割減との報道を読んで思うこと。

このところの、冷凍餃子の中毒事故から、中国の食品に対する信頼感が薄れ、消費者からの敬遠と同時に、中国側の大雪被害による供給減と合わせて輸入減は長期化する可能性もあるという。

食を守る側からすれば、安全であることは第一でなければならない。食することによって、健康や命が脅かされるなんてもっての外だ。

消費者の目が、国産野菜に向かえば、外食産業にとっても同様な措置を取らざるを得ない。当然ながら、国産野菜の価格は高騰する。それでも安全が保障されない限り、この傾向は続いてゆくことと思われる。

国内の野菜農家にとっては朗報だと思う。しかし日本中の食を守りきれる程の自給は可能なのだろうか。その辺がよくわからない。

昨年は国内でも食品の偽装問題が相次いだ。しかし今回の餃子事件のような内容では無かった。

国産野菜の自給率を上げてゆくことは、むずかしいのだろうか。農業をもっと魅力ある産業にする事は不可能だろうか。民間の力を導入する事は?

取りあえずは家庭においても、食品の無駄を出さずに時間があれば手作りを心がけよう。外で食べるか加工品に頼っていた餃子なども手作りすれば安価な素材で、各家庭なりの心こもった美味しいものが作れるだろう。

我が家も久し振りの餃子作りに挑戦してみた。そこそこのものが出来上がった。ニラが高ければ他の素材でも十分美味しい。素材が高騰するなら工夫をしよう。賞味期限も自分の嗅覚と舌を信じよう。 

2008年2月7日

|

« ランチ | トップページ | ペットショップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/40413406

この記事へのトラックバック一覧です: 中国野菜輸入、4割減との報道を読んで思うこと。:

« ランチ | トップページ | ペットショップ »