« 年の始めに | トップページ | 寒い! »

景気の行方

今日のニュースは景気の先行きに対する不安が多く、大手企業の

考える実感と庶民の感じる実感の差が、延々と画面に映し出されて

いる。願望としての見方と、消費者側の受け取る賃金の低下、更に

物価は買い物に行く度に「エッこれも!」という位、次々と値上がり

してゆく品目が増えている。

我が家も今年からは緊縮財政で行く予定だ。

昨年8月に私が定年退職して、失業保険の給付が

終われば、二人とも年金生活者となる。

今年のお正月は、これまでの年より買い物の量を減らした。

お陰でほとんどのお正月食材が無駄にならず今夜の

食事であらかた片付いた。保存のきく冷凍にした食品などを

除けば、結婚以来始めてと言ってもいいくらい◎

外食や買い物も減ってきている。

それは節約の意味合いもあるけれど、仕事に出ないとなると

必要無くなるものが意外に沢山あり、食材一つとっても無駄に

捨てずに、33度の食事の中に上手く組み込まれてゆく。

けれど、絶対的に必要な経費と高齢化してゆく中、医療費などの

増加は考慮して生活をしなくてはならない。年金の原資をすべて

税方式などという案も出ているけれど、年金を払い終わり受給

できても年金の種類によっては生活が困窮する家庭もある筈。

それが公平な事だろうか?国民皆年金の掛け声の下、誤った

方向にだけはいってほしくない。

新年早々、暗い話になってしまいました。

明るい希望だけは失わず、心して日々を過ごしてゆかなくては。

今年のキーワードは「節約」が我が家の課題です。

             20080107日  

|

« 年の始めに | トップページ | 寒い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/17659492

この記事へのトラックバック一覧です: 景気の行方:

« 年の始めに | トップページ | 寒い! »